アジングで釣れて欲しくない外道ランキング【まとめ】

海水魚の群れ

アジングとは、アジをターゲットとした釣法(ルアーフィッシング)である。

アジ以外に様々な魚種が釣れることから、アジングの外道は数多く存在している。

今回は「アングラーから気に入られない」「釣れて嬉しくない」数々の外道について注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
アジングで釣れて欲しくない外道ランキング【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フグ(クサフグ)

クサフグ

釣友の意見
img12
可愛いけど・・・釣っても食べれない
img12
キャストする毎にワームが千切れになって帰ってくる
img11
この子がいる場所にはアングラーは寄り付かない
img13
キェーーーーーー(狂)
アジングの外道ランキング1位にランクインしたのが「フグ(クサフグ)」だ。フグ(クサフグ)の生息域で、ワームをキャストすると、回収時には8割型千切れになって返ってくる。アングラーからは「海のハイエナ」と言われるほどに、アジング界では凄まじい嫌われっぷりを見せる。ワームからメタルジグに変更し、噛じられないように対策を施すことが大切だ。

カマス

メゴチバサミで掴んだカマス

釣友の意見
img11
ライン切られる = この子
img02
フロロカーボンからPEライン+リーダーに変更した要因
img13
リーダーボロボロで付け替えの頻度が半端ない
img03
・・・引くから楽しいけど、アジがいいなぁ
外道ランキング2位にランクインしたのが海のバラクーダ「カマス」だ。アジングの仕掛けのには大きく分けて3つのタイプが存在している。1つ目は「フロロカーボンライン」を単独で使用するタイプ、2つ目は「PEライン + ショックリーダー」を直結して使用するタイプ、3つ目は「ポリエステルライン + リーダー」を直結して使用するタイプだ。1つ目の「フロロカーボンライン」での使用は、細いライン(2lb〜3lb)を利用することが多く、いくらフロロカーボンラインが根ズレに強い特長を持っていたとしても、カマスなどの歯の鋭い魚に対しては効果を発揮しないことが多い。さらには、リール自体にフロロカーボンラインを巻きつけてある訳だから交換しようにも交換できない。PEライン、ポリエステルラインは、リーダーを太めに変更するだけで、カマスに対して対応することができ、PEライン、または、ポリエステルラインの、それぞれの特長と、リーダーのタイプ(フロロカーボン、ナイロンなど)の特長を両方活かすことができる。

ベラ

挟まれてるベラ

釣友の意見
img13
キャストする毎にワームが千切れになって帰ってくる
img01
天ぷらにすると美味しいらしい
img02
鱗(ウロコ)が硬くて調理しづらい
img05
クサフグとベラの噛み方を判別できたらアジング上級者
外道ランキング3位にランクインしたのが「ベラ」だ。綺麗な見た目から、水族館で見られることの多いベラは、アジングの外道として有名だ。フグ(クサフグ)と同じ、貪欲な魚類であることから、ワームなどの模擬餌にも容赦なく食いついてくる。フグ(クサフグ)は居ないのに、ワームが噛じられて返ってくる原因は、ベラにあるのかも知れない。

カサゴ(ガシラ)

カサゴ

釣友の意見
img02
む、またキミか・・・
img03
アジングじゃないよ、ガシリングをやりに来たんだよ
img12
さっきと同じカサゴが釣れたような気がする
img13
ワームが千切れになって返ってくる
外道ランキング4位にランクインしたのが「カサゴ(ガシラ)」だ。その釣れやすさから「ガシリング」といった別の釣法(ルアーフィッシング)も開発されている。アングラーからは、「現地の住民」と呼ばれており、特定の海域間を往復し、回遊性の無い魚類として知られている。

ボラ

ボラ

釣友の意見
img11
臭いがキツくて調理しにくい
img03
冬のボラは美味しい、夏のボラは・・・
img05
リリース = ボラ
img13
竿(ロッド)を破損する要因
アジングの外道ランキング5位にランクインしたのが「ボラ」である。特に、夏場に釣れたボラは、臭い(クサイ)、美味しくない魚として有名だ。アジングタックルは、繊細に設計されており、ボラなどの大きいサイズの魚に対する対応力が無い。もちろん、大きいサイズの魚を抜き上げることは不可能に近いため、ライディングネット(タモ網)などのツールを用いつつ、竿(ロッド)の負担を減らしながら、魚を引き上げることが大切だ。

シーバス(スズキ)

シーバス

釣友の意見
img13
竿(ロッド)の3ガイド上から折れました
img15
フッコ・セイゴサイズなら釣れた・・・
img11
別の意味でスリル
img02
竿(ロッド)を破損する要因
外道ランキング6位にランクインしたのが「シーバス(スズキ)」だ。フッコ・セイゴクラスならまだしも、スズキクラスの大きいサイズはアジングロッドでは対応しきれない。釣り上げたい場合は、ボラと同じように、ライディングネット(タモ網)などのツールを用いつつ、竿(ロッド)の負担を減らしながら魚を引き上げる。ただ、スズキクラスだと、竿(ロッド)を折られる前に道糸を切ってしまった方が賢明だろうか。

まとめ

いかがだろうか。

アジングの外道ランキングは、

  1. フグ(クサフグ)
  2. カマス
  3. ベラ
  4. カサゴ(ガシラ)
  5. ボラ
  6. シーバス(スズキ)

アジングのベストシーズンは、5月〜11月位までの温かい季節だ。

是非、アジングのタックルを揃え、これからのベストシーズンに挑んで欲しい。