ima(アイマ)から「komomo 85SF」のカウンターモデル(counter)が新登場

komomo 85SF(counter)

2016年03月10日にシーバス専用ルアーの「komomo 85SF」のカウンターモデルが登場した。

komomo(コモモ)は製品名、数字の85はサイズ(mm)を表し、counter(カウンター)は、河川、汽水、海水などの、様々な海域での適応性を兼ね揃えていることを表している。

シーバスフィッシングでの85mmはルアーサイズの中でも使用される頻度が多いことから、komomo 85SFは、これから注目される製品であることは間違いない。

そこで、レポ部では・・・
ima(アイマ)から「komomo 85SF」のカウンターモデル(counter)が新登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

komomo 85SF

これまでに製品化されてきたkomomo系列は、90mmから145mmと大きいサイズが多かった。

2016年02月25日に登場した「komomo 85SF」は、サイズの収縮を重視し、汎用性ある使用を目的として製作されたルアーだ。

シーバスルアーで扱われやすいサイズは85mm、小さいシーバスから大きめのシーバスまでを狙うことができる汎用性を兼ね揃えている「スタンダードサイズ」とも言われている。

komomo 85SFの性能/スペックは以下のとおりだ。

製品名 全長 重量 レンジ タイプ フック
komomo 85SF 85mm 7グラム 5~30cm フローティング ST-46(#8)

針(フック)には、スーパーティン処理が施された「スティンガートリプルフック」が用いられている。

komomo 85SF(スタンダードサイズ)を1投目にキャストし、釣り場の状況、獲物のサイズを調査、釣れるシーバスが大きいサイズならば、大きめのkomomoシリーズへと切り替え、釣り場に合ったルアーサイズ/ルアータイプを選択すると大物を狙うことができる。

シーバス入門者、すなわち、初心者でも扱いやすいルアーが「komomo 85SF」だ。

komomo 85SF counter

2016年3月10日に発売された「komomo 85SF counter」は、フローティング寄りのスタンダードモデル「komomo 85SF」とはうって変わって、海水・淡水など、それぞれの海域のスタイルに合わせた「浮き方」「沈み方」をする。

汽水域ではサスペンド、海水域ではスローフローティング、淡水域ではスローシンキングといった具合で海域によってルアーのタイプが変化するルアーが「komomo 85SF counter」だ。

komomo 85SF counterの性能/スペックは以下のとおりだ。

製品名 全長 重量 レンジ タイプ フック
komomo 85SF counter 85mm 8グラム 5~40cm 海水:スローフローティング/淡水:スローシンキング ST-46(#8)

カウンターモデルはスタンダードモデルよりもローリング(アクション)が非常に弱い。

休憩している魚、衰弱した魚を演出し、シーバスなどのフィッシュイーターの捕食スイッチを強制的にONにすることを目的とした「食わせのルアー」であることは間違いない。

スタンダードモデルとの違い

スタンダードモデルとの違いは以下のとおりだ。

  • それぞれの海域でのフローティング/シンキング性能
  • 休憩している魚/衰弱した魚を演出(サスペンド性能)
  • 潮の流れに沿った揺れ方(浮遊性)

以上の3つがスタンダードモデルとの性能の違いである。

スペック/性能から見ると、

  • 重量1グラム(komomo SF85 counter) – 増
  • 5~40cm(komomo SF85 counter) – 5m上昇

スペック/性能からは大して違いが無いように見える。

やはり、スタンダードモデルとの大きな違いは、汽水域/海水域/淡水域での「フローティング性」「シンキング性」にあるらしい。

汽水域ならば、潮の流れに沿ってルアーが揺れ・・・止まる。

海水域/淡水域では、それぞれのフローティング/シンキング性能を発揮する。

ただ、スロー寄りのフローティング/シンキング性能であるがゆえに、急激に沈んだり、急激に浮かんだりはしない。

このように、多様性を持ったルアーが「komomo 85SF counter」なのである。

まとめ

いかがだろうか。

ima(アイマ)から「komomo 85SF」のカウンターモデル(counter)が2016年3月10日に登場した。

是非、この際に、komomoのSFシリーズを持ってシーバスフィッシングへと出かけてみて欲しい。

製品情報