ベラ(キュウセン)のレシピはコレで決定!おすすめ料理方法の5選

挟まれてるベラ

外道で知られている「ベラ」だが、調理法を間違わなければ意外と美味であることが分かっている。

テトラポット、波止、防波堤、岩場などの幅広い場所に生息しており、強い波にも負けることのない生命力を持っている魚である。

水っぽい身、ヌメヌメとした体が特長の扱いにくい魚ともいわれているが、調理法(レシピ)によっては最高級の味を出せることは間違いない。

そこで、レポ部では・・・
ベラ(キュウセン)のレシピはコレで決定!おすすめ料理方法の5選
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ベラ(キュウセン)の素揚げ

ベラ(キュウセン)を素揚げにすることでベラ本来が持っている水気を飛ばすことができる。

水気の無い凝縮されたベラの身を味わうならば”キュウセンの素揚げ”で決まりだ。

手間を掛けること無く、外はカリカリ、中はフワフワに仕上げることができる。

一時期、ベラ(キュウセン)の検索順位で1位に輝いたこともある実績のあるレシピである。

Wanted!!
ベラ(キュウセン)は水っぽい魚だ。キッチンペーパーで水気を取ってから素揚げにすることを推奨する。水気を残した状態で揚げてしまうと油が跳ねてしまう可能性がある。十分に気をつけてベラを油に投入して欲しい。

ベラ(キュウセン)の煮付け

ベラ(キュウセン)は”煮付け”にすれば美味しくいただけることは間違いない。

氷水に浸けておくとベラ独自のヌメリが取れ、生臭さも無くなり、調理がしやすくなる。

煮付けにしたベラの身はホロホロ取れて食べやすい。

ベラが不味いと思われる方は”ベラの煮付け”を食べてみてはいかがだろうか。

その美味しさから、きっと考えが変わるはずだ。

ベラ(キュウセン)の刺身

穴釣りの外道でも有名な「ベラ」だが、リリースする人が多いからか、テトラポット付近に住み着いているベラは大きいサイズが釣れることも多い。

甘みがあって、モチモチとしたベラ独特の味と風味を、そのまま味わえるのは刺身だけだ。

薄いピンク色が混じった透明感ある色は、鯛の刺身にも負けることのない風格を成し得ている。

大きいサイズのベラはリリースせずに刺身にして食べてみて欲しい。

アオベラ(キュウセン)の素焼き

ベラ(キュウセン)をサッパリ頂くとなると”キュウセンの素焼き(二杯酢)”で決まりだ。

クックパッドで紹介されているこのレシピは、素焼きにしたベラ(キュウセン)を二杯酢で浸けるだけでサッパリとしたキュウセンの味を作り上げることができる。

お酒、ご飯のおつまみには最高な調理方法であることは間違いない。

ベラの検索順位で1位を獲得した由緒あるレシピの1つだ。

ベラのサンドイッチ

クックパッドからベラを使ったアイデアの詰まった調理法が紹介されている。

ベラを使用して「フィレオ○ィッシュバーガー」にも負けることのない味を出すことができる。

野菜も盛り込むことができる為、タンパク質、食物繊維を1品で豊富に取ることができるのだ。

「ベラを何匹も釣ってきてしまい処理に困っている」という方はサンドイッチにして食べてみて欲しい。

まとめ

いかがだろうか。

ベラは外道で扱いにくいとされている魚だが、ちょっとした工夫によって解消することができる。

氷水に浸けておくことで「ヌメリ」が取れ、粘液から発せられる「生臭さ」もヌメリを取ることによって解消されるのだ。

是非、これらの知恵を活かしつつ「ベラ」を調理して欲しい。