エギングで釣れて欲しくない外道ランキング【まとめ】

エギング(外道)

エギングとは、イカをターゲットとした釣法(ルアーフィッシング)である。

大半は、アオリイカ・コウイカなどのイカ類が釣れる中、エギングの外道は意外に多く存在している。

今回は「アングラーから気に入られない」「釣れて嬉しくない」数々の外道について注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
エギングで釣れて欲しくない外道ランキング【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

マダコ(タコ)

岸に打ち上げられたタコ

釣友の意見
img06
エギングの外道といえばタコだよね
img05
また、根掛りか・・・違う・・・こいつ、動くぞっ
img13
力強いからパワータックル向け(エギングタックルではしんどい)
img01
釣ったタコがサザエを抱えてた(うひょ〜)
エギングの外道ランキング1位にランクインしたのが「マダコ(タコ)」だ。マダコ(タコ)を専門に狙った釣法(オクトパッシング)では、タコの吸盤を考慮して、パワータックルに設定されていることが多い。アクションに繊細なエギングタックルでは明らかに不向きで、取り込みに失敗すると竿(ロッド)が破損してしまう可能性もある。タコを想定してエギングタックルを選ぶならば、固めの竿(ロッド)を選択することを推奨する。

アメフラシ(ウミウシ)

アメフラシ

釣友の意見
img13
ぎゃー
img02
食べれないし、嬉しくない(迫)
img11
30cmのナメクジ釣れた・・・
img13
美味しんぼで紹介されてたけど食べる気しない
外道ランキング2位にランクインしたのが「アメフラシ(ウミウシ)」だ。釣り人からは「気持ち悪い」と嫌われ、その見た目からは、調理する気力を奪われる。春の産卵の季節には、水深の浅い浅瀬に産卵するため、岸壁にゴロゴロ集まってくる。エギングのターゲット「アオリイカ」「コウイカ」も、アメフラシ(ウミウシ)と同時期に産卵することから、自然とアメフラシ(ウミウシ)がエギへと掛かってしまうのだ。

太刀魚(タチウオ

タチウオ

釣友の意見
img01
さぁ、太刀魚(タチウオ)狙いのワインドに切り替えるか
img13
エギがボロボロになる
img12
太刀魚(タチウオ)狙ってないのに・・・
img11
イカ用にビニールパックしか持ってきてない
牙が鋭い魚として有名な太刀魚(タチウオ)がエギングの外道としてランクイン。2.3回のキャスティングで、エギがボロボロになってしまうならば、太刀魚などの歯の鋭い魚が、海中に潜んでいる可能性がある。太刀魚は歯が異常なまでに発達しており、アングラーからは「海上の刃物」と呼ばれ、危険視されている存在だ。くれぐれも釣り上げた場合は、フィッシュグリップなどのホールドツールで太刀魚(タチウオ)を掴んで欲しい。

ダツ

ダツ

釣友の意見
img11
ダツの恐怖動画を見て怖くなった
img02
危険を犯す必要は無い
img05
現代のモササウルス
img13
3.5号のエギを飲み込むとは・・・
エギングの外道ランキング4位にランクインしたのが「ダツ」だ。ダーツ針のような鋭いクチバシ、タチウオの鋭い牙とイルカの統一された歯並びを併せ持った魚だ。普段は、体長3センチほどのいなっこやコノシロの稚魚を捕食しているダツだが、動くものに対しては敏感に反応することでも知られている。ウォータースポーツの天敵と呼ばれており、ウォーターバイクをしている最中に、飛び跳ねたダツが足に刺さり、大事故になった事件が報告されている。太刀魚(タチウオ)と同様に、釣り上げた場合は、フィッシュグリップなどのホールドツールで慎重に掴んで欲しい

シーバス(スズキ)

シーバス

釣友の意見
img13
流石はフィッシュイーター代表
img15
河口域の鬼
img11
まぁ、シーバス(スズキ)は、色んな釣法で釣れるよね
img02
リリース = シーバス(スズキ)
外道ランキング5位にランクインしたのが「シーバス(スズキ)」だ。フッコ・セイゴ、ハネ、スズキと釣れるシーバスのサイズは様々である。海底をズル引き、海中をリトリーブ(ただ巻き)した際にバイトすることが多い。エギングの他に、ライトショアジギング、アジング、メバリング、オクトパッシングの外道として知られている。

まとめ

いかがだろうか。

エギングの外道ランキングは、

  1. マダコ(タコ)
  2. アメフラシ(ウミウシ)
  3. 太刀魚(タチウオ)
  4. ダツ
  5. シーバス(スズキ)

エギングに適した季節は「秋」と「春」だ。

イカは、春になると、産卵をするために接岸してくる。

この時期が丁度、親イカの釣れる時期。

「秋」になると小さなイカが孵化するため、小イカがボチボチ釣れるようになってくる。

「秋」は数釣り、「春」は大物を狙ったエギングを楽しむことができる。

是非、エギングのタックルを揃え、これからのベストシーズンに挑んで欲しい。