【最新】通販ショップで根強い人気を誇っているリールのまとめ【2500番】

2500番サイズ位のリール

店頭で販売されているリールは最新の製品であることが多い。

つまり、ユーザーから根強い人気を持っているリールは、通販ショップでしか購入できないのである。

最新のリールを店頭で選択するよりも、古くから評価の高いリールを選択することで、シリーズ毎のアタリ、ハズレを見極めることもできる。

そこで、レポ部では・・・
【最新】通販ショップで根強い人気を誇っているリールのまとめ
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

SHIMANO(シマノ) アリビオ 2500番

このリールは初心者向けのリールとして幅広いユーザーから根強い人気を得ている。

SHIMANO(シマノ)の公式サイトにも「間違いのない入門機」と紹介されているだけあって、シマノが初心者層へと狙い通りに販売することに成功したモデルである。

2500番、3000番が特に人気があり、3000番は「C3000」と略され、2500番とサイズは同等か少し大き目、そして、巻き取り量のみを増加させた「コンパクトボディー」で設計されている。

シマノ独自の技術「AR-Cスプール」を取り入れ、ライントラブルを防ぎ、飛距離を考慮した軽量スプールを使用している。

また、海水がリールに付着することによる「錆」を寄せ付けない高性能ベアリング「SA-RB」と「A-RB」を採用している為、丈夫で長持ちするリールとなっている。

コストパフォーマンス、性能の2つの面で優秀なリールであることは間違いない。

ダイワ(Daiwa) リバティクラブ 2500番

リバティクラブは初心者〜中級者向けのリールと言われている。

スタンダードリールの「リバティ」を、性能面、スタイル面を強化したモデルが「リバティクラブ」だ。

リバティクラブの公式サイトには「あらゆるジャンルの釣りをカバーするモデル」と書かれている。

これは、コンパクトボディから成る数々のランガンフィッシングと、様々な型番号が用意されていることから「汎用性」があると言われている。

1500番〜4000番まで用意されている為、ライトショアジギング、エギング、アジングなどの様々な釣法に使用することができるからだ。

もちろん、堤防でのサビキ釣りやチョイ投げ、ウキ釣りなどのエサ釣りにも対応することになる。

以前のモデルの「リバティ」と比較すると20グラムの軽量化が成され、コンパクトボディを実現することに成功した。

  • 1500〜2500(アジング、エギング、メバリング、ガシリングなど)
  • 2506H(バス、エギングなど)
  • 3000H(シーバス、ライトショアジギングなど)
  • 3500〜4000(ライトフィッシングゲーム、ハードゲーム、キャスティングを重視したエサ釣りなど)

このように様々な釣り方に対して使い分けることができる。

ダイワ(Daiwa)独自の技術「ABSⅡ」でライントラブルを激減し、パワフルな巻き性能と回転性能を実現する「デジギヤⅡ」を採用している。

そして、第二のライントラブルの原因とも言われているスプール巻糸部へのラインの食い込みを防ぐ為に「クロスラップ」を施している。

コストパフォーマンス、性能、汎用性に優れているダイワ(Daiwa)の技術が詰まった製品である。

Abu Garcia(アブガルシア) Cardinal S2500D

Avu Garcia(アブガルシア)では珍しい糸付きリールのCardinal(カーディナル)がランクイン。

リバティクラブと同じ、あらゆる釣法に使用できる汎用性を持っているモデルとなる。

深溝スプールを搭載している為にラインの巻き付け量が他のリールよりも増えている。

ラインナップされている番数も豊富で、トラウト、バス、エサ釣り、ライトゲーム、ハードゲームと幅広いジャンルに使用することができる。

S2500Dの「D」は、ダブルハンドルの略称である。

Cardinal(カーディナル)の番数の中でダブルハンドルを持っているのは「2500番」だけだ。

もちろん、シングルハンドルの2500番もラインナップされているが、コストパフォーマンスが優れている製品の中でのダブルハンドルは珍しい為に2500番の「D」、すなわち、ダブルハンドルの人気が高い。

ダブルハンドルは安定した速度でのリーリングができ、一定の速度を重視する釣り方である「アジング」「メバリング」などに重宝するハンドルであることは間違いない。

バランスの良い配置(対向配置)でハンドルがセットされている為に糸ふけを取る際にも取り過ぎない。

ダブルハンドル型では珍しいコストパフォーマンスに優れた初心者にも扱いやすいリールである。

SHIMANO(シマノ) エアノス XT 2500番

このリールはSHIMANO(シマノ)から製品化されている「アリビオ」とスペックが似ている。

ただ、最大のドラグ力/実用ドラグ力が段違いに上がっており、小さいリールだが、パワーファイトもできるように設計されている。

ベアリング数では、ローラーには変化がないものの、ボールは3つに増加、糸巻き量ではアリビオと比べて20m前後増えている。

アリビオの上方修正されたリールと考えると良い。

性能面に関してはアリビオと似ており、ライントラブルを減少させるAR-Cスプール、海水などの侵入を防ぐ高性能ベアリングのSA-RB、A-RBを採用している。

AR-Cスプールに関してはアルミ鍛造製の為に自重も軽量となっている。

ただ、アリビオの2500番と比較するとエアノスの2500番も同じグラム数である為、自重に関しては大差は無い。

コストパフォーマンス、丈夫さ、性能、パワーファイトにも対応できるコンパクトボディを持ったリールであることは間違いない。

ダイワ(Daiwa) ジョイナス 2500番

このリールは一言で紹介するとコストパフォーマンスに優れているリールである。

SHIMANO(シマノ)のアリビオに位置するDaiwa(ダイワ)が製品化している初心者向けのリールだ。

古いリールでもあるが、バッククラッシュを未然に防ぐABS(アンチバッククラッシュシステム)、ライントラブルを減少させるクロスラップも標準装備されているモデルでもある。

Daiwa(ダイワ)の基本的性能を兼ね揃えている「ジョイナス」だが、このリールの良い所は別にある。

自重は250グラムと他2500番よりも軽量となっており、最大ドラグ力も3kgをレーティングしている。

初心者向けの製品として開発されているだけあり、ラインも元から付いている為、このリールにコストパフォーマンスで勝るリールは無いと言える。

Daiwa(ダイワ)のブランドが目立たせるのか、非常に人気の製品なのである。

まとめ

いかがだろうか。

Amazon, 楽天市場などの通販サイトは、送料無料で販売されている場合が多い為、コストパフォーマンスに配慮しつつ購入するには素晴らしい通販サイトだと感じている。

自分に合ったリールをレビューの多い順から見つけ出すのも素晴らしい選択肢だといえる。

2500番は使い勝手が良いというよりも、メーカーが初心者向けのリールとして売りに出している為、初心者から圧倒的な支持を得ている。

各メーカーが製品化している根強い人気があるリールを使用して釣りを楽しんでみて欲しい。