Googleカスタム検索をAdsence(アドセンス)と連携(同期)する方法

Googleカスタム検索

WordPressで提供されている「サイト内検索」の代わりに、Googleから提供されている「Googleカスタム検索」を使用すれば、「Googleアドセンス」と連携することで収益化を望むことができます。

Googleアドセンスにも、標準装備として「検索フォーム」が用意されていますが、残念ながら検索フォームのスタイル(デザイン)が少ないため、検索フォームの外観を選択したい方には向いていません。

Googleカスタム検索をGoogleアドセンスに連携すれば、それぞれの機能を全て使用することができるので、お持ちのWebサイトに合ったスタイルを選択でき、カスタマイズの幅が広がり、結果、収益に繋がる可能性が出てきます。

そこで、レポ部では・・・
Googleカスタム検索をAdsence(アドセンス)と連携(同期)する方法
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

新規登録(Googleカスタム検索)

Googleカスタム検索を導入する手順をレポートします。

以下のサイトからAdsence(アドセンス)のアカウントでGoogleカスタム検索へとログインしてください。

Googleカスタム検索へ

Googleカスタム検索へとログインすると以下のような画面へと移行します。

ログイン画面

検索エンジンの編集内の「Add」をクリックすると「新しいカスタム検索」を作成することができます。

早速、Add(新規)をクリックし、新しいカスタム検索を作成することにしましょう。

各種入力フォーム(Webサイトの登録)

登録画面

各種入力フォームには、上の画像の通りに入力してください。

  • 検索するサイト(ドメイン全体のアドレスを入力:○○○.com/○○○.jp/○○○.net)
  • 言語(日本語)
  • 検索エンジンの名前(Webサイトの名前)

各種フォームへの入力が完了次第、作成ボタンをクリックすると、以下のような画面へと移行します。

コントロールパネル

コントロールパネル(Adsenceの連携と同期)

広告設定

コントロールパネルから「Googleアドセンス」と「Googleカスタム検索」の関連付けを行います。

左メニュー内の設定をクリックし、タブメニュー内の広告設定をクリックしてください。

検索エンジンの収益化を「オン」にすることで、ログインしているAdsence(アカウント)へと連携され、カスタム検索エンジンの検索結果ページに関連性のある広告が表示されるようになります。

レイアウト(配置の選択)

レイアウト

左メニュー内のデザインをクリックし、タブメニュー内のレイアウトをクリックしてください。

レイアウトでは、カスタム検索の表示形式を選択でき、自分のサイトに合ったカスタム検索フォームの設置形式を指定することができます。

「Googleがホスト」を選択することで、自分のサイトに「Googleカスタム検索」を設置することができ、そのカスタム検索からサーチした内容を新しいウィンドウで表示させることが可能となります。

  1. 表示形式の中から「Googleがホスト」を選択する。
  2. 検索結果の表示先は「新しいウィンドウ」に設定する。

WordPressで用意されている「サイト内検索」と同じ使用感覚で「Googleカスタム検索」を利用したい場合は、上記で解説したように「Googleがホスト」を選択することを推奨します。

テーマ(スタイル選択)

テーマ

左メニュー内のデザインをクリックし、タブメニュー内の「テーマ」をクリックしてください。

この項目では、カスタム検索の外観を指定することができ、自分のサイトに合ったカスタム検索フォームを設置することができます。

ちなみに、この「レポ部」のカスタム検索フォームは「デフォルト」のフォームを利用しています。

Googleカスタム検索で提供されている外観の種類は以下のとおりです。

  • デフォルト(ボタンに虫眼鏡が使われた検索フォーム)
  • シンプル(ボタンに文字が使われたシンプルな検索フォーム)
  • エスプレッソ(モダンな感覚で大人向けな検索フォーム)
  • グリーンスカイ(緑色で覆われた検索フォーム)
  • バブルガム(大きめの検索ボックスとロールオーバーアクションの検索フォーム)
  • シャイニー(カラーパレットで覆われている機械的な検索フォーム)
  • クラシック(一昔前のデザインが印象的な検索ボックス)

数ある検索フォームの中でも「デフォルト」「シンプル」「シャイニー」の3つが特に人気があります。

デフォルトの検索フォームに関しては、インターネット上でカスタマイズ例が豊富に載っていることから、初心者向けの検索フォームだと言えるでしょう。

コードの取得(ソースの取得)

コードの取得

これまでに設定した内容をコードとして取得し、Googleカスタム検索をWebサイトに設置します。

「保存してコードを取得」をクリックすると以下のような画面へと移行します。

ソースコードのコピー

後は、ソースコードをコピーし、各テーマの特定のページ内に貼り付ければ完了となります。

このWebサイトのテーマ(WordPress)は「Simplicity」を使用しています。Simplicityは数あるテーマの中でもカスタマイズ性が豊かであり、SEO対策が元々成されている素晴らしいテーマです。

まとめ

いかがでしょうか。

WordPressから提供されている元々の検索フォームでは、Googleアドセンス(Adsence)と連携し、収益化に繋げることはできません。

Googleアドセンスと連携するには、Googleカスタム検索を利用するか、Googleアドセンスに元々付いている検索フォームを利用するしかありません。

Googleカスタム検索とGoogleアドセンスの2つを連携すれば、両方の機能を最大限に発揮でき、結果、お持ちのWebサイトに合ったスタイルで収益化に繋げることが可能となります。

是非、この際に、Googleカスタム検索をGoogleアドセンスと連携し、WordPressのテーマに導入してはいかがでしょうか。