マダコのレシピはコレで決定!おすすめ料理方法の5選

マダコ

マダコは、タコ目・マダコ科に属するタコの一種である。

世界各地の熱帯・温帯海域に広く分布し、日本各地の海域にも存在している。

今回は食用にされることの多い「マダコ」の人気あるレシピについて注目する。

調理をする前にマダコの締め方&捌き方を動画を見て理解を深めておこう。

そこで、レポ部では・・・
マダコのレシピはコレで決定!おすすめ料理方法の5選
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

生のたこわさ

クックパッド(cookpad)で紹介されている”生のたこわさ”はおつまみに最高である。

イカの塩辛と風味は似ているだろうか。

私はタコを刺身で食べるよりも、タコの塩辛(たこわさ)にした方が美味しいと感じている。

調理する際は、包丁を使用するよりも、ハサミで細かくカットして方がタコは扱いやすい。

今晩のご飯のおかずは”生のたこわさ”で決まりだ。

タコの香り揚げ

全ての人が愛している、すなわち、当たり外れの無いレシピの一つが”タコの香り揚げ”だ。

子供から大人までに好かれており、お酒のおつまみにも最高な一品である。

もちろん、3時のおやつタイムに出しても喜ばれる。

タコを揚げると、ヌメヌメ感、プニプニ感が消え、コリコリした食感が残る。

鳥の軟骨と似ている食感が生まれるのだ。

タコのさっぱりサラダ

クックパッド(cookpad)で紹介されている”タコのさっぱりサラダ”はサッパリしていて食べやすい。

ダシには麺つゆを使用しているからか、特別な調味料を入れずとも、味が自然と染みこんでくる。

たったの4ステップで出来上がる為、初心者の方でも簡単に作ることができる。

野菜嫌いの方でも好き嫌いを克服するキッカケ作りになるかもしれない。

タコの刺身

釣れたてのタコはサッと水洗いにして刺身として頂くのも悪くない。

ただ、タコの場合はヌメリが強いので、塩でよく揉んでからヌメリを取り、水洗いしてから刺身として食べるとタコ独自のヌメリが無くなり、コリコリした食感を楽しむことができる。

湯でダコの場合は塩もみを行うが、刺身の場合は塩もみをせずに食べることが多いのも事実である。

タコの素材そのものの味を楽しむならば刺身が1番適していると感じている。

タコ飯

タコといえばタコ飯だ。

タコのエキスを含んだご飯のフワフワな食感と、タコの弾むような食感を同時に楽しむことができるのはタコ飯だけである。

お焦げはタコ飯が1番見た目も良く出来上がると感じるのは私だけだろうか。

お焦げの仕上がりが悪いと感じたら、おにぎりにし、表面に醤油を付け、焼き色を付けると見栄え良く仕上がる。

子供にも人気があるレシピであることは間違いない。

まとめ

いかがだろうか。

日本で食べられているタコは”マダコ”であることが多い。

マダコは、防波堤、港、波止、岩場などの様々な場所を住処としている。

身近に存在している為、近年では、オクトパッシングといわれるタコを専門に狙う釣法も開発されている。

是非、このようなタコを専門に狙った釣り方でタコを釣り上げてみて欲しい。

オクトパッシングの基本と基礎 - Oct Passing -
オクトパッシングとはルアーを使ってタコを釣る方法である。 底をズル引きしながら獲物を誘うアクションが基本となる為、複雑なアクションをする...