カマス用のサビキ(カマス専科)の使い方 – Kamasu Fishing –

ハヤブサからカマス用のサビキ「カマス専科」が製品化されている。

カマスの鋭い歯を意識されて作られており、仕掛けには太いハリスが使用されている。

太いハリスが使用されている為、メタルジグなどの重いグラム数を持ったオモリのキャストにも耐え、遠投することもできる優れた製品である。

このキャスト力(遠投)にも耐えうる太いハリスが人気となり「ジギングサビキ」のような使い方もできると評判になりつつあるのだ。

そこで、レポ部では・・・
カマス用のサビキ(カマス専科)の使い方 – Kamasu Fishing –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

カマス専科の使い方

カマス専科の使い方は「メタルジグを使用するパターン」と「ナス型オモリなどのオモリを使用するパターン」の2パターンに分けることができる。

サビキの下にメタルジグ、またはナス型オモリを付けて、アクションを行い、カマスを寄せ付ける。

メタルジグを用いた場合、メタルジグ自体にトレブルフック、アシストフックを付けることで、カマスはもちろん、違う魚類もターゲットとすることができる。

メタルジグが寄せ付ける魚類は、エソ、ハマチ、マゴチ、ヒラメ、サバなどと幅広い。

時々、アクションを付けてメタルジグを操作することで魚の捕食スイッチを強制的にONにさせることができる。

エサ釣りとは違った楽しみ方ができるのが「カマス専科」を使った釣り方なのである。

オススメの竿(ロッド)

カマス専科を使用したタックルは”キャスティング(オモリ)にも耐えれる竿(タックル)”を用いる。

使用するメタルジグ、ナス型オモリの号数に合わせて使用するタックルを選択して欲しい。

竿(ロッド) グラム数(メタルジグ) / 号数(ナス型オモリ) 飛距離(ターゲット)
シーバスロッド 10グラム〜25グラム(2.5号〜7号) 岸寄りをターゲット
ライトショアジギングロッド 18グラム〜45グラム(4.5号〜12号) 岸から沖の範囲をターゲット
ショアジギングロッド 40グラム〜80グラム(11号〜22号) 沖をターゲット

投げ竿、磯竿を使用する方が多く見られるが、アクションを行いにくい為、カマス専科を使った釣りにはエサ釣り用の竿(ロッド)は適していない。

もちろん、アクションを行わずにリトリーブ(タダ巻き)だけで使用する分にはエサ釣り用の竿(ロッド)でも構わない。

この仕掛けを使用するに適した竿(ロッド)は以下のとおりだ。

▼ シーバスロッド:10グラム〜25グラム(2.5号〜7号)

SHIMANO(シマノ) ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

▼ ライトショアジギングロッド:18グラム〜45グラム(4.5号〜12号)

メジャークラフト(Major Craft) ロッド ソルパラショアジギング SPS-962LSJ

▼ ショアジギングロッド:40グラム〜80グラム(11号〜22号)

SHIMANO(シマノ) ロッド ソルティーアドバンス SHORE JIGGING S906MH

オススメのリール

カマス釣りのリールは頑丈な物を意識しつつ、ドラグ性能が優れている物を選択するのが理想だ。

カマスは群れを成して回遊しており、釣れるときには大量に釣れる場合がある。

カマスを誘うアクションをしているときには単体のフッキング率が高いが、サビキ仕掛けを使用している為、仕掛けを回収時のリトリーブ(タダ巻き)にも容赦なく食いついてくる。

万が一の場合に備えてリールは「頑丈な物」「ドラグ性能が優れている物」を選択して欲しい。

スプール径はキャスティング時の抵抗を減らす為に「大きめのサイズ」を選択するのも忘れずに。

品番 2500番〜3000番 他の釣りとの汎用性を求める方(2500番)、カマス釣りに適したサイズ(3000番)
自重 軽いもの 疲労が溜まりにくい
糸巻き量 150m巻けるもの(PE:0.8号〜1.2号) メタルジグ(アクション)のキレが良くなる、ラインの細いほうが飛距離が伸びる
ギアタイプ ノーマルギア/ハイギア アクション性を求めるならノーマルギア、巻取り性能を求めるならハイギア
価格 5000円〜 頑丈、軽い、パワー

ハイギアとノーマルギアの選び方はリールの型番に「H」が書かれていたらハイギアとなる。

ギアはアクション方法によって最適なギアの選び方が異なってくる為、初心者の方は汎用性が効く「ノーマルギア」を選択しておくと良い。

このカマス専科を使用するに適したリールは以下のとおりだ。

▼ 2500番(他の釣りとの汎用性を求める方)

ダイワ(Daiwa) リール 15 レブロス 2500

▼ 3000番(カマス釣りに適している少し大きめのサイズ)

SHIMANO(シマノ) リール 13 ナスキー C3000

カマスに有効とされるアクション方法

カマスはフォールに食いつきが良い魚類として有名である。

したがって、フォールの動作を組み込んだアクションをすればフッキングしてくる。

  1. キャスティング
  2. 着底したらアクション開始(タダ巻き)
  3. 海面まで上がってきたら落とす(フォール)
  4. [2]へと戻る

ただ、潮止まりなどの様々な原因により、食いが悪い場合は、以下のような複雑なアクションを行いカマスの捕食スイッチを強制的にONにする必要がある。

  1. キャスティング
  2. 着底したらアクションを開始(ジャカジャカ巻き:小魚が弱っている動き)
  3. ワンピッチジャーク(フォールの区間を多く取るアクション)
  4. 海面まで上がってきたら落とす(フォール)
  5. [2]へと戻る

ジャカジャカ巻き、ワンピッチジャーク、フォールなどの様々なアクションについて、詳しく知りたいと思われる方は以下のリンクにてレポートしている。

初心者向けに動画も一緒に載せている為、動画と記事を見比べながらそれぞれのアクションについて勉強して欲しい。

メタルジグの使い方とは?アクション方法~応用までを徹底的に解説!
メタルジグは「鉛」を使って作られている模擬エサです。 バスフィッシング、シーバス、ジギングなどのゲームでよく使われているルアーです。 ...

まとめ

いかがだろうか。

キャスティングにも耐えることのできる「カマス専科」は店舗に売ってないことが多い。

珍しい製品なのか、売り切る人気の製品なのか。

ただ、キャスティングすればカマスだけで無く色々な魚種を釣り上げることができることは間違いない。

是非、メタルジグ、ナス型オモリを「カマス専科」付けて、ルアーフィッシングを楽しんでみて欲しい。