子供に釣りの楽しさを知ってもらえる玩具【まとめ】

魚釣りの玩具

子供は、好奇心、想像力が豊かで、楽しいことには没頭してしまう純粋な心を持っている。

釣りの楽しさを一番早く伝える方法は「釣りを実際に試してみること」だが、釣りはどのような遊びかイメージを子供たちに考えさせることも教育上では大切であることは確かだ。

子供たちに魚釣りの楽しさを知ってもらうには「玩具」を使用して伝えるのも悪くない。

そこで、レポ部では・・・
子供に釣りの楽しさを知ってもらえる玩具【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

DOKIDOKI お魚釣りゲーム(オンダ)

お馴染みの電動で魚を釣り上げるゲームである。

3つの池のお魚を釣り上げて釣れた数を競うゲームだ。

クルクルと回転する3つの土台の中から魚を釣り上げるのは意外と難しい。

シンプルで楽しい魚釣りゲームを希望しているのなら「DKIDOKI お魚釣りゲーム」で決まりだ。

スペック
  • お魚(21匹)
  • 釣竿(4本)
  • 単3電池×2本(別売)
  • W368 × H348 × D48(パッケージ/mm)

フィッシングボート(エドインター)

木製で作られたシンプルな魚釣りゲームが「フィッシングボート」だ。

見た感じではシンプル過ぎて面白くなさそうに見える。

しかし、試してみると面白い(ムキになってしまう)ゲームだ。

コンパクトサイズを意識して作られている為か、ボートの上にお魚も竿も収納できる。

今では過去の思い出と一緒にタナの上のオブジェとなっている。

スペック
  • 魚の先端部分に磁石(番号付き)
  • 釣竿(2本)
  • W23 × D3 × H8(cm)
  • 3歳〜(対象年齢)

Hook a Duck Bath(LEADWORKS)

お風呂場でアヒル(Duck)を釣ることを目的としたゲームが「Hook a Duck Bath」だ。

このゲームは見たことないだろうか。

たぶん、皆さんが目にしているのは「アヒル風呂」で使用されている普通のアヒルの玩具である。

この製品はアヒル風呂の玩具の背中部分に引っ掛け部位を取り付けたような仕上がりとなっている。

プカプカと浮かぶアヒルを釣り上げるのは意外と面白い。

スペック
  • W55×D50×H50(アヒル/mm)
  • W380×H18(竿/mm)
  • 6歳〜(対象年齢)

2段でパクパク お魚つりゲーム(ワイ・エス・エヌ)

大人でもハマってしまう魚釣りゲームとして有名なのがこの製品だ。

DOKIDOKI お魚釣りゲームと仕様は似ており、二段の池がクルクルと回る大好評の釣りゲームだ。

回転中に光や音楽が動く仕掛けのため、子供の好奇心をくすぐる製品であることは間違いない。

コストパフォーマンスが高い電動のお魚釣りゲームとしても有名である。

スペック
  • W35.5×D34×H4.3(cm)
  • 900g(重量/パッケージ込み)
  • 単3電池×2本(別売)

子供が1番喜ぶ釣りゲームは・・・

子供が1番喜ぶ釣りゲームは市販の物を購入しなくても自分で製作することができる。

子供が喜ぶ1番メジャーな食べ物と言えば・・・

  • お菓子

これに尽きる(大人もお菓子を貰ったら嬉しいよね)

玩具を作る工程としては、

  1. お菓子とマグネットを用意する(うまい棒などのお菓子にマグネットを貼る)
  2. 竿を作る(私はワカサギ釣りの竿を用意した)
  3. お菓子が大量に入る「箱」を作成する(私はビニールプールを使用している)
  4. 箱の中にお菓子を大量に入れる(時々大きいお菓子・玩具を入れると子供は喜ぶ)

子供は純粋であるためにお菓子には貪欲である。

この純粋さを利用して「大人達が玩具を用意せずにお菓子で子供を釣り上げる」という寸法だ。

しかし、この方法のデメリットは、下手をすれば玩具を用意するよりもお金が掛かってしまうことだ。

家庭内用のビニールプールを利用したからか約10000円のお菓子を投入することとなった・・・。

さらには、イワシを”うまい棒”に例えるならば、上海蟹(バトンドール:ポッキーの高級バージョン)が大量にビニールプールに入っていたようだ(妻が内緒で入れたらしい・・・)

作成する「箱」のサイズと、お菓子の動向を気にしながら、お子さんと楽しんでいただきたい。

まとめ

いかがだろうか。

こういった「指先」「目」「頭脳」を使ったゲームを用いれば子供の能力促進にも繋がりやすい。

釣りゲームをすることで子供に以下の素晴らしい影響を与える。

  • 目と手の協調作用(発達の促進)
  • 指先の訓練(動作訓練)
  • 目と脳の訓練(集中力の増加)

是非、お子さんに釣りの楽しさの伝える初めの第一歩をゲームを通して伝えてみて欲しい。