【最強】穴釣りで釣れると有名なワーム【まとめ】

カサゴ

アイナメ、メバル、カサゴなどの美味しい根魚を釣ることができる釣法といえば「穴釣り」だ。

一般的には、オキアミ、イソメ、ゴカイなどの餌(エサ)を使うことの多い「穴釣り」だが、最近では、ルアー(ワーム)を使用して、アクションを用い、獲物を誘うアングラーも多く見かけるようになってきた。

そこで、今回は、穴釣りアングラーが釣れると豪語したワームの数々について注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
【最強】穴釣りで釣れると有名なワーム【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

Berkley Gulp!(ガルプ)ベビーサーディン

数々のルアーフィッシングで多くの実績を残している臭い付きワームが「ベビーサーディン」だ。

アジ、イワシ、サバなどの青物、メバル、ガシラ、アイナメなどの根魚が居れば高確率で釣ることが可能。

これらの獲物が釣れすぎてしまうことから「これはエサである」といった意見まで出始めている。

カラーリングの中でも、「ピンク色」と「クリア色」と「チャート色」に関しては特に人気が高い。

ルアーを使った穴釣りでは「ちょんちょん」と竿先を震わせる動き「1点シェイク」を行うことが多い。

ベビーサーディンを使用するならば「1点シェイク」などの動作はいらない、すなわち、餌(エサ)のように待機しているだけで釣れてしまうような便利なワームなのだ。

本気で晩御飯のオカズを釣りたければ「ベビーサーディン」で決まりだ。

MARUKYU(マルキュー)パワーイソメ【中】

MARUKYU(マルキュー)の「パワーイソメ」は穴釣りの定番中の匂いつきワームだ。

サイズ(極太)を使うと餌(エサ)・・・ちがった、ワーム(パワーイソメ)が獲物に食い千切られにくい。

だが、メバルなどの繊細な獲物を釣り上げるならば、ある程度、汎用性の効く「中サイズ」を推奨する。

口の大きいガシラを専門に狙うならば「極太サイズ」で、ワームを長持ちさせて釣った方がコスト的に有利になるかもしれない。

穴釣りでは、基本的に匂いつきワームを使用する場合にはアクションは必要ない。

ただ、極端に食いが悪い場合には、竿先を2.3回ほど「ちょんちょん」とアクションをして、穴から獲物を誘い出すことも大切だ。

ただ、匂いつきワームを使用する場合、アクションの時間より、穴場(ポイント)を数多く攻めた方が、最終的に釣果に繋がることは間違いない。

ECOGEAR(エコギア)アクア活 メバルシラス 2【2インチ】

最近になって穴釣りで使われることの多くなってきたECOGEAR(エコギア)の匂いつきワーム。

やはり、通常のワームよりか、匂いつきワームを選んだ方が無難か。

ナチュラル系の微波動ワームとして知られているワーム、「ナチュラルパールグロウ」が人気のようだ。

シラス色の「ナチュラルパールグロウ」で釣れなければ、アミエビ色の「ピンクパールグロウ」を用いるなど、環境によって食べている餌(エサ)が異なるため、その場にあったカラーリングを選択し、工夫することが大切だ。

ECOGEAR(エコギア)のワームは穴釣りで高い評価を得ている。

メバルシラスの他に、活メバルSTグラブ2、活カサゴミルフル3、活チヌスナモグラー55など、ECOGEAR(エコギア)の匂いつきワームは穴釣りで使用されることが多い。

独特の匂いが獲物をおびき寄せるのか、穴釣りをするならば、一度は使って欲しいワームである。

ダイソーワーム

ダイソーワームは匂いつきワームではない。

正統派のワームとして知られており、アジング、メバリング、ガシリングなどの釣法に使用される。

コストパフォーマンスに優れており、フグ、ベラ、ガシラなどに千切られたとしても、気兼ねせずに使い続けることができるメリットがある。

ただ、匂いつきワームとは違い、アクションを行う必要がある。

海底にワームを着底させ、竿先をブルブルと震わす動き「1点シェイク」や、着底させ、少しだけラインを巻き取り、ワームを宙吊り状態にし、チョンチョンと2.3回ほど跳ねるような動きを演出させるアクションなど、様々なアクションを駆使して獲物を穴から誘い出して欲しい。

ちなみに、冒頭の画像でガシラを釣り上げた際に使用しているワームは「ダイソーワーム」である。

ダイソーのワーム
ダイソーワーム
シンプルなワーム形状(ピンテール)が特長の微波動モデル。
穴釣り、アジング、メバリング、ガシリングなどの釣法に用いられる。

小エビソフトワーム(1.5cm 〜 3cm)【100個】

大手通販ショップAmazon(アマゾン)で販売されている「小エビソフトワーム」は人気が高い。

大きさ(サイズ)はランダムで1.5cm〜3cmまでのエビ型ワームが100個入っている製品だ。

集魚スプレーを振りかけ穴釣りに使用すると、ワンサカと獲物が寄ってくる。

シリコン製なため、ソフトワームにしては固め、すなわち、千切れにくいメリットを持っている。

夜釣りにも対応した夜行型タイプ(蓄光モデル)となっている。

コストパフォーマンスは最強、集魚スプレー、集魚液と組み合わせると最大の釣果を発揮することができるカスタマイズ性に豊かなソフトワームである。

ECOGEAR(エコギア)メバル職人

ECOGEAR(エコギア)の人気シリーズは匂いつきワームだけではない。

数あるラインナップの中でも「メバル職人」は穴釣りで高い評価を得ている。

メバル職人の中でも、極小サイズ(1inch/25mm)のワームは「穴釣り」でダントツの人気を誇っている。

パッケージには「メバルひとすじ」と書かれているが、ガシラ、アイナメ、フグ、ベラ、ハゼなど、様々な獲物が食いついてくる。

人気のカラーリングは「ピンクグロウ」「グロウオレンジ」「クリアピンクグロウ」の3色。

極小シルエットが織り成す、可愛らしいボディと、微波動アクションモデルが特長のワームだ。

まとめ

いかがだろうか。

匂いつきワームは餌(エサ)なのか、ただ単にワームなのか。

穴釣りに釣果を求める方は、間違いなく匂いつきワームを選択することが大切だ。

通常のワームを使用する場合は、「1点シェイク」「スローアップ&ダウン」などの穴釣り特有のアクションパターンで獲物を誘ってみてはいかがだろうか。

ちなみに、ジグヘッドにワームを付けて、穴釣りを楽しむ場合には、ワームの付け方が非常に大切となる。

次のリンク先にてワームの綺麗な付け方についてレポートしている。

是非、参考にして欲しい。

ワームを真っ直ぐに綺麗に付ける方法【アジング・メバリング・ガシリング】
アジング、メバリング、ガシリングなど、釣りの代表的な模擬餌といえば「ワーム」だ。 ワームは、使用頻度が最も多い「模擬餌」として知られてい...