ライトショアジギングに持って行くと便利なグッズ&アイテムのまとめ

ライトショアジギングをしている少年

ライトショアジギングは岸(ショア)から、大きめの魚類をターゲットとするルアーフィッシングである。

ショアジギングよりも使用するルアーは軽いものが多いが、魚のサイズはショアジギングにも負けない大きさの獲物を釣り上げることができる。

そんなライトショアジギングに持って行くと便利&役に立つグッズについて、今回は注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
ライトショアジギングに持って行くと便利なグッズ&アイテムのまとめ
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

コンパクトナイフ

コンパクト型のナイフは必需品では無いが、持っていると何かと便利であることは確かだ。

釣った魚をその場で捌くこともできる為、クーラーボックスに入らない魚を三昧卸にすることで、クーラーボックスの収納スペースを大幅に確保することができる。

更には、アニキサスなどの寄生虫が住んでいるとされる内臓類を取り除くことで、持ち帰って食べる際には安心して生食することができる。

アニキサスは魚の死後、筋肉部分に移行するという特性がある為、その場で捌くことは、生食をする私達にとっては、非常に安心することができるのだ。

キャンプ道具に使用されるコンパクトナイフだが、銃刀法違反、軽犯罪法違反に該当してしまう為、頑丈で厳重な入れ物(小箱)にナイフを入れて持ち運ぶことを推奨する。

偏光サングラス

ライトショアジギングは、岩場、防波堤の先端、磯場などの日の当たる環境で行うことが多い。

日光が目に長時間当たる環境に居ると、目が紫外線によって焼かれてしまうのだ。

メガネスーパーの公式サイトによると、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性があり、症状が進めば、角膜炎(かくまくえん)になるリスクも高まるとのこと。

ライトショアジギングで偏光サングラスを装着する理由は紫外線対策だけではない。

海面上に起きる光の反射を防ぐことができる為、ナブラ、潮の環境、潮目の終着点なども、光に邪魔されること無く、確認することができるのだ。

ジグサビキ

ジグサビキとは、フックが2〜3つ付いているサビキをキャスティング用にした仕掛けである。

中々、釣ることが難しい環境では、ジグサビキを使用することで、釣果を上げることができる。

その釣果の高さと人気度から、ライトショアジギングのアングラーには 「ジグサビキはライトショアジギングのカテゴリーに入れないでくれ」 との頑固な意見までも出始めている。

しかし、本来のライトショアジギングの性質は 「ショアジギングよりもライトなタックルを使用すること」 なのである。

ツベコベいわずに、ジグサビキを使用して、ルアーで釣ることの楽しさを毎日味わって欲しい。

フィッシングプライヤー

フィッシングプライヤーはフックを魚の口元から引き離す際に使用する。

片手でフィッシュグリップでホールドしながら、フィッシングプライヤーでフックを離すのが理想だ。

ライトショアジギングでは、サワラ、カマス、タチウオ、サゴシなどの歯の鋭い魚類もターゲットとしている。

万が一の為にも、両手は魚から引き離して、フックを引き離すなどの処置を行うことが大切となる。

メタルジグの交換のときにスプリットリングを介して交換する方がほどんどだ。

そんなときにプライヤーがあれば一瞬でジグの着脱が可能となる為、持っておけば一石二鳥の役割を担ってくれるのがフィッシングプライヤーなのである。

救命道具(ライフジャケット)

磯場、岩場、防波堤、波止など、様々な環境で釣りを行うライトショアジギングでは、ライフジャケットは必要不可欠なツールであることは確かだ。

ベルトタイプ、ネックタイプ、ベストタイプとライフジャケットにも様々な種類が存在するが、ライトショアジギングではベストタイプが使用されることが多い。

メタルジグ、ミノー、バイブレーションなど、使用するルアーが幅広い為、小物入れが複数ヶ所付いているベストタイプのライフジャケットは非常に使いやすいのだ。

ただ、アクションするときにロッドとライフジャケットがこすれ合うこともある為、アクション性には欠けているのかも知れない。

しかし、他のタイプのライフジャケットよりは浮遊力がある為、命を第一に考えるならベストタイプのライフジャケットを選択して欲しい。

クーラーボックス

ライトショアジギングでは、釣れるサイズが予想できない為、大きめのクーラーボックスが必要となる。

ハマチなどの大きめのサイズ、ガシラなどの小さめのサイズと、ターゲットとなる獲物のサイズは極端に違ってくる。

アジングなどのアジを目的とした釣り方ならば、ビククーラー、ミニクーラーボックスなどを持っていれば収納可能だが、ライトショアジギングは異なるサイズが多い為、大きめのクーラーボックスを選択して欲しい。

キャリー付きのクーラーボックスはテトラポットなどの不安定な場所には向かないが、車から少し離れている釣り場へ向かうときは、非常に使いやすい。

クーラーボックスの上に荷物を載せることもできる為、コンパクトテントなどの荷物をハンガーで固定することも可能なのだ(ハンガー別売)。

フィッシュグリップ

フィッシュグリップとは大型の魚類を対象としたフィッシングツールである。

サワラ、真鯛、サゴシ、カマスなどの歯の鋭い魚類は、不用意に口元を手で触れてしまうと、血まみれになってしまうこともある為、必ず、フィッシュグリップを使用してホールドすることを推奨する。

小型のフィッシュグリップは、ショアジギング、ライトショアジギングでは不向きとされている為、取っ手部分が長いフィッシュグリップを選択して欲しい。

ワニグリップ、メゴチバサミなどのハサミ型のホールド機器は、タチウオなどの平べったい魚、小さい魚を対象としている為、胴が太めの魚(サワラ、ツバス、ハマチ)はホールドすることができない。

様々な釣り方にも対応するには、フィッシュグリップを使用することを推奨する。

ストリンガー

ストリンガーは確保した獲物を海の中に保管するロープ付きのフィッシングツールである。

鮮度を保つには抜群の効果を発揮するストリンガーだが、使用する場所が限られてしまうことは確かだ。

防波堤、波止などの水深がある場所でしか使用できないのだ。

浅瀬でストリンガーを使用してしまうと、ストリンガーで捕獲した魚が死んでしまう可能性もある。

ただ、血抜きした魚を海で洗い流すには、便利なツールであることは間違いない。

たまに、血抜きした魚を塩水にさらしているアングラーを見かけるが、魚の筋肉がブヨブヨになってしまう為、長時間の間、塩水に浸けることは推奨していない。

ストリンガーは使用する場所が限られてしまうツールでもある為、よく考えてから使用して欲しい。

ライディングネット&タモ網

大きな魚類を釣り上げるライトショアジギングでは、ライディングネットは必要不可欠のツールだ。

防波堤などの足場の高い場所で行うことも多いライトショアジギングだが、魚を足元まで寄せることはできるが、引き上げる際にロッドが柔らかいと、魚の重さによりロッドが折れてしまう可能性もある為、取り込むことができない。

とはいっても、ランガンで多くのポイントを攻めることも多い為、移動を考慮してコンパクトに折りたためるライディングネットを推奨する。

以下のリンク先では 「釣りで使える玉網(ライディングネット)」 のオススメについてレポートしている。

釣りで使える玉網(ライディングネット)のオススメを厳選してみた
様々な釣法で必要なツールとして、玉網(ライディングネット)が挙げられます。 この玉網は「足場の高い釣り場からの魚の取り込み」や「竿が折れ...

まとめ

いかがだろうか。

ライトショアジギングは、青物、根魚、フラットフィッシュなどの様々な魚類をターゲットとすることができる。

親しまれているルアーフィッシングの1つでもあり、若者を中心に広がりを見せている、今流行りの釣り方であることは間違いない。

是非、便利グッズ&アイテムを揃えて、ライトショアジギングを行なってみて欲しい。