ワームを真っ直ぐに綺麗に付ける方法【アジング・メバリング・ガシリング】

300

アジング、メバリング、ガシリングなど、釣りの代表的な模擬餌といえば「ワーム」だ。

ワームは、使用頻度が最も多い「模擬餌」として知られている。

そんな中、根魚用(ロックフィッシュゲーム)のワームを真っ直ぐに刺す方法(コツ)が公開された。

  • 真っ直ぐにワームをジグヘッドに刺せない
  • ワームが歪んでしまって取り付けるだけでワームがボロボロになる

など・・・案外、ワームをジグヘッドに刺す過程でトラブルは多い。

今回、紹介する動画は、初心者にも簡単&綺麗にワームをジグヘッドに刺すことができるため、是非、覚えておきたい。

動画を参考にし、ワームの刺し方から、それぞれの釣法を見直してはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ワームを真っ直ぐに綺麗に付ける方法【アジング・メバリング・ガシリング】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

用意する物

用意するものは、アジング・メバリング・ガシリングなどで扱われるロックフィッシュゲーム用の「ジグヘッド」と「ワーム」の2つ。

動画(前半)ではシャンク長の長いメバリング用のジグヘッド、動画(後半)ではシャンクの短い針(フック)を用いているようだ。

綺麗に付ける方法(手順)

手順としては以下の3ステップとなる。

  1. ワームの先端を左手の中指と親指でホールドする
  2. ワームの先端からジグヘッドの針(フック)を刺す
  3. 針(フック)のカーブ部位から真っ直ぐの部位に差し掛かったら止める

それぞれの各ステップの詳細をレポートしていこう。

左手の中指と親指でワームを掴む(ワームの先端)

ワームの先端を中指と親指を使ってホールドする。

ホールドする際には、「ぎゅっ」とワームを圧迫するのでは無く、ソフト(柔らかく)に掴むことが大切だ。

このとき、中指と親指の力の入れ具合は、「同じ圧迫力」にすることを意識しておこう。

このホールドのタッチが案外大切で、中指の力の入れ具合が強すぎると、ワームに針(フック)を挿入する際に、正面から見て奥側のワームに針(フック)が寄ってしまい、結果、失敗へと繋がる。

くれぐれも「中指と親指の力の入れ具合は均等」にすることを心掛けながら作業に挑んで欲しい。

ワームの先端からジグヘッドの針を刺す

ワームの先端(中心)にジグヘッドの針先を刺し込む。

刺し込む際にはワーム自体は動かさずに、ジグヘッドの針先を下に向けて刺し込もう。

5mm程度刺し込めたら、一旦ワームから指を離し、中指と親指の位置を調整する。

基本的には上記の手順を、針(フック)のカーブ部位(真っ直ぐの部位)に差し掛かるまで繰り返す。

手順をリスト化すると、

  1. 中指と親指の位置を調整する
  2. ジグヘッドの針先をワームの中心に向けて刺し込む(5mm)
  3. 5mm挿入できたら[1]へと戻る
  4. 針(フック)のカーブ部位(真っ直ぐの部位)に差し掛かったらストップ(停止)

このように、中指と親指の位置を調整しつつ、ワームをシャンク部分(曲がり角)まで差し込んで欲しい。

針(フック)のカーブ部位から真っ直ぐの位置に差し掛かったらストップ

ワームをシャンク部分(曲がり角)まで差し込めたらジグヘッドの針先をワームから出す。

後はワームを押し込み、針(フック)のシャンクと並行になるようにワームをセッティングすると完了だ。

気をつける点

気をつける点は以下の3つ。

  • ホールドする際の中指と親指の力の入れ具合は均等にする
  • ワームの頭(ヘッド)の中心に針(フック)の先端を刺し込む
  • ワームに刺し込む際には、「針(フック)の先端がワームの中心に向かっているか」を確認しながら刺し込む

1番のポイントは、ワームの中心に向かって針(フック)を刺すことだ。

針先が常にワームの中心を向いていないと、仕上がり時に、ワームが歪んでしまう。

必ず、ワームとジグヘッドの針先の動向を確認しつつ、ワームにジグヘッドの針先を刺し込むこと。

まとめ

いかがだろうか。

ソルトゲームを主に活動しているアングラーはワームの使用頻度が多いことは確かだ。

ワームのセッティングが悪ければ、海中でのワームの動きが変になり、魚へのアピール力が低下する。

ワームを真っ直ぐにセッティングできれば、魚への違和感を与えずに、そのワームの本来の動き(アピール力)を得ることができる。

是非、ワームのセッティングから見直し、釣果に繋げて欲しい。