釣り場にトイレが無い?そんな時に便利なエチケットグッズ【まとめ】

釣り場のトイレ

男性、女性の誰しもが釣り場にトイレがないことに不便さを抱いていることは確かだ。

特に、女性は膀胱炎になりやすいことから、トイレの有無を調べてから釣行する必要がある。

ただ、環境によってはトイレが無いことが多く、人の目の届かない茂みなどで用を足すこともあるだろう。

そんなときに必要な持っておけば便利なエチケットグッズに付いて注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
釣り場にトイレが無い?そんな時に便利なエチケットグッズ【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

万能トイレくん【ポケットトイレ】

非常用トイレ「万能トイレくん」は「大便」「小便」の両方に使える万能タイプ。

入り口は、キルティング仕様、大口タイプで男性・女性共に気軽に使用することができる。

使用後は付属のポリ袋に入れることで「可燃ごみ」として処理することが可能。

ただ、大便の際には、両手が塞がることから、後に紹介する「簡易テント」などで姿を隠したいところ。

  • 移動先にトイレがないとき
  • 緊急時の対策

軽量、水分が固まる凝固剤入りのアウトドアにはうってつけの製品が「万能トイレくん」だ。

BUNDOK(バンドック)NT-51UV【プライベートテント】

BUNDOK(バンドック)からプライベート用の簡易テントを登場した。

用を足すときに姿を隠すことができ、女性にはうってつけのテントであることは間違いない。

収納時は57㎝×57㎝、コンパクトに円形の収納袋の中に入れることができ、収納性に優れたテントだ。

海での着替え、トイレ、荷物置きなどの用途に適し、プライベート用のUVテントであることから、太陽光線が当たったとしても中が透けることはない。

女性のプライベート空間をリリースしてくれる「性能性」「利便性」に優れた簡易テントだ。

ポンチョ

簡易トイレの王道といえば「ポンチョ」だ。

体全体をポンチョで覆い、先程のポケットトイレ(万能トイレくん)などで用を足す。

軽量、着るだけで使用できることから、女性でも気軽に扱うことができる。

ただ、アウトドアで使用する場合は、他者からすると「トイレをしているっ」と思われやすいことは確かだ。

他者の視線が気になる場合は「プライベートテント」などで囲い、ポンチョを使って用を足す良い。

コストパフォーマンスが優秀、災害時、緊急時、渋滞時のために車内に幾つか積んでおくと便利である。

ロゴス(LOGOS)トイレスタンドDX

ロゴス(LOGOS)からイス型トイレスタンド「トイレスタンドDX」が製品化された。

災害時の緊急トイレとして使用されている簡易トイレ。

椅子そのものがトイレの便座になっているため、便器の中に糞尿袋を入れるだけで機能する。

サイズは、幅47×奥行43×高さ46cmとコンパクトな便座となっている。

コンパクトチェアーが便器になったと考えると分かりやすいだろうか。

まとめ

いかがだろうか。

釣り場にはトイレがない場合が多い。

そんなときには、上記で紹介したエチケットグッズを使ってみてはいかがだろうか。

ただ、女性の場合は、釣り場のトイレの有無を確認してから、釣行したほうが利口であることは確かだ。

是非、事前にトイレの確認(有無)を調査し、釣りを行なって欲しい。