Daiwa(ダイワ)からソルトゲームロッド「アジング X」「メバリング X」が登場

Xシリーズ

2016年02月にアジング・メバリング専用ロッドが製品化された。

専用モデルとして登場した各製品は以下のとおりだ。

  • アジング X
  • メバリング X

各製品は、コストパフォーマンスに優れ、アジング・メバリングを始める方にぴったりな製品だといえる。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)からソルトゲームロッド「アジング X」「メバリング X」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

アジング X

Daiwa(ダイワ)からアジング専用ロッド「アジング X」が登場。

ラインナップされている製品の全てがソリッドディップ(S)、すなわち、向こう合わせの釣り方が可能な初心者向けの竿(ロッド)だ。

手元に当たりが伝わる早さ(感度)を意識、全長が短めの竿(ロッド)が確立され、まさに、アジング専用モデル。

手元のグリップの握りやすさ、キャストした後の手のフィット感と共に素晴らしい仕上がりを見せている。

ブランクにはエックス(X)状にカーボンテープで締め上げることで、ネジレを抑える構造(ブレーディングX)が搭載されている。

名称の「アジング X」の「X」とは、このカーボンテープによる「ネジレ構造」のことを表しているのか。

メバリング X

2016年02月にメバリング専用ロッド「メバリング X」が登場した。

先ほどの「アジング X」と同様、ブランク部分をエックス(X)状にカーボンテープで締め上げ、ネジレを抑える構造(ブレーディングX)が搭載されている。

従来のメバルロッドに比べ、耐久面でかなりの強化を計ったようだ。

ラインナップには、ソリッドディップ(S)、チューブラートップ(T)の2種類が存在している。

メバルロッドのベーシックタイプといえる「ソリッドディップ」は、魚に対する違和感を極力少なくし、魚側から自動的にフッキングしてくれる便利な竿先、すなわち、従来の期待を裏切らないシンプルタイプ。

メバルロッドの汎用性モデルといえる「ソリッドディップ」は、プラグの使用も考慮した「シャキッとした」穂先を採用、すなわち、手元に伝わる感度が高い、合わせを入れてフッキングさせる汎用性タイプ。

初心者〜上級者の方までにセッティングされた素晴らしいメバルロッドだ。

それぞれの特長と機能性

今回の各ロッドの共通する箇所は、Xカーボン(ブレーディングX)が搭載されていること。

ブランク(最外層)をX(エックス)状にカーボンテープで締め上げ、ネジレを抑える設計となっている。

耐久面でかなりの強化が成されたということだろうか。

グリップ部分も双方共に共通し、「握りやすさ」と「キャストして振りぬいた後の滑らかなフィット感」が素晴らしい仕上がりになっている。

コストパフォーマンスも優秀のため、これから「アジング」「メバリング」を始めたい方には、ぴったりな製品であることは確かだ。

アジング X(スペック)

製品名 長さ(m) 重さ(g) ルアー(g) カーボン(%)
59UL-S 1.75 98 0.3 – 5 87
68L-S 2.03 108 0.5 – 8 87
72L-S 2.18 115 0.5 – 8 87

メバリング X(スペック)

製品名 長さ(m) 重さ(g) ルアー(g) カーボン(%)
74UL-S 2.24 108 0.5 – 5 87
74UL-T 2.24 110 0.5 – 7 87
78L-S 2.34 118 1 – 8 89
78L-T 2.34 120 1 – 10 87

まとめ

いかがだろうか。

2016年02月にアジング・メバリング専用ロッドが製品化された。

登場した各製品は以下のとおりだ。

  • アジング X
  • メバリング X

これらの製品は、コストパフォーマンスに優れ、アジング・メバリング入門者にぴったりな製品だ。

是非、この際に、Daiwa(ダイワ)の「アジング X」「メバリング X」を使用し、アジング・メバリングを始めてみてはいかがだろうか。