EVERGREEN(エバーグリーン)のエギ番長(ノーマルシンキング)に新色が追加

エギ番長

2016年02月18日に、EVERGREEN(エバーグリーン)から製品化されているエギ番長(ノーマルシンキング)に新色が追加されたようだ。

追加されたカラーリングは以下の6種類だ。

  • ピンク・スケール(ホロ金)
  • オレンジ・スケール(ホロ金)
  • ブラウン・キビナゴ(赤)
  • オリーブ・キウイ(緑)
  • パープル・アジ(金)
  • ブラック・エビ(赤茶)

EVARGREEN(エバーグリーン)のエギ番長は「着底のバランス」「飛距離」に優れていることから、多くのエギンガーに愛されている製品なのである。

そこで、レポ部では・・・
EVERGREEN(エバーグリーン)のエギ番長(ノーマルシンキング)に新色が追加
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

エギ番長

EVERGREEN(エバーグリーン)が誇るエギング用ルアーが「エギ番長」である。

エギング界の帝王・重見典宏氏とEVERGREEN(エバーグリーン)が共同開発を行い製品化に至った。

ノーマルのエギと比べると沈下するスピードが早い、すなわち、エギングで最重要視されるボトム(海底)を素早く取ることができ、扱いやすく、初心者向けの製品でもある。

これまでに開発されたエギ番長のルアータイプは以下のとおりだ。

  • エギ番長XS(エクストラスローシンキング)
  • エギ番長D(ファストシンキング)
  • エギ番長XD(エクストラファストシンキング)
  • ドリフト番長(ノーマルシンキング)
  • エギ番長 ノーマルシンキング

エギング上級者は、これらのルアー(エギ)を環境によって使い分け、釣果を上げることができる。

これらのタイプの中でも「ノーマルシンキング」は、その特性から、あらゆる環境で使用でき、汎用性があり、初心者でも環境に左右されずに扱うことができるルアータイプとして有名なのだ。

ノーマルシンキング

ノーマルシンキングとは一体どのようなルアーアクションを行うのか。

ノーマルタイプのエギとは「ベース」となるエギのモデル(タイプ)である。

シンキングタイプは「沈下(沈む)」という意味を持っており、名前の通り、エギが海底へと沈下(沈む)ルアータイプを指している。

ノーマルシンキングは、これらの2つのタイプを兼ね揃えたタイプ、すなわち、ノーマルタイプのメリット(扱いやすさ)に、シンキングタイプのメリット(飛距離の向上&波の流れに左右されない)を合わせ持ったルアータイプであることは確かだ。

これらのことから、EVERGREEN(エバーグリーン)の公式サイトでも語られているように、ノーマルシンキングタイプは、誰にでも簡単に扱うことができ、ただ純粋に釣りやすさ、釣れやすさを追求して生まれた初心者向けのエギであることは間違いない。

追加されたカラーリング

EVERGREEN(エバーグリーン)のエギ番長には以下のカラーリングが追加された。

  • ピンク・スケール(ホロ金)
  • オレンジ・スケール(ホロ金)
  • ブラウン・キビナゴ(赤)
  • オリーブ・キウイ(緑)
  • パープル・アジ(金)
  • ブラック・エビ(赤茶)

各種カラーリングのラインナップはEVERGREEN(エバーグリーン)の公式サイトより確認して欲しい。

EVERGREEN(エバーグリーン)公式サイト

まとめ

いかがだろうか。

EVERGREEN(エバーグリーン)から製品化された「エギ番長」はエギンガーの誰もが1度は使ったことがあるほどの有名なエギ(模擬餌)である。

エギングが初めての方でも釣果が期待できるスタンダードモデル、風の抵抗、波の影響に左右されにくいシンキングタイプであるため、このタイプ1つを釣り場に持って行けば、複雑な環境でも取り替える必要は無い。

是非、追加されたノーマルシンキングの様々なカラーリングを仕入れてイカを釣り上げてみて欲しい。

関連製品