ワインドの基本と基礎 – Wind Fishing –

ワインドの仕掛け

ワインドでターゲットとする獲物はタチウオだけではない。

サワラ、ツバスなどの青物、ヒラメ、カレイなどのフラットフィッシュ、メバル、ガシラなどの根魚もターゲットとすることができる。

強制的に捕食スイッチを入れるアクションを行う為、時期、環境にも振り回されることが少ない、アングラー次第で釣果が変化する釣り方なのである。

そこで、レポ部では・・・
ワインドの基本と基礎 – Wind Fishing –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ワインドとは?

ワインドとは、ラインスラッグ(糸ふけ)を利用することで、ジグヘッドを左右にアクションさせて獲物を誘うルアーフィッシングである。

ショアジギングなどのメタルジグでは上下にアクションするのに対し、ワインドでは上下左右と広範囲に動作する為、魚側からの視野範囲に入りやすい。

ただ、ショアジギングより、扱うジグヘッドの重さが軽量となる為、飛距離という面からすると圧倒的に不利であることは確かだ。

マズメなどの短時間の捕食タイムでは、抜群のアピール力を示す為、ショアジギングからワインドへと切り替えるアングラーも多く見られる。

対象魚としてはタチウオが有名だが、ツバス、マゴチ、サワラ、サゴシ、ヒラメなどの幅広い魚類をターゲットとすることができる汎用性のある釣り方でもあるのだ。

釣れる場所

ワインド釣法は、防波堤、波止、磯、岩場などの様々な場所で行われる。

ただ、タチウオ釣りの印象が強い為か、タチウオが釣れる季節、場所で行われることが多い。

適しているポイントは以下のリストを参考にして欲しい。

釣れやすいポイント
  • 沖に面している防波堤
  • 水深が深い場所
  • 朝マズメ/夕マズメ
  • 潮が集まっている場所

ワインドの場合はケミホタルを付けることで夜釣りにも気軽に対応することができる。

環境に対応しやすいのもワインド釣法の特徴の1つであることは間違いない。

いずれにしても、事前に地域の釣果情報を調べてから釣行することを推奨する。

釣れる時期、時間

ワインドは、根魚、青物、フラットフィッシュなどの様々な魚種をターゲットとすることができる。

このことから、年中釣れる釣り方としても有名だが、タチウオが釣れる時期をシーズンインとするアングラーが多い。

したがって、タチウオを基点として狙うならば「夏」から「秋」にかけて釣行するとタチウオを狙いつつ、様々な魚類もターゲットとすることができる。

冬などのオフシーズンといわれる季節でも、メバル、カサゴなどの「冬」に活発になる魚も狙うことができるので「冬」でも積極的に狙ってみて欲しい。

釣れる時期

タチウオの釣れる季節は「夏」から「秋」である。

すなわち、7月~11月がワインドで良型のタチウオを狙える絶好の時期だといえる。

この時期に釣行すると、タチウオを含めた様々な魚種をターゲットとすることができる。

夏~秋の季節は気候が温暖となる為、様々な魚類が活発化する。

上手くいけば、アジ、サバ、ツバス、アカハタ、カマスなどの魚種もターゲットとすることができる釣りに適した季節なのである。

釣れる時間

デイゲームでも釣れるが、タチウオは夜行性である為、ナイトゲームが基本となる。

夕方から明け方に活動する為、夕マズメから朝マズメにかけて釣行するのが、効率の良い釣り方だ。

タチウオは光を好む特性を持っている為、ナイトゲームでタチウオを狙う場合は、ケイムラ発光、グロータイプのワームを使用するなどの工夫をすると良い釣果に繋がりやすい。

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

竿(ロッド)の選び方

ワインドではダートのキレが良いか悪いかで釣果が決まる。

したがって、メリハリのあるダートを生み出すには短めのロッドが好ましいといえる。

ただ、極端に短いロッドを使用してしまうと、突っ張ったアクションとなってしまう為、ディップの柔らかいロッドを選択するか、リールの巻き取り量を少なめにしてアクションを小さい範囲で行うなどの工夫が必要となってくる。

ワインドの初心者は以下のリストを参考にしてロッドを選ぶと良い。

長さ 8.0フィート〜8.6フィート ハリのあるアクション(8.0Ft)、ゆったり目のアクション(8.6Ft)
パワー Mクラス〜MHクラス 硬くすればするほど跳ねるような動きになる
ルアーウェイト 7グラム〜30グラム 投げたいジグヘッドの重さに合わせる
価格 6000円〜 軽いロッド(アクションによる負担を減らす)

ワインド専用ロッドが無くても、ルアーウェイトを満たしている”エギングロッド”なら代用は可能だ。

ただ、グリップが短めである為、エギングロッドだとアクションが疲れる。

ワインド専用ロッドはグリップが長めに作られている為、疲労が溜まりにくく、一定のリズムでアクションをすることができるメリットを兼ね揃えているのだ。

▼ 7グラム~17.5グラムに対応しているワインドロッド

メジャークラフト(Major Craft) ロッド ソルパラワインドモデル ソルパラワインドモデル SPS-832MLW

▼ 7グラム~21グラムに対応しているワインドロッド – おすすめ!

メジャークラフト(Major Craft) ロッド クロステージワインド CRK-862MW

▼ 10グラム~28グラムに対応しているワインドロッド – おすすめ!

▶ メジャークラフト(Major Craft) ロッド クロステージワインド CRK-832MHW

▼ 30グラムまでのワインドジグに対応しているワインドロッド

メジャークラフト(Major Craft) ロッド ソルパラ太刀魚 SPS-902Tachi

リールの選び方

ワインドでは、アクション時に出るラインスラッグ(糸ふけ)を利用することで、ジグヘッドを左右にダートさせる。

その為、1シャクリとリールの1回転で巻き取る量のバランスが大切となってくる。

ワンアクションしたときのジグヘッドの動きからでるラインスラッグ(糸ふけ)の量よりも、リールを1回転させたときの巻き取り量が同じ、または少し超える程度に設定されているのが理想だ。

ハイギアなどの巻き取る量が多いリールを選択してしまうと、ラインスラッグ(糸ふけ)を回収した後のジグヘッドが前進する幅が広くなる。

対して、小さいリールを選択してしまうと、アクションする幅が狭まってしまい、キレが無くなったアクションとなってしまう為に注意が必要となる。

ワインド初心者に推奨するリールのスペックは以下のとおりだ。

品番 2500番〜3000番 万能タイプ(2500番)、シャクリが大きい方(3000番)
自重 軽いもの アクションに疲れないもの
糸巻き量 150m巻けるもの(PE:0.8号〜1.2号) ダートに違和感を与えない太さ
ギアタイプ ノーマルギア ハイギアは巻き取り量が多い為に非推奨
価格 5000円〜 頑丈、軽い、パワー

ロッドが長いとアクションする際にラインスラッグ(糸ふけ)が多くなる為、通常のワインドに使うロッドに対するリールの大きさよりも、スプールの大きいものを選択する。

8.0フィート(Ft)前後のロッドを使用する場合は2500番のリールを、9.0フィート(Ft)前後のロッドを使用する場合は3000番のリールを用いると丁度良いラインスラッグ(糸ふけ)を回収しながらアクションすることができる。

▼ 8.0Ft前後のロッドを使用している方は万能タイプのワインドリール(2500番)

▶ SHIMANO(シマノ) リール 12 アルテグラ 2500S 29331  – おすすめ!

ダイワ(Daiwa) リール 15 フリームス 2506

ダイワ(Daiwa) リール 14 カルディア 2506

▼ 9.0Ft以上のロッドを使用している方は大きいシャクリによるラインスラッグを取ることができる熟練タイプ(3000番)

ダイワ(Daiwa) リール 12 ジョイナス 3000

SHIMANO(シマノ) リール 13 セフィアBB C3000S 31860

SHIMANO(シマノ) リール 15ストラディック C3000  – おすすめ!

ワインドでのメインラインとショックリーダー

ワインドではメインラインの先にショックリーダーといわれるフロロカーボン製のラインを結束させる。

メインラインにはPEラインの0.8号~1.2号が良く使われており、リーダーは4号~6号のリーダーを1mほどにカットして、メインライン(PE)と直結させる。

PEライン(号数) リーダー(号数) 釣れるサイズ(目安)
0.8 4
1.0 5 中(平均サイズ)
1.2 6

根ズレに弱いPEラインの特性を補うために、根ズレに強いとされるフロロカーボン製のショックリーダーを付けることで、お互いのデメリットを克服することができるのだ。

ただ、タチウオなどの歯の鋭い魚を視野に入れると、ワイヤーリーダーを使用した方が、ラインを切られずに確実に取り入れることができる。

ワイヤーリーダーについては後述でも解説している。

ワイヤーリーダー

ショックリーダーがラインで作られているのに対し、ワイヤーリーダーは滑らかな針金(ワイヤー)で作られている。

ショックリーダーの代わりに、またはショックリーダーの先端にワイヤーリーダーを繋げることで、根ズレ、歯の鋭い魚から、完璧にラインとジグヘッドの結束部分を保護することができるのだ。

ワインドに適したワイヤーリーダーのサイズは以下のリストを参考にして欲しい。

  • #48(大きさ)
  • 7cm~12cm(長さ)

ただ、ワイヤーはラインとは違い、柔らかさに欠けていることも事実である。

ワイヤーリーダーを使用してしまうと、張りのあるアクションとなり、ぎこちなくなる為、釣れる確立も下がることを頭に入れておいて欲しい。

食いが悪いときにはワイヤーリーダーを使わずに、ショックリーダーを使用することを推奨する。

ワインドアクションの手順

ワインドでのアクションは通常のシャクリとは違い、ラインスラッグ(糸ふけ)をワザと残す。

このときに出るワインドのラインスラッグは2箇所ある為、どちらのラインスラッグを取れば良いのか初心者には分かりにくい。

そこで、初心者の方にもわかりやすく、文章でワインドのアクションについて解説していくことにする。

ワインドのアクション方法
  1. ロッドを斜めに上げた状態にする(ラインは張った状態)
  2. ロッドを下ろしたら元の斜めに上げた状態に戻してリールを1回転させる(ジグヘッドが前進した距離だけラインスラッグを回収)
  3. 繰り返し

竿(ロッド)を張った状態から下ろしたときに出るラインのたるみが第一のラインスラッグ、素早くロッドを上げた状態にしたときにジグヘッドが前進することで出る糸のたるみが第二のラインスラッグとなる。

回収するのは第二のラインスラッグとなる為、リールの一回転での巻き取り量とアクション時のバランスが大切となってくるのだ

激キレダートを生むワームのセッティング術

綺麗なダートを意識しながらアクションすることは大切であることは確かだ。

ただ、綺麗なアクションを意識したからといって、必ず左右にダートするとは限らない。

  • アクション方法は悪くないのに左右にダートしない

このような違和感を感じる方はワームのセッティングが上手くできていない可能性がある。

ワームは真っ直ぐなものを使い、ジグヘッドと平行になるようにセッティングする。

平行に付けることができたら、海へキャスティングし、スイミング姿勢をチェックする。

ワインドワームを真っ直ぐに調整
  1. 海へキャストする
  2. 海面近くでリトリーブ(ただ巻き)しながらジグヘッドを観察する
  3. ジグヘッドが右方向に反れるようならばジグヘッドを右側に取ってワームだけを少しだけ右に回転させる(左方向に反れるようならばワームを左に回転)
  4. ジグヘッドが真っ直ぐになるまで繰り返す

ある程度、真っ直ぐに調整できたからと妥協せずに、完全に真っ直ぐにすることが大切となる。

製品によっては尾っぽに欠陥(クセ)があるワームも存在する。

クセのついたワームは、熱湯で茹でて真っ直ぐになるようにケースに保管すると元通りになる。

万全のワームセッティングでワインドのアクションをすることが大切なのである。

ワインドのアクションのコツとは?

シャクリのアクションは跳ね上げるイメージが強い。

しかし、ワインドのアクションではラインを張るだけ、すなわち、ロッドを下ろしたときに素早くロッドを元の状態(ラインを張った状態)にすることを、永遠に繰り返す作業的な釣り方なのである。

ラインを張った状態にしたときに、ルアーが前に進む距離だけラインスラッグ(糸ふけ)が出るので、リールを1回転してラインスラッグ(糸ふけ)を回収する。

注意すべき箇所はロッドを下げたときに素早くロッドを上げることである。

ロッドを下げることによってラインスラッグが出る訳だが、下げた状態にして、しばらくすると、ジグヘッドの重みによってラインが張ってきてしまうのだ。

完全にラインが張った状態でアクションをしてしまうと、ラインスラッグが無くなってしまう為、左右のダートが直進のダートへと変わってしまうのである。

これでは故意で作ったラインスラッグ(糸ふけ)が意味を成していないことになる。

下げた状態にし、素早くロッドを上げることで、自分でラインを張る動作をすることにより、左右のダートが可能となるのだ。

ロッドの破損に繋がるキャストの方法とは?

ディップの柔らかいロッドで、重いジグヘッドを使って、無理なキャストをしてしまうと、ロッドの破損へと繋がってしまうことを頭に入れておいて欲しい。

そんなときには、ジグヘッドからディップまでの垂らしを長く取ってあげることで、無理のないキャスティングを行うことができる。

元のガイドから、その上のガイドの中間にジグヘッドが来るようにして、キャストをするとガイドが痛みにくい。

キャストする際には振り子のように大きくキャストすると、ガイドも痛みを軽減でき、飛距離も出すことができる。

ライトショアジギング、ショアジギングなどの重たいジグを投げるときにも、この方法を活用して欲しい。

綺麗なダートを生むジグヘッド

ワインドでは、左右のダートするアクションを魚から見て、違和感を極力少なくし、再現することだ。

左右のダートを生み出すには、ジグヘッドを三角形状にする必要がある為、ワインドゲームで開発されているジグヘッドは同じ形状をしている物が多い。

ただ、カラーリング、重量、発光タイプは製品によって異なってくる為、状況にあった使い方ができる幅広いジグヘッドを用意しておくことが大切となる。

数あるジグヘッドの中でも評価が高いジグヘッドは以下のとおりだ。

▼ 初心者にはコストパフォーマンスの優れているジグヘッド

クロスファクター 稲妻ヘッド G(グロー) (1/2OZ)

▼ 実績から上級者に推奨しているジグヘッド

メジャークラフト ジグパラワインド用ヘッド JPWH-5/8OZ GLOW 夜光 5/8OZ (17g)

オンスタックルデザイン ZZヘッド シルバー 1/2oz

人気の高いワインドワーム

ワインドゲームはルアーフィッシングの中でもメジャーな釣り方である。

その為、専用のワームが数多く揃っており、初心者には選びにくいことは確かである。

そこで、数あるワインドワームの中でも評価が高い、5つのワームについてレポートしていくことにする。

MANATEE(マナティ)

OZ(ounce tackle design)からワインドゲーム用のワーム”MANATEE(マナティ)”が製品化されている。

ワインドで使われている最も人気のワームであり、認知性と信頼性が高いワームだ。

スラっとしたボディから水抵抗を流れるように受け止めることができることから激キレダートを実現。

ジグヘッドを取り付けるフロント部分には、ワームを真っ直ぐに刺しやすいようにあらかじめ穴が空いている為、スムーズかつ、まっすぐに取り付けることが可能となった。

  • 水を切り裂くようなカミソリダート
  • カラーバリエーションは40種類以上
  • ワームのセッティング、交換がスムーズ
  • 90mm・75mm(5本)/60mm(6本)

ワームのセッティング、交換がスムーズにできる為、透き通っている海にはナチュラル系、濁っている海にはアピール系と使い分けることができる。

ワインドを始めるならば最初はマナティーからといわれているほど人気のワームなのである。

匠魚(TAKUMinnow)

OZ(ounce tackle design)からシャッドテール型ワーム”匠魚(TAKUMinnow)”が製品化されている。

MANATEE(マナティ)よりもテール(尻尾)が大きく作られており、アピール度を重視した設計となる。

テールが大きい分、海へと伝わる波動、振動が大きくなる為、その存在感で食わせるのがシャッドテールの特徴である。

アクションはもちろん、リトリーブ(ただ巻き)でもフッキングするモデルである。

  • リトリーブだけでフッキングするモデル
  • 海中で大きな波動、振動を演出
  • ナチュラルアクション
  • カラーリングは25種類以上
  • 75mm(5本)/60mm(6本)

アクションのわからない初心者の方でも、匠魚(TAKUMinnow)を使うと、リトリーブ(ただ巻き)だけで、簡単に釣ることが可能だ。

シーバス、タチウオ、ヒラメ、青物などには抜群のアピール力となる為、是非、使ってみて欲しい。

Spark 75/85

コーモラン(CORMORAN)からワインドゲーム専用ワームである”Spark”が製品化されている。

ボディには歯が鋭いタチウオなどの魚類にも噛み千切られにくいタフネス素材を採用。

張りのある素材で作られている為、水中で変形しにくく、安定した水中姿勢を実現したモデルだ。

ボディはジグヘッド・ワイヤーをセットしやすい下穴が付いており、付属のワームストッパーを使用すると、しっかりとジグヘッドにセットできる設計となっている。

  • 歯の鋭い魚類に強いタフネスボディを採用
  • 強靭なボディ素材が生みだす波動と俊敏なダートアクション
  • ケミホタルホルダー付き
  • カラーリングは10種類以上
  • 75mm(5本)/85mm(5本)

タチウオ、サワラ、サゴシなどに対抗できる柔らかいのに噛み千切られにくい性質を持っている珍しいワームである。

テール部分に頻繁にバイトして千切られてしまう場合は”Spark”に取り替えて使ってみて欲しい。

太刀魚ゲッター ピンピンフィッシュ

SHIMANO(シマノ)からワインドワーム”太刀魚ゲッター ピンピンフィッシュ”が製品化されている。

海中で生分解される素材で作られているワームであり、環境にやさしい仕様となっている。

触った感触はプニプニで柔らかいが、鋭い歯でも切れにくい素材で作られている為、フックの着脱を繰り返しても裂けにくい。

柔らかいが、耐久性を兼ね揃えているワームである。

  • びりびりスイマーヘッド(ジグヘッド)と使うと激しく尾を振るアピール系ルアーに変身
  • 水面直下のスローリトリーブに対応
  • ワインドが苦手とするリフト&フォールでの中層も攻略可能
  • ケミカルチューブ25に対応
  • ストレートシャフト穴、ワームキーパー穴、ケミカルチューブ穴の3つの穴が付いている
  • ケイムラタイプ
  • 80mm(全タイプ)

SIMANO(シマノ)で製品化されている「びりびりスイマーセット」「らくらくワインダーセット」にセットすると抜群に効果を発揮するモデル。

タチウオは光に反応しやすい魚でもある為、海中でキラキラと光るケイムラ塗装が施されている”ぴんぴんフィッシュ”は抜群のアピール力を誇るのだ。

ジグパラワインド MINNOW 84

MajorCraft(メジャークラフト)からワインド専用ワームである”ジグパラワイド”が製品化されている。

タチウオ、シーバス、青物、根魚など幅広い魚種をターゲットにすることができるワームである。

ミノー形状で作られているジグパラワインドは、ナイトゲームに威力を発揮する夜光タイプ。

カラーラインナップも数多く用意されている為、あらゆる環境でも釣果を発揮することができる。

  • 激キレダートにこだわったマテリアルと形状
  • ジャークの軽さ
  • 三角形状で作られている為、水切れが良く、抵抗が少ない。
  • しなやか、柔らかい、程よい硬さ
  • ナイトゲームで威力を発揮する夜光タイプ
  • 84mm(5本)

夜光タイプ、ケイムラパール、ケイムラピンクと3種類のカラーラインナップとなる。

コストパフォーマンスも高い為、ワインド初心者の方に人気の製品である。

サイコ・イナズマワーム

クロスファクター(CROSS FACTOR)からコストパフォーマンスの高いワインド専用ワーム”サイコ・イナズマワーム”が製品化された。

最近になって急上昇しているワインドワームだが、驚くべきはコストパフォーマンスの高さに似合わない内容量の多さである。

価格については諸事情で公表することはできない為、スペック後のリンクを参考にして欲しい。

サイコ・イナズマワームのスペックは以下のとおりである。

  • ダートアクションを起こしやすいボディシェイプ
  • 切れにくい、ズレにくい、ワインドワームの素材が強化されたモデル
  • ケイムラ仕様
  • ケミホタルホルダー付き(20/25)
  • ワームの取付や交換が簡単なキーパーホール
  • 75mm(5個)/90mm(5本)

性能面も素晴らしく、初心者に扱いやすい、キレの良いダートを演出する三角形状モデル。

初心者~上級者と幅広く扱われており、その人気から売り切れが続出している製品なのである。

まとめ

いかがだろうか。

アクションが多いワインドでも、アクションを使いこなすことができれば、さほど疲れない。

タックルバランスも考慮すると、パット部分を跳ね上げる軽快な動きの繰り返しだけで、アクションを行うことができるのだ。

年中楽しめる釣り方でもある為、オフシーズン(冬)だからといって諦めずに、いや、オフシーズンだからこそ、ワインド釣法で楽しんでみて欲しい。