五目釣りに使えるコストパフォーマンスに優れた組み合わせ【タックルチョイス】

五目釣りを楽しむ少年

何が釣れるか分からないドキドキ感とワクワク感を楽しむことのできる五目釣り。

最近では、気軽に行えるルアーを使った五目釣りが注目を集めており、汎用性のある安価の竿(ロッド)を買い求める釣り師が跡を絶たない。

今回は、コストパフォーマンスに焦点をおいて、初心者でも五目釣りを気軽に楽しむことができるタックルについて注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
五目釣りに使えるコストパフォーマンスに優れた組み合わせ【タックルチョイス】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

プロマリン(PRO MARINE) PG バスグローリー 602ML-S

プロマリン(PRO MARINE)のバスフィッシング用に開発されたバスグローリー。

五目釣りに最適だと数々のアングラーから好評化を得ている竿(ロッド)だ。

プロマリン(PRO MARINE)はコストパフォーマンスに優れた釣り具を開発・販売している会社である。

ハードガイド・コルクグリップが特長のバスグローリーは、バス、アジ、メバル、カサゴ、シーバス、チャリコ、雷魚など様々な魚を釣り上げることができる。

バスグローリ + アリビオ(2000番)のタックルでナマズ(50cm)を釣り上げたとの報告も。

ただ、釣行後のメンテナンスだけはキッチリと行うことを推奨する。

柔らかめの竿(ロッド)という意見が多かったが使用してみた感じはそれほどでも無かった。コルクグリップの作りが本格的で安物の竿(ロッド)とは思えない仕上がり。キャスト時は「ビュン」といった風切り音では無く「シュッ」といった整った感じのアクションフィーリングを見せ、18グラムのダイソージグ(メタルジグ)を投げてみたが、まだまだ余裕があったことを覚えている。

SHIMANO(シマノ) アリビオ 2500番【糸付き】 

プロマリン(PRO MARINE)のバスグローリーと一緒に使用して欲しいリールは「アリビオ」だ。

初心者向けに開発された「アルビオ」は、コストパフォーマンスに優れ、フロロカーボンライン(3号)が付属している便利なリールである。

シマノ独自の技術「AR-Cスプール」を取り入れ、ライントラブルを防ぎ、飛距離を考慮した軽量スプールを採用、また、海水がリールに付着することによる「錆」を寄せ付けない高性能ベアリング「SA-RB」と「A-RB」を取り入れ、丈夫で頑丈なリールとなっている。

コストパフォーマンス、性能の2つの面で優秀なリールであることは間違いない。

釣友が使用していたSHIMANO(シマノ)のアリビオ。友人が言うにはコストパフォーマンスが優れていたために買ってみたとのこと。ラインの放出がスムーズで何万と買っていたリールとの違いが分からないほどに使い勝手が良いらしい。防波堤からのサビキ釣り、ルアー釣りなどに適したリールで初心者向けのタックルとの組み合わせに相性が良さそうだ。

バスフィッシング用ルアー&ワーム色々セット(100個)

通販ショップAmazon(アマゾン)からバスフィッシング用ルアー&ワーム色々セットが発売された。

ハードルアー、ソフトルアーが豊富に入っているため、様々な釣法に使用(応用)することができる。

様々なルアーの特長を知ることができ、サビキ針の先端に付けたり、上記で解説したようなタックルに取り付けることで気軽に五目釣りを楽しむことができる。

ハードルアーには針(フック)が付いているため、ルアーケースを開けてすぐに使用できる。

初心者向けの製品で、息子、甥っ子のプレゼント用として選ぶ方が多いようだ。

メバル、カサゴ、アイナメ、バス、雷魚など様々な魚を釣ることができる。私の場合は小ワームはアジング、メバリング、穴釣り、ガシリングに、ハードルアーはバスフィッシング、ジギングなどに使用している。配達されるまでのワクワク感とドキドキ感を楽しむことできる製品であることは間違いない。

プロマリン(PRO MARINE) CB ビビッド磯玉セット【4.5m】

プロマリン(PRO MARINE)からコストパフォーマンスに優れた「タモ網」が製品化されている。

五目釣りの釣り場所は、防波堤、磯場、岩場、テトラポットなど様々だ。

ビビッド磯玉セットのタモ網の全長は4.5メートル、海面から足場までが高い防波堤などの取り込みに対して余裕のある長さにセッティングされ、素材には軽量アルミが使用されている。

コストパフォーマンスが優秀、高パフォーマンスな性能を秘めている製品がプロマリン(PRO MARINE)の「ビビッド磯玉セット」だ。

使用してみた感覚は安物とは思えない柄がシッカリとした好印象。アオリイカ(2kg)、シーバス(50cm)、アジ(25cm)の取り込みも軽快に行えた。防波堤、磯場、岩場、テトラポットなど様々な環境で行うことの多い五目釣りにはもってこいの製品だ。

まとめ

いかがだろうか。

今回紹介した4つの製品を揃えればルアーフィッシングでの五目釣りを気軽に楽しむことできる。

五目釣りでのコツは竿(ロッド)で無理矢理に魚を引き上げないこと。

中型サイズでも「タモ網」を使用し、安全に魚を取り込むことが大切だ。

無理をすることが竿(ロッド)の破損に繋がり、バラしなどの要因となることも少なくはない。

是非、アングラーの皆様も、コストパフォーマンスに優れたタックルを揃え、ルアーでの五目釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。