【1日2000アクセス突破】これまでにレポ部が行ってきたSEO対策【アクセスレポート】

アクセス数を調査する女の子

こんばんは、レポート部長です。

おかげ様で1日の訪問数が2000アクセスを突破しました。

始めた当初は、「50アクセス行けばいいな・・・」と思っていました。

しかし、そのような考えもつかの間・・・

皆様の支えがあったからこそ、1日2000アクセスといった数を生み出すことができました。

そこで、レポ部は・・・
【1日2000アクセス突破】これまでにレポ部が行ってきたSEO対策【アクセスレポート】
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

続けてきたこと

アクセス数について考察する彼女

正直、私には、文章能力がありません。

句読点の使い方、形容詞、動詞の繋げ方、文章をスムーズに書く能力・・・

これらのWebライターでは必要不可欠な要素が私には欠けているのです。

ただ、毎日欠かさずにブログを更新することだけは続けてきました。

学校ならば「皆勤賞」を狙えるレベルですね。

以下のグラフはWordPressのアクセスリサーチ(Jetpack)によるものです。

アクセス数

始めた当初のアクセス数は、1日10アクセス行くかどうかでした。

しかし、ブログを毎日書き続け、Webサイトを運営することの難しさを身にしみて理解すると共に、アクセス数に繋がる様々なポイント(コツ)を得ることができました。

1日2000アクセスを叩きだすためにしたこと

自分の意見を曲げない者

1日2000アクセス数を得るためにしたことは、

  • WordPressの利用(コンテンツ管理システム)
  • 新着記事を毎日更新する(ブログの更新)
  • ブログの外観をカスタマイズ(インターフェースの追求)
  • 1000文字以上の文字数(一定文字数)

この4つです。

WordPressを使用するのは、拡張機能(プラグイン)が豊富に揃っているからです。

例えば、1日の訪問数を表示する拡張機能(プラグイン)や、最新記事・人気記事を表示する拡張機能(プラグイン)、Webサイトを最適化する拡張機能(プラグイン)など、アクセス数に繋がる拡張機能がWordPressには豊富に用意されています。

ただ、毎日欠かさずに記事を更新することは、ブロガーの誰もがしんどいと感じているはずです。

そのような方のために、WordPressの機能には、記事を予約する機能が備わっています。

例えば、

  1. 張り切りすぎて、3つの記事を書いてしまった
  2. 1つの記事は今投稿するとして、残りの2つの記事は「予約機能」を使って2日に分けて投稿しよう
  3. 2日間は旅行・休息などのプライベートとして楽しめる

といった感覚で、ゆとりあるブログ生活を満喫することができるのです。

もちろん、プライベートな時間として使用せずに、ブログの外観(インターフェース)を充実させ、さらなるアクセス数アップに繋がる工夫をWebサイトに取り込むのも良いと思います。

自分の生活リズムを崩さないように、WordPressの予約機能を使用し、毎日の更新は欠かさず行うことで、1日2000アクセス数を得ることができました。

1日2000アクセスのアフィリエイト収益

ブログの運営費を気に掛ける少女

現在の総合収益は、それぞれのアフィリエイトサービスの利用規約により載せることはできません。

明確な数字では載せることはできませんが、月のレンタルサーバー料金、年間のドメイン料金、携帯代、電気代の4つは、アフィリエイトサービスで支払うことができています。

アフィリエイト収益を得るならば、

  • 見えやすい位置に広告を配置
  • レスポンシブデザインに対応(各端末の表示に対応)
  • 広告へと誘導させるコンテンツ力&文章力(Webライティング)

これらの3つを意識するように広告を設定しています。

WordPressでは、元々、無料のテーマが用意されています。

テーマとは、Webサイトの外観、すなわち、自分でプログラム(HTML&PHP)を組まずとも、WordPressで公開されたテーマを使用し、ブログを運営することができるのです。

公開されたテーマの中には、予め、SEO対策が施されたテーマも存在し、私自身のWebサイト「レポ部」のテーマにも、SimplicityといったSEO対策済みの無料テーマが使用されています。

本格的に収益を得るならば、WordPressなどの拡張機能の優れたソフトを用いることを推奨します。

アフィリエイトサービス

アフィリエイトサービスの解説者

さて、収益を得るには、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)に登録する必要があります。

ここで、代表的な3つのアフィリエイトサービスを紹介したいと思います。

  1. 楽天アフィリエイト
  2. アマゾンアソシエイト
  3. GoogleAdSence

この3つは、物販系アフィリエイト、トレンドアフィリエイトによく使用されるアフィリエイトサービスです。

楽天アフィリエイトのクッキーは30日間、すなわち、リンクを踏んで購入に至らない場合でも、30日の間に楽天市場から商品を購入すると運営主に報酬が入ります。

アマゾンアソシエイトのクッキーは24時間、楽天アフィリエイトより、クッキーの期間では劣りますが、報酬の単価が2パーセントから10パーセントと、楽天アフィリエイトの単価が1パーセントに対し、破格の単価となります。

GoogleAdSenceは、クリック報酬型のアフィリエイトサービスです。

楽天アフィリエイト、アマゾンアソシエイトが成果報酬型に対し、GoogleAdSenceは、クリックされただけで報酬が確定します。

報酬単価は、広告を出している広告主の方達が設定した金額に依存し、広告主によっては、1クリック50円といった破格の報酬まで出される場合もあります。

これらの3種類のアフィリエイトサービスを駆使し、Webサイトを収益化することで、月の運営費用、ドメイン代金を支払うことができ、結果、Webサイトの維持に繋がるのです。

まとめ

WordPressは無料のソフトウェアです。

もちろん、拡張機能(プラグイン)、Webサイトの外観(テーマ)も無料で使用することができます。

ただ、レンタルサーバーを用意する必要があるため、初心者には扱いにくいとされています。

しかし、本格的にWebサイトを運営したい方は、機能性、拡張性、未来性の優れた「WordPress」を用いることを推奨します。

是非、WordPressを利用し、Webサイトを本格的に始動させてはいかがでしょうか。