人気度の高いワインド用アシストフックのまとめ

アシストフック付きジグヘッドの完成

ワインドはジグヘッドにトレブルフックを装着することにより、ワームの頭〜腹部分までを対象にフッキングされるように針(フック)が調整されている。

ただ、後ろから食いついてくる魚に対して有効ではなく、ショートバイトも取りづらいことは間違いない。

後ろからのショートバイトを取るにはワインド専用のアシストフックをトレブルフックに装着する必要があるのだ。

そこで、レポ部では・・・
人気度の高いワインド用アシストフックのまとめ
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

がまかつ(Gamakatsu) ワインドトレーラー シングル

がまかつ(Gamakatsu)からシングル型アシストフックの「ワインドトレーラーシングル」が製品化されている。

内容量も多く、コストパフォーマンスも優れていることから、ワインドアングラーがお世話になっているアシストフックの1つだ。

アシストフックに付いているキャップを、トレブルフックの針先端に刺し込むだけでセットが完了となる為、ワンタッチ(5秒ほど)で取り付けることができる。

  • #4(サイズ:小)
  • #2(サイズ:中)
  • #1(サイズ:大)

ファインワイヤーを使用している為、ワイドギャップでありながらもショートなシャンクデザインで、大幅な軽量化を実現し、キレのあるワインドアクションを実現することができる。

違和感を極力抑えるファインワイヤーのシングルフックの為、トレーラーフックの存在感が少なく、バイトが増えることは間違いない。

高活性時の数釣りから、低活性時のショートバイトまで、幅広く対応するアシストフックである。

Shout!(シャウト!) ワインドアシスト ダブルフック

Shout!(シャウト!)からワインド専用アシストフック(ダブルフック)が製品化されている。

ダブル型のアシストフックはシングルフックよりも、アピール力、フッキングの範囲が増加している。

シングルフックだとフッキングする範囲が狭い為、ミスバイトが頻繁に起きてしまうことは確かだ。

そんなときにダブル型のアシストフックを使用することで、フッキングさせる範囲が広くなり、ミスバイトもシングルフックよりかは拾いやすくなることは間違いない。

  • S(5本)
  • M(5本)
  • L(5本)

Shout!(シャウト!)のワインドアシストフックはカラーリングが「レット」「ホワイト」の2種類が用意されている。

ミスバイトを極力抑える角度の鈎角度70度で成型されているダブル型アシストフックだ。

収縮チューブを2層にした固定力の為、アクションの多いワインドでもダートの邪魔になることは無い。

がまかつ(Gamakatsu) ワインドトレーラー ダブル

がまかつ(Gamakatsu)からダブル型アシストフックの「ワインドトレーラーダブル」が製品化されている。

先ほどの「ワインドトレーラーシングル」の針を2つにすることで、魚へのフッキング率をさらに高めた製品となっている。

シングルフックではミスバイトも多発してしまう為、最近ではダブル型のフックを使用することが多い。

  • #4(サイズ:小)
  • #2(サイズ:中)
  • #1(サイズ:大)

キャップが柔らかい樹脂で製作されている為、ワンタッチで装着することができる。

こちらの製品も内容量が多く、コストパフォーマンスも優れている為、初心者から上級者の方へと幅広く使用されているアシストフックである。

シングルフックよりも存在感が強い為、デイゲームよりもナイトゲームに使用したい製品である。

自作のワインド用アシストフックを作成する場合

ワインド専用のアシストフックは自作することもできる。

初期の材料費は高くなってしまうが、人生で購入するアシストフックの量(値段)を考えると、総合的にコストパフォーマンスの削減に繋がることは確かだ。

ワインドのアシストフックは固定されることが多いが、アシストラインを使用することで、ヒラヒラと強いアピールを示し、吸い込みがしやすいアシストフックを作成することができる。

その他にアシストフックを自作することによるメリットは、

  • コストパフォーマンスが高い(総合的に見て)
  • ワームの長さに合わせてアシストラインの長さを調整できる
  • アシストラインを使用することで吸い込みが良くなる
  • アピール力を示すことができる

デメリットはアシストフックがアシストラインで作成されている為に固定されない。

したがって、アクション時にジグヘッドなどに絡まってしまう可能性があることだ。

その点を考慮しつつ自作のアシストフックを作成して欲しい。

以下のリンク先でワインド用のアシストフック(アシストライン使用)の作り方を解説している。

自作のワインド専用アシストフックを作成する方法
ワインドで使われる針(フック)は 「トレブルフック」 といわれる3形状のフックを使用する。 このトレブルフックの背面にアシストフックを装...

まとめ

いかがだろうか。

様々のアシストフックの中でも人気度(使用率)の高いアシストフックを紹介した。

レポ部では「アシストラインを使ったアシストフックの作成歩法」をレポートする他にも、デメリットを無くしたワインド専用アシストフックの作成歩法についても解説する予定である。

ワインドに興味を持った方は以下のリンク先で仕掛けとタックル、釣り方について学んでみて欲しい。

ワインドの基本と基礎 - Wind Fishing -
ワインドでターゲットとする獲物はタチウオだけではない。 サワラ、ツバスなどの青物、ヒラメ、カレイなどのフラットフィッシュ、メバル、ガシラ...