アジングで使用するルアー(メタルジグ&ワーム)の選び方とアクション方法

DSC_0437

アジングでは、ワーム、メタルジグなどのルアーを駆使してアジを誘うことになる。

最近では、様々なタイプのルアーが製品化されており、初心者からすると選びにくいことは間違いない。

そこで、アジングで使用するルアーの選び方、そして、アジに対して有効的なアクション方法について初心者の方にも分かりやすく解説していこう。

そこで、レポ部では・・・
アジングで使用するルアー(メタルジグ&ワーム)の選び方とアクション方法
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ワームの選び方

アジングで一番使われるのがワームである。

ピンテール、シャッドテール、カーリーテールと様々なワームが存在している。

基本的な扱い方はスロー寄りのリトリーブ(巻き方)なだけにワームの性能が釣果を決める。

ピンテールは尾っぽが真っ直ぐに作られている為に水の波動が伝わりにくい。

このことから、ピンテール型のワームは微波動モデルとも略され、獲物に違和感を与えにくい仕様となっている。

シャッドテールはピンテールと違い尾っぽが付いている。

リトリーブするだけで尾っぽが海中で波動となり、同時に獲物へのアクションにもなる。

アジの食いが悪いときにはアピール系のワーム、すなわち、シャッドテール型のワームを使用することが釣果アップに繋がるのだ。

同じアピール系のワームとして、カーリーテール型のワームが存在している。

カーリーテールは尾っぽが三日月型(半円形型)になっているワームである。

このワームはリトリーブするだけで、海中で過度に波動を与える為に、アピール系ワームの中でも最上級のアピール度を示している。

海中の波動を嫌っているメバルなどの獲物には向いていないが、大して波動を嫌わないアジには有効であることが分かっている。

ワームの色

アジングのワーム色を選ぶ基準としては、

  • 海が透き通っている場合
  • 海が汚れて濁っている場合
  • デイゲーム・ナイトゲームの違い

これらの3つを基準にしてワーム色を考えると良い。

例えば、海が透き通っている場合は、獲物からもワームが見えやすい状態となっている。

すなわち、模擬エサであることを見切られやすくなる。

このことから、デイゲーム、海が透き通っている場合のワーム色は「クリア」「グロー」などのナチュラル系のワーム色を選択する。

次に、ナイトゲーム、海が汚れている場合などの獲物からワームが判断しづらいときには「ピンク」「イエロー」などの獲物から捉えやすいワーム色を選択した方が有効的である。

これらの基準をテーブルにしてリスト化してみると…

デイゲーム クリア – グロー – グリーン
万能カラー ホワイト
ナイトゲーム(発光色) ピンク – イエロー – グロー(発光)

アジング初心者ならば、クリア、ホワイト、ピンクの3種類を持って行くと間違いない。

今流行りのアジング専用ワームについては以下のリンク先でレポートしている。

アジングで釣れるワームを厳選してみた<まとめ>
アジングはアジをターゲットとしたルアーフィッシングである。 防波堤、岩場などの、様々な環境にアジは存在している為、初心者でも容易にルアー...

メタルジグの選び方

アジングではハードルアー、すなわち、メタルジグ系のルアーを使用することもある。

メタルジグは鉛などの素材で製作されている為に「重い」のが特長だ。

ルアーが重いということはキャスティングの距離が伸び、波の抵抗(影響)を受けにくいということだ。

さらには、ワームのように食いちぎられる心配が無い為、安心して何度もキャストすることができる。

ただ、ワームのようにリトリーブ(タダ巻き)に反応してくることが少ない。

メタルジグの重さから沈下するスピードが極端に早いこともあり、初心者には少し扱いにくいとされる。

メタルジグを使用する場合は、アジング独自のアクションを行い、獲物にアピールすることになるのだ。

ストップ&ゴー

初心者でも簡単にできるアクションの1つが「ストップ&ゴー」である。

リトリーブにメリハリを付けることでアジに対して魅力的なアクションに変化する。

アクション方法は、

  1. キャストして着底させる
  2. リトリーブで3秒間巻き取る(ゆっくり)
  3. 止める(巻き取りをストップする)
  4. 繰り返し[1]

このように単純なアクションを繰り返すだけでもアジはルアーに興味を示す。

アジングでのストップ&ゴーはボトム(海底)に着底していなくても行う場合がある。

アジの居る層(海層)を見極めることができると尚更便利なアクションでもあるのだ。

チョンチョン&ゴー

このアクションも初心者でも簡単にアジに対してアピールすることができる。

アクション方法は以下のとおりだ。

  1. キャストする
  2. 任意の海層(タナ)でリトリーブを開始する
  3. 巻き取っている最中に竿先でチョンチョンと2.3回アクションする
  4. 繰り返し[2]

海底(ボトム)に付けなくてもアジの海層(タナ)を探し出しアクションしても良い。

このアクションがアジに対して絶大なるアピール力を示す。

リフト&フォール

アジはフォールのアクションに対して過度に反応する。

  • ルアーを持ち上げる動作をリフト
  • ルアーを落とす動作をフォール

これらの2つの動きを合わせたアクションが「リフト&フォール」でもあるのだ。

アクション方法は、

  1. キャストする
  2. 任意の海層(タナ)でアクションを開始する
  3. 竿を持ち上げる(ルアーを浮かせる)
  4. 水平に戻すと同時に糸ふけを回収する(ルアーを落とす)
  5. 繰り返し[2]

これまでのアクションとは少し複雑になるが、基本的にはルアーを縦にジグザグに動かすことを意識すれば良い。

竿を持ち上げるアクションは波に乗るような感じ、そして、水平にロッドを戻すときには、持ち上げた際にできる糸ふけを取りながら、徐々に戻す。

慣れればスムーズに連続して「リフト&フォール」を行うことができる。

まとめ

いかがだろうか。

ルアーゲームのアクションは初心者には難しい印象がありがちだ。

しかし、アジングのルアーアクションは初心者でも簡単にでき、入門者向けであることは確かである。

是非、上記で解説したアクションを取り入れてアジングで釣果を発揮して欲しい。