アジングに持って行くと便利なグッズ&アイテムのまとめ

大量のアジ

アジングとはアジをターゲットとするルアーフィッシングである。

アジは釣り場の至る所に存在する為、非常に釣りやすい魚種であることは確かだ。

そんなアジングに持って行くと便利&役に立つグッズについて、今回は注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
アジングに持って行くと便利なグッズ&アイテムのまとめ
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ワニグリップ

アジを掴むツールはワニグリップで決まりだ。

ワニグリップはハサミ先端に魚を逃がさないようにワニの口に似たてたギザギザの歯並びでキッチリとホールドすることができる。

アジ、カサゴ、メバルなどの小魚、アイナメ、ベラなどのヌメヌメとした魚、カマス、カワハギなどの危険な魚類も安心してホールドすることが可能だ。

軽量のプラスチックで制作されており、カラビナ付きのホルダーを使用すれば、ワンタッチで取り外し獲物を掴むことができる優れたフィッシングツールとなっている。

ビククーラー

渓流/渓流釣りで魚をストックする道具として使われるのが”ビククーラー”である。

ビククーラーで獲物をストックし、離れた場所(車内)にあるクーラーボックスへと移し替える。

ランガンが主体となるアジングでは、軽量で持ち運びに便利なビククーラーは、役に立つグッズの1つであることは間違いない。

ビククーラーの優れた箇所は、ワンタッチに獲物を入れることができる投入口が付いていることだ。

さらに、商品によっては、表面に小物入れが付いていることが多く、ワーム、ルアー、ジグヘッドなどの様々なアジングに必要な道具を入れることができる。

ライディングネット&タモ網

ライディングネットとは、魚類を取り込む際に使われる、コンパクトな網のことである。

通常のタモ網は長さも尋常じゃない為、アジングなどの小さい魚を取り込むには向いていない。

ライディングネットはコンパクトサイズに収納できる、ランガン専用のタモ網である。

アジの横頬は千切れやすい為、取り込むときに口切れが起きてしまい、ポロッと海へと落としてしまう場合も少なくはない。

ライディングネットでアジを取り込むことで、アジを傷つけること無く、スムーズにキャッチすることができるのだ。

アジを締めるツール -アジ〆ピックEVA –

1つ1つ丁寧にアジを締める方に推奨するツールである。

TICT(ティクト)の”アジ〆ピックEVA”を使えば、時間をかけずにアジの神経締めを行うことができる。

クーラーボックスを持ち運ぶことの少ないランガン主体のアジングでは、氷を用意することができない。

したがって、氷締めをすることができない為、鮮度が落ちてしまうことは確かだ。

アジ〆ピックEVAを使用すれば、その場で神経締めをすることができる為、身が柔らかい状態を保つことができるのだ。

救命道具(ライフジャケット)

アジングだけで無く、アングラーならば安全性を考慮して、ライフジャケットは身につけておきたい。

ランガンが主体となるアジングは軽量サイズ(ベルトタイプ)のライフジャケットを推奨する。

ベストタイプは小物を入れるスペースが用意されているが、防弾チョッキを着ているかのような、分厚い体型となってしまい、アクション(動作)の邪魔になってしまう可能性も否定できない。

歩く動作、キャスティング、屈伸などの運動をスムーズにこなすならば、ベルトタイプのライフジャケットが役に立つことは間違いない。

ヘッドライト

アジングはデイゲーム(日中)より、ナイトゲーム(夜釣り)の方が釣果は出やすい。

ただ、足場の不安定な場所に行くこともある為、足元の安全を確保するには明かりが必要となる。

テトラポットなど凸凹している場所は要注意で、一歩間違うと、重大な事故へとなってしまう場合もある。

ヘッドライトを使用すれば、足元だけで無く、前方の広範囲に明かりを灯すことができる為、ナイトゲームが主となるアングラーには必要不可欠なツールである。

仕掛けにも明かりを灯すことができる為、ルアーとガイド部分が接してしまうことによるロッドの破損を防ぐことができ、エサ付けの確認、誰かが落下した際の救助にも役立てることができるのだ。

ライター / ジッポライター

アジングをしていると、フグ、ベラ、カマスなどの外道がフッキングしてくることもある。

これらの意図しない魚類によって、ワームが千切られたり、凸凹になってしまうことも珍しくはない。

そんなときには、ワームをライターで炙って、本来ある形に復元してあげることをオススメする。

2つのワームの切断部分を火で炙ることでワームが溶け始める。そして、2つのワームの切断面を引っ付ければ元の1つのワームになる。

意外と簡単に復元できる為、アジングアングラーだけで無く、メバリング、ワインド、ガシリングなどのアングラーも知っておきたい知識の1つである。

まとめ

いかがだろうか。

数々の便利グッズ&アイテムを紹介したが、釣行には万全を期して挑むことが大切である。

ファミリーフィッシングで有名な場所では、子供たちが走り回る為、海へと落下する心配もある。

クーラーボックスを改造し、ビート板をクーラーボックス下に付けることで、浮き代わりにもなる為、海へと落下した際の救命道具にすることもできるのだ。

ちょっとした気配りを持っている道具に取り入れることで、釣り場の救命士になれることは間違いない。