真冬の堤防釣りでは「カサゴ」「メバル」を狙え【ロックフィッシュゲーム】

真冬に釣れたガシラ(カサゴ)

真冬では魚達の活動が極端に低下する。

しかし、魚達もエサを食べなければ生きていけないため、プランクトンが豊富に集まる”水温の高い場所”を求めて「沖」へと移動する。

したがって、防波堤などの岸(ショア)に近い場所では、寒い期間の釣行は釣果が出にくいとされている。

このようなときに釣果を出すならば「防波堤に居座っている魚達」をターゲットとして狙えば良いのだ。

そこで、レポ部では・・・
真冬の堤防釣りでは「カサゴ」「メバル」を狙え【ロックフィッシュゲーム】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

防波堤(堤防)に居座っている魚達

防波堤(堤防)に居座っている魚達は以下のとおりだ。

  • カサゴ
  • メバル
  • アイナメ(クジメ)
  • キジハタ
  • ベラ(キュウセン・ササノハベラ)
  • ギンポ

これらの魚達をターゲットとして狙うことができれば、寒い期間でも釣果を期待できる。

ただ、これらのほとんどが、藻類、岩、テトラポットなどの障害物に隠れている魚であるため、防波堤(堤防)からというより、障害物の間を狙って仕掛けを落とすことができれば、より効果的である。

早速、仕掛けについて解説していこう。

胴付き仕掛け

胴付き仕掛けは根魚を釣り上げる代表的な仕掛けである。

紹介した魚達の近くに落とし込むだけで釣り上げることができる。

防波堤からの落とし込みに適しているが、藻類、岩、テトラポットなどの穴場での使用には、針数が多いため、根掛りが頻繁に起こり、適していないのも事実だ。

この胴付き仕掛けをウキ釣りに変化させた仕掛けも開発されている。

以下のリンクにて銅付き仕掛けを利用したウキ釣りについて解説している。

使用するポイント(場所)を選んで試してみて欲しい。

オキアミで釣りを楽しむ!胴付き仕掛けを使った浮き釣りとは?
オキアミとは3cm~6cmと大きいエビの形をしたプランクトンの1種です。 オキアミは、グレ(メジナ)、チヌ(クロダイ)、マダイ、青物など...

ブラクリ仕掛け

ブラクリを使った穴釣りの仕掛け

ブラクリは根魚を専門に狙うために開発された仕掛けである。

穴場を通常の仕掛けで攻めると根掛りが頻繁に起きてしまうことは確かだ。

その点、ブラクリはオモリの先に針が1本付いているだけなので根掛りの回避率は極端に上がる。

落とし込みでも使用できるが、ウキ釣り、五目釣りにも応用することができる。

以下のリンクにてブラクリを使った仕掛けについて解説している。

根魚仕掛けの決定版「ブラクリ」の仕掛けと使い方
ブラクリ釣りとは、アイナメ、カサゴ、メバルなどの「根魚」をターゲットとする仕掛けである。 根魚をターゲットとした数々の仕掛けが出回ってい...

ジグヘッド仕掛け

ジグヘッドとはルアーフィッシングで用いられるオモリと針(フック)が一体となった物である。

その針(フック)に図のような形でソフトルアー(ワーム)を装着する。

防波堤の釣りでは、アジング、メバリング、ガシリングなどで用いることができ、テトラポットなどの穴釣りにも使用することができる。

エサ釣りよりも釣果は劣ってしまう可能性はあるが、根魚は貪欲な魚種が多いことからジグヘッドを使用しても魚達は食いついてくるのだ。

以下のリンクにてジグヘッドを利用した”穴釣りで使用すると良いワーム”について解説している。

【7種類】釣れるワームのまとめ【ガシリング】
年中楽しめる釣りといえば 「ガシリング」 だ。 ガシリングは、ガシラ(カサゴ)をターゲットとするルアーフィッシングの1つである。 ...

まとめ

いかがだろうか。

真冬に防波堤(堤防)で釣果を発揮するのは難しい。

しかし、冬にもターゲットにできる魚達を狙うことで、寒い季節にでも釣果を発揮することができるのだ。

以下のリンクにて真冬に狙うべきターゲット(魚)について解説している。

真冬に狙うべき魚種を知りたい方は参考にして欲しい。

【7種類】冬の堤防で釣れる代表的な魚 - Winter Fishing -
「真冬には釣りは楽しめない」 「お魚もお休みの季節でしょ」 そのようなことはありません。 真冬にだって魚達は活きるためにエサ...