PROX(プロックス)から2つのギアを持つスピニングリール「バルトム2スピード」が登場

バルトム2スピード

PROX(プロックス)から2段階のギア比率を持つスピニングリールが製品化された。

その製品の名前は、

  • バルトム2スピード

ダイヤルでワンタッチにギアを変更することができ、優れた機能性を持っているに関わらず、コストパフォーマンスについても優秀。

今回は、珍しい2段階ギア特性を持った「バルトム2スピード」について注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
PROX(プロックス)から2つのギアを持つスピニングリール「バルトム2スピード」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

PROX(プロックス)

PROX(プロックス)はコストパフォーマンスに優れたフィッシング用品を多く産出しているメーカーだ。

キャッチフレーズは、

  • 釣りをもっとお手軽に・・・

竿(ロッド)、リールは勿論、ウェア、ベスト、ルアーなど、様々な小物・大型アイテムを販売している。

コストパフォーマンスに優れた製品を多く取り扱っているPROX(プロックス)から「機能性」「コストパフォーマンス性」に優れたリールが開発されるとのこと。

バルトム2スピード

2016年04月22日、PROX(プロックス)から、ギア変動型リール「バルトム2スピード」が製品化された。

新種のギアチェンジシステムが搭載され、このシステムにより、リールノブ(側面)のダイヤルを回すだけでギアの2段階チェンジが可能。

ノーマルギア・ハイギアの変更が容易にでき、仕掛けの回収時にはハイギア、繊細な獲物とのやり取りを行いたいときにはノーマルギアにチェンジ。

アングラーの使い方によって、このリールの良さが数倍になり、獲物とのやり取りがスムーズになることは確かだ。

性能・機能・スペック

製品名(V2S1500)の名前から推測するに、

  • V(バトルム)
  • 2(2段階ギア)
  • S(スピード)
  • 1500(リール:号数)

実際のところはリール号数に従って巻き取り量は変化する。

大まかなスペックは以下のとおりだ。

製品名 LOW HIGH 自重(g)
V2S1500 4.7:1 6.7:1 328
V2S2500 4.7:1 6.7:1 340
V2S3500 4.3:.1 6.3:1 414
V2S4500 4.3:.1 6.3:1 438
V2S7000 3.7:1 5.4:1 675
V2S8000 3.7:1 5.4:1 716
V2S9000 3.7:1 5.4:1 756

ギア変動型だと何が違うのか

ノーマルギア(LOW)とハイギア(HIGH)の2種類のギアタイプを1つのリールで扱うことが可能。

繊細なファイトをしなければならない状況に置かれた場合にはノーマルギア(LOW)で獲物に対抗し、青物などにラインを持っていかれ距離が出ている場合はハイギア(HIGH)で対抗。

ライトゲームで使用する場合、すなわち、口切れの激しい魚(アジ)などの繊細な獲物に対してはノーマルギア(LOW)でゆっくりと巻き上げ、不意な大物とのやり取りに発展してしまった場合にはハイギア(HIGH)など、状況によって使い分けることができる。

状況で使い分けることで「回収」「取り込み」「獲物とのファイト」がスムーズになることは間違いない。

まとめ

いかがだろうか。

PROX(プロックス)から、ギア変動型リール「バルトム2スピード」が製品化された。

この製品は、2016年04月22日に登場したコストパフォーマンスに優れた製品でもある。

是非、この際に、ギア変動型リール「バルトム2スピード」で釣果を出してみてはいかがだろうか。