【アジング】釣れると有名なメタルジグを厳選してみた【まとめ】

アジング(メタルジグ)

アジングを行う場合でワームの次に使用頻度が多いルアーが「メタルジグ」だ。

メタルジグは飛距離に優れ、遠目の大きいサイズのアジを狙うことができる。

アジングでのメタルジグを使った基本アクションは、

  1. メタルジグをキャスト
  2. 海底(ボトム)まで沈下させる
  3. リトリーブの最中に「チョンチョン」とアクションを入れる

フォール時には「カーブフォール」を、リトリーブ時には「ちょっとしたアクション」で誘うのが一般的だ。

これらのアクションに、1番適しているのがメタルジグ、すなわち、メタルジグだからこそ、海底に群れることの多いアジをいち早く捉えることが可能なのだ。

今回は、アジングで使われることの多い、釣れると有名なメタルジグについて注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
【アジング】釣れると有名なメタルジグを厳選してみた【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

Rapala(ラパラ)五目ジグ

アジングの王道とも称されるようになったRapala(ラパラ)の五目ジグ。

アジング、メバリングなど、ライトゲーム用に開発されたメタルジグだ。

アジのパターンカラー「ブルー」「ピンク」「ブルピン」の3種類が揃っているメタルジグである。

釣れる魚種も様々であることから「鉛の便利屋」とアングラーから呼ばれている。

浅瀬なら3グラム、中途半端な深さならば3グラム〜5グラム、深場ならば8グラムと使い分けると、ターゲットの海層(タナ)にいち早くアクセスすることができる。

アジングはシビアな回遊魚だけあって、次の回遊パターンが掴めない場合がある。

そんなときには、様々なサイズが用意されたRapala(ラパラ)の五目ジグを使ってみて欲しい。

JAZZ(ジャズ)爆釣JIGⅡ

可愛らしいフォルムが特長のライトゲーム用メタルジグがJAZZ(ジャズ)の「爆釣JIG」だ。

スタンダード型シルエットボディ、メタルジグ中心部分が盛り上がった構造となっている。

カラーリングは13種類以上、もちろん、アジングの定番カラー「ブルーイワシ」「ピンク」も揃えている。

ボディ中心が上手く波を捉える構造になっているため、リーリングジギングでのトラブルなどを軽減。

3グラム~25グラムまでの幅広いサイズがラインナップされた扱いやすいメタルジグだ。

この基本的なシルエットボディがアジを誘惑するのか、今、まさに、注目されているメタルジグだ。

MARIA(マリア)リトルビット

アジング界の革命児、MARIA(マリア)から製品化されたリトルビットAHは「スタイル」「機能性」「安定性」に優れたライトゲーム用メタルジグだ。

アジ、カマス、サバなどの青物、カサゴ、メバルなどの根魚を、これ1つのメタルジグで狙うことができる。

今期、1番にお勧めしたいアジング用メタルジグだ。

メタルジグ全体にケイムラコートでコーティングされ、夜釣り(紫外線照射)では、メタルジグ全体がきらびやかに蛍光。

初心者向けにアシストフックが元から装着されており、パッケージを開けて直ぐに使用することができる。

センターバランスが織り成す整ったバランス姿勢と、キラキラフォールが特長のメタルジグだ。

このメタルジグを幾つか持っておけば、あらゆる環境で使用できることは間違いない。

SMITH(スミス)シラスジグ

シラスタイプのスタンダード型といえば、SMITH(スミス)のシラスジグ。

リトリーブ(ただ巻き)するだけのアクションで、アジを始めとした獲物が食い付き、季節を問わず使用することができる。

  • アクションを使えない
  • 使うのが面倒くさい
  • アクションに疲れた

上記のように感じた方は「シラスジグ」を使って、リトリーブ(ただ巻き)だけの釣り方へと変更してみてはいかがだろうか。

シラスパターンをイメージして作られたからか、直線的な動きに対し、リトリーブ(ただ巻き)すると、円ピン(アイ)を中心にテール(尻尾)を振ってスイム(泳ぐ)する仕様となっている。

カラーリングは、シラスタイプの他に「イカナゴ」「ブルピン」などの様々なタイプが用意されている。

初心者の方、すなわち、リトリーブ(ただ巻き)で攻めることの多い方には、推奨したいメタルジグである。

Daiwa(ダイワ)月下美人 プリズナーTG

有名釣具メーカー、Daiwa(ダイワ)からライトゲーム用のタングステン型メタルジグが登場した。

タングステン(TG)が使われたことにより、小さいサイズで重量あるメタルジグに仕上がった。

飛距離はそのままに、海底へとスムーズに着底し、ボディバランスによって「ヒラヒラフォール」を演出。

フォールで食わす、すなわち、アジング、メバリング、ガシリングに有効なメタルジグである。

サイズは「3グラム」「5グラム」「8グラム」、カラーリングは「8種類」がラインナップされている。

タングステン型の「ヒラヒラフォール」が特長の次世代メタルジグが「プリズナーTG」である。

Daiso(ダイソー)ジグロック

100円均一ショップ、Daiso(ダイソー)から「ジグベイト」に次ぐ新たなメタルジグが登場した。

このメタルジグ「ジグロック」のキャッチフレーズは、

  • 遠く(Far away) and 深く(Deeply)

遠距離性能、素早い海底(ボトム)へのタッチを意識して製作された製品である。

ただ、18グラム、28グラム、40グラムと3つのラインナップとなっており、アジング用として使用するならば「18グラム」を限定して使用したいところ。

18グラムだとサイズ的に大きいような気もするが「ジグロック」の本体サイズは「6.5cm」と小さめ、すなわち、ジグロック「18グラム」をキャストできるタックルならば、是非、使用してみたいメタルジグだ。

繊細なタックル(アジングタックル)を使用している方には、重量からお勧めしないメタルジグである。

以下、それぞれのリンクでは「ジグロックの評価」と「メンテナンス方法」についてレポートしている。

参考 ダイソーからメタルジグ「ジグベイト」の後継モデル「ジグロック」が登場

参考 ダイソージグ(ジグロック)の「初期設定」と「メンテナンス」の方法

まとめ

いかがだろうか。

有名なアジングで使われることの多いメタルジグを厳選してチョイスしてみた。

アジングではワームが使用することが多い。

ただ、メタルジグを使用すると、大物サイズのアジが釣れてしまうことも珍しくは無い。

是非、メタルジグで尺サイズのアジを釣ってみたいと思われた方は試してみてはいかがだろうか。

ワームを使ってアジを釣り上げたいと思われた方は以下のリンクを参考にして欲しい。

アジングで釣れるワームを厳選してみた<まとめ>
アジングはアジをターゲットとしたルアーフィッシングである。 防波堤、岩場などの、様々な環境にアジは存在している為、初心者でも容易にルアー...