Daiwa(ダイワ)のヒラメ・マゴチ用ジグヘッド「フラットジャンキージグヘッド(SS)」に新色が登場

フラットジャンキージグヘッド(SS)

2016年03月にDaiwa(ダイワ)の根魚用ジグヘッド「フラットジャンキージグヘッド:SS」に新色が登場するようだ。

ヒラメ・マゴチ・エソなどの根魚用ジグヘッドで親しまれ、幅広いフックサイズとジグヘッドサイズ、そして、あらゆる機能性/性能性を兼ね揃えている製品だ。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)のヒラメ・マゴチ用ジグヘッド「フラットジャンキージグヘッド(SS)」に新色が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フラットジャンキージグヘッド(SS)

フラットジャンキージグヘッド(SS)は、針の表面に「フッ素系特殊プレーティング加工」が施し、魚への貫通力が格段とアップさせることを目的とした「サクサスフック」を使用、魚に対するバラし、フッキングの甘さを解消し、スムーズなやり取りと「サクッと感」で魚と向き合えるジグヘッドだ。

1番の特長は、「フックアイ」が上下に付いていること。

これにより、針(フック)の上下を選択することができるようになった。

2つのアクション性を試すことができ、状況にあった食いのパターンを選択できるメリットを持っている。

フィッシュイーター等に万が一ワームを抜かれることの無いように「ワームキーパー」を装備し、アピール度を意識したラメのようなツブツブの入ったジグヘッドが「フラットジャンキージグヘッド(サクサスフック:SS)」だ。

カラーリング(追加)

今回、追加されるカラーリングは以下のとおりだ。

  • グロー(薄い緑色&薄い黄色の中間色)
  • マイワシ(青色:海のような色)

ジグヘッドカラー(グロー)の腹部には金色のラメのようなツブツブが入っており、マイワシカラーにも似たようなラメ入りのツブツブ(白色)が腹部に施されているようだ。

海と同色のマイワシカラーはアピール力を控えたいとき、光を溜め反射しやすいグロータイプはアピール力を高めたいとき、ベーシック(オールラウンド)に攻めたい場合は「ノーマルタイプ」など、それぞれの状況にあって使い分けることで更なる釣果に繋げることができる。

カラーリングの詳細は、Daiwa(ダイワ)の製品ページから確認して欲しい。

フラットジャンキージグヘッド SS(公式サイト)

機能/特長、スペック

フラットジャンキージグヘッド(SS)の特長/機能、スペックは以下のとおりだ。

  • サクサスフック(SaqSas)
  • 上下のラインアイによって針(フック)の向きを調整可能
  • スポイラー状アイ(サーフ(砂浜)などの水深の浅い場所に対応)

フックサイズは、ノーマルタイプ含め、「3/0」「4/0」「5/0」の3種類。

ただ、2016年03月では、フックサイズに対応していない重量(重さ)が意外と多いようだ。

これからの「フラットジャンキージグヘッド(SS)」に注目である。

まとめ

いかがだろうか。

私は、水深の浅いサーフ(砂浜)に使用し、セッティングはスポイラー状アイにリーダーを結んでいる。

水深の浅いサーフでは多く泳がしたいために「水平なスイム姿勢をキープ」を維持することが大切だ。

是非、フラットジャンキージグヘッド SSを用いて、ヒラメ・マゴチ・エソなどの獲物を誘ってみて欲しい。

関連製品