ページ単位の広告をSimplicityに設置する方法

simplicity

GoogleAdsence広告に新たな広告ユニットが追加されました。

ベータ版(β)となる「ページ単位の広告ユニット」です。

<head> タグ(または、<body> の最上部)に広告コードを配置するとのことですが、ソースコードの編集が得意分野で無い方には、少々難しいですよね。

そこで、レポ部は・・・
ページ単位の広告をSimplicityに設置する方法
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

ページ単位の広告ユニット

ページ単位の広告ユニットとは、モバイル専用に設けられた広告ユニット機能です。

この広告ユニットでは2つの広告機能を使用することが可能です。

  • アンカー広告
  • モバイル全画面広告

アンカー広告は、スクロールに追従する広告ユニット。

広告ユニットの表示は、訪問者からのメインコンテンツへのクリックを妨げない程よい広告ユニットです。

対して、モバイル全画面広告は、Webページの読み込み間だけに表示されますが、全画面に表示されてしまうため、全てのコンテンツを妨げてしまうようなアピールの強い広告ユニットとなっています。

ページ単位の広告ユニットを使用する場合は、アンカー広告だけを使用し、モバイル全画面広告は使用しないというのが、これからの主流となることは間違いありません。

GoogleAdsenceから、ページ単位の広告ユニットに関するMovie(動画)がアップロードされています。

ページ単位の広告ユニットを使用してみたい方は、参考程度に、ご覧になってはいかがでしょうか。

Movie by Google Adsence

Simplicityへのページ単位の広告ユニットの設定手順

アドセンス広告

Simplicityのテーマへ、ページ単位の広告ユニットを導入することにします。

これまでに解説してきたように訪問者への操作性を意識し、モバイル全画面広告は表示せず、アンカー広告だけを導入する設定手順を解説していきます。

上の画像は、GoogleAdsenceの設定画面(ページ単位の広告:ベータ版)へと移行した図です。

設定手順に関しては以下のとおりです。

  1. アンカー広告のスライドバーを「ON」にする
  2. モバイル全画面広告のスライドバーを「OFF」にする
  3. コードを取得する
  4. 取得したコードをSimplicityのソースコードへと記入(追加)する

各項目のスライドバーを上記のようにチェックし、アンカー広告だけを表示させるような設定にします。

設定が完了次第、コードを取得をクリックし、自分専用のソースコードをコピーします。

505

ソースコードのコピーが完了次第、「閉じる」を押し、コピーしたソースコードを、Simplicityのソースコード内の <head> タグ(または、<body> の最上部)に広告コードを配置します。

<header-insert.php>にソースコードを貼り付ける

WordPress左メニューの「外観」から「テーマの編集」をクリックします。

テーマの編集の中から <header-insert.php> を見つけ出し、その編集画面へと移行します。

以下の画像は、<header-insert.php> の編集画面へと移行した図です。

507

<header-insert.php> の中の指定の部分に、先ほどの自分専用のソースコードを貼り付け、「ファイルを更新」をクリックします。

以上の手順で、ページ単位の広告ユニットの導入は完了します。

まとめ

いかがでしょうか。

私自身、ページ単位の広告ユニットを取り入れた結果、ページ単位のユーザーの滞在率は減少し、広告ユニットへのアクセス数は増加した傾向にあります。

GoogleAdsenceの報酬率は増えました。

しかし、ページ単位のユーザーの滞在率の減少により、記事ページに対するGoogleの評価が低下する可能性も否定できません。

いずれにしろ、訪問者から見て、コンテンツの邪魔にならない程度に、GoogleAdsence広告を設置することをお勧めします。