中級者から上級者向けのメバリングタックルの選び方

中級者から上級者向けメバリングタックル

日差しがポカポカと気持ちがいい「春」の季節が到来すればメバルは極端に釣れやすくなる。

  • 「初心者向けのタックルを準備したものの、何か物足りない」
  • 「初心者向けのメバリングタックルに飽きてしまった」
  • 「メバリングのタックルを真剣に揃えたい」

このような方は、少し複雑なタックルを用意し、本格的にメバリングを始めてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
中級者から上級者向けのメバリングタックルの選び方
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

メバリングの仕掛け(中級者〜上級者)

メバリングタックル(PEライン+ショックリーダー)

初心者向けの道糸(メインライン)にはフロロカーボンライン(単体)が使われることが多い。

参考 初心者から始めるメバリングの基本講座 – メバリングタックルの選び方 –

中級者〜上級者になると、PEラインとショックリーダーを直結し、それぞれのラインのデメリットを補いつつ、タックルを組み上げていくのが理想だ。

PEラインは感度に優れ、軽量がゆえに飛距離が出すことができる。ただ、根ズレに弱い特長があるため、障害物などに接触してしまうと少しの傷でPEラインは切れてしまう。

そこで、ショックリーダー(フロロカーボンライン)をPEラインの先に直結させることにより、根ズレによる糸切りを回避させることができるのだ。

フロロカーボンライン(単体)で使用するより、PEラインとショックリーダー(フロロカーボン製)を組み合わせた方が、「感度」「柔軟性」「飛距離」など、様々な面で有利であることは間違いない。

竿(ロッド)

中級者〜上級者向けのロッドとして名高いのは、SHIMANO(シマノ)の 「ソアレBB S706ULS」だ。

適合ラインはPEライン0.1号〜0.4号と精密に設計され、重さは75グラムと超軽量。

繊細なメバルの口元と合わせてディップが曲線を形成し、靭やかな穂先と、軽やかなアクションワークを生み出すことができる、まさに、中級者〜上級者向きの竿(ロッド)だと感じる。

SHIMANO(シマノ)のソアレBB S706ULには2パターンのロッドタイプが存在する。

  • ソアレBB S706UL(タイプ:S)
  • ソアレBB S706UL(タイプ:T)

それぞれがディップ形状を表し、ソリッドディップは「S」、チューブラーディップは「T」を示している。

ソリッドディップは、リトリーブ(ただ巻き)でも、自然にメバル側のアクションでフッキングする「乗せ」のアクションタイプ、チューブラーディップは、メバルのバイトに頻繁に合わせを入れ、自分からメバルを誘い込む「掛け」のアクションタイプを持っている。

中級者向けのメバリング専用ロッドならば「ソリッドディップ」である「S」を選択、上級者向けのメバリング専用ロッドをお探しならば「チューブラーディップ」を使い、自分から掛けに行く釣り方を楽しむのも悪くない。

リール

SHIMANO(シマノ)から「高感度」「高操作性」を兼ね揃えたメバリング用リールが製品化されている。

ライトゲーム用リールとして親しまれてきた「C2000PGSS」は数多いアングラーから好評価を得ている。

このリール「C2000PGSS」は、先ほどの「ソアレBB S706ULS」とセットで使用されることが多い。

リトリーブ(ただ巻き)を行うことの多いメバリングでは「操作性」はもちろん、「軽量」「ドラグ性能」を意識して選ぶことが大切だ。

メバリングで求められるリールの性能は以下のとおりだ。

  • リトリーブ時の安定力(操作性)
  • 一定のスピード&テンポを保つ(軽量)
  • 中型〜大物に対応できる(ドラグ性能)
  • ハンドルのガタツキの防止(スムーズな巻取り)
  • ライントラブルを防止(ラインとの相性)

SHIMANO(シマノ)の「C2000PGSS」は、上記の性能を含んだ数少ないリールである。

コストパフォーマンスが優秀、さらには、XSHIP(シマノの最高峰ギアシステム)が採用されている。

ソアレBB S706ULS」との相性は抜群で、冒頭でも解説したように、セットで扱われることが多い。

中級者〜上級者向きのリールをお探しならば「C2000PGSS」で決まりだ。

道糸(PEライン)

中級者〜上級者向きのセッティングでは「PEライン」を使用することが多い。

PEラインのメリットの「感度」「飛距離」「強度」を含み、ショックリーダー(フロロカーボン製)の強みである「根ズレ防止」の両方のメリットを兼ね揃えたラインコンビネーションを作り出すことができる。

メバリング専用のPEラインとして名高いのが「ソルトライン メバリングPE」だ。

強力なライン、高感度、高い耐久性、操作性、靭やかさに優れたメバリング専用のPEラインである。

カラーリングは夜間(ナイトゲーム)でも視認しやすいバイオレットカラー。

0.3号、0.4号、0.5号とメバリングタックルの組み合わせに沿った号数がラインナップされ、「PEライン」と「ショックリーダー」の組み合わせに適している製品だ。

ショックリーダー(フロロカーボン製)

中級者〜上級者向きのショックリーダーを選択するならば「ヤマトヨテグス 」のショックリーダーだ。

コストパフォーマンスが優秀、靭やかさ、バツグンの耐摩耗性能、高感度、操作性に優れた製品である。

3lb〜25lbまでのラインナップが用意され、アジング、メバリング、エギング、トラウト、鯛ラバなどのライトゲームからハードゲームと様々なタイプのリーダーサイズが製作されている。

これらの幅広いリーダーサイズを調整することで中型〜大物のやり取りが可能となる。

ヤマトヨテグスのショックリーダーのプラスチック(丸型)は重ね合わせることが可能、すなわち、収納面でも有利となり、別途リーダー入れを確保する必要がない。

収納面、機能面、汎用面、コストパフォーマンスの4つに優れたショックリーダーは「ヤマトヨテグス」のショックリーダーで決まりだ。

まとめ

いかがだろうか。

メバリングでは、ターゲットに違和感を与えないタックルの組み合わせが大切だ。

  • 「初心者向けのタックルを準備したものの、何か物足りない」
  • 「初心者向けのメバリングタックルに飽きてしまった」
  • 「メバリングのタックルを真剣に揃えたい」

上記のような悩みをお持ちの方は、中級者〜上級者向けのメバリングタックルを揃え、自分にあった釣り方を追求してみてはいかがだろうか。

関連製品