Daiwa(ダイワ)の遊動式タイラバ「紅牙ベイラバ」「ヘッドパーツ」に新たなカラーリングが追加

KOHGA(ベイラバ)

Daiwa(ダイワ)の遊動式タイラバ「紅牙ベイラバ」に新たなカラーリングが追加されるようだ。

鯛ラバのネクタイ絡みを少なくし、バラしを減少させることに成功した完全遊動式タイラバ。

口元に咥えたのに離してしまう従来の鯛ラバの欠点を補った製品である。

そして、新たに、好みの紅牙ベイラバユニットと組み合わせ、自由にヘッドパーツを組み換えできる「ヘッド単品パーツ」のカラーリングも同時期に追加されるようだ。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)の遊動式タイラバ「紅牙ベイラバ」「ヘッドパーツ」に新たなカラーリングが追加
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

紅牙ベイラバ(フリー)

2016年03月に新たなカラーリングが追加されるようだ。

追加されるカラーリングは以下のとおりだ。

  • ライムチャート(明るい黄緑色)
  • フラッシュピンク(明るいピンク色)

紅牙ベイラバは、ボディとフック部が水中で分離する、すなわち、マダイがネクタイやフックを咥えたときの違和感が無くなり、ヒット率のアップに成功した「完全遊動式タイラバ」だ。

シャロー、緩い潮のエリアに効果を発揮し、タイラバショアゲームといった浅い場所(海域)で行うジギングに対しても有効である。

これまでに開発されたカラーリングは以下の8種類だ。

  • 鍍金ゴールド(眩い光が特長のゴールド色)
  • 紅牙レッド(タイラバで使用されることの多いレッド色) – お勧め色
  • 煌グリーン(濃い目のグリーン色)
  • 黄金オレンジ(腹部はゴールド、上部はオレンジ色)
  • 桃黒パール(腹部は灰色、上部は桃色)
  • 桜グロー(下部、中部はグロー色、上部は斑点ピンク色)
  • レモンオレンジ(シンプルな魅力を持つ下部、中部はオレンジ色、上部は黄色) – お勧め色
  • シュガーオレンジ(赤色寄りのオレンジ色) – お勧め色

紅牙レッド、レモンオレンジ、シュガーオレンジの3種がタイラバアングラーからの人気色であったが、新たに追加される2種のカラーリングはどうなるのか。

今、まさに、タイラバアングラーから注目を集めている製品である。

紅牙ベイラバフリーヘッド

2016年03月に新たなカラーリングが「紅牙ベイラバフリーヘッド」に追加されるようだ。

この紅牙ベイラバフリーヘッドは、紅牙ベイラバのカスタマイズ製品である。

好みの紅牙ベイラバフリーユニットと組み合わせ、自由に選べぶことができ、紅牙ベイラバーフリーの「カラーリング」「サイズ」をチェンジ(カスタマイズ)することができる。

追加されるカラーリングは以下のとおりだ。

  • ライムチャート(明るい黄緑色)
  • フラッシュピンク(明るいピンク色)

紅牙ベイラバフリーのカスタマイズ製品となるため、各種2つの製品のカラータイプは、同色が用意されているようだ。

某店員によると「シュガーオレンジ」「紅牙レッド」「レモンオレンジ」の3種のカラーリングが人気を集めているようだ。アピール力が高いゴールド系のカラー色は、台風(雨後)の濁った水域で効果を発揮し、明るい色(緑・赤色・オレンジ色)はオールラウンダーに使用できるカラーリングだとか・・・。

ショア(岸)からのタイラバゲームに有効的

この「紅牙ベイラバ」はシャロー(浅い)、緩い潮(微潮)のエリアに効果的だ。

このような浅い場所には小型〜中型の鯛(タイ)が住んでいることが多い。

小型〜中型の鯛(タイ)とサイズを選ばずにフッキングする「小鈎」「太軸」のサクサスフックが採用され、アピール度を高くするためにシリコンスカートと、通常のスカートを多めに設定しているようだ。

浅いエリア、すなわち、ショア(岸)からのタイラバゲームに適し、30グラム、45グラムとライト寄りなタックル(シーバスロッド、ライトショアジギングロッドなど)でもキャストできるように設計されているようだ。

鯛ラバは、鯛(タイ)以外に、ガシラ、マゴチ、アイナメ、メバル、シーバスなどの魚達もターゲットにすることができる。

まとめ

いかがだろうか。

Daiwa(ダイワ)の遊動式タイラバ「紅牙ベイラバ」はタイラバアングラーから愛されている製品だ。

拡張性、カスタマイズ性に優れ、サイズ、カラーリングのラインナップも豊富に用意されている。

是非、各種カラーリング、サイズをカスタマイズし、環境に合ったタイラバタイプを見つけ出して欲しい。

関連製品