PEラインにシュ!っとスプレーするだけ!フッ素コートでラインをメンテナンス!

モーリス(MORRIS)からPEラインに噴きかけるだけでメンテナンスが可能になるスプレーが登場した。

PEラインだけでは無く、ナイロンライン、フロロカーボンラインにも使用することができる。

釣行時のライントラブルが激減する為、アングラーから高い人気を得ている製品である。

そこで、レポ部では・・・
PEラインにシュ!っとスプレーするだけ!フッ素コートでラインをメンテナンス!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

使い方 -Use Spray-

使い方は至ってシンプルで簡単だ。

  • 新品のラインをリールに巻く際、ライン全体に噴きかける
  • スプールの上から噴きかける
  • 海に浸けた部位だけスプレーを噴きかける
  • PEラインが擦れるガイドの部分に噴きかける

使い方は様々で、ラインだけなく、ガイド部分にも使用することができる。

もちろん、PEラインを乾燥させた後にスプレーでコーティングするだけで、新品に似た滑らかさを得ることもできるのだ。

その他にも、熱に強い、潤滑性が高い、耐水性が高い、透明性が高い、安定した電気特性など、様々な効能を持っている優れた製品なのである。

ライントラブルの激減 – Line Trouble –

フッ素コートをラインに施すことで、ライントラブルが激減する。

フッ素コーティングをラインに施すことで、ラインがなめらかになり、滑りが改善されるからだ。

エギング、ライトショアジギング、ワインドなどのアクションを頻繁に行うルアーフィッシングでは、複雑なライントラブルがつきものだ。

PEラインでライントラブルに陥ってしまうと、解くのも難しい為、ラインを切断してしまうことが多くある。

そんなトラブルを未然に防ぐには必要不可欠なツールなのだ。

バッククラッシュの激減 – Back Crash –

ベイトリールを使用している方は「バッククラッシュ」といった現象になってしまった方はいないだろうか。

キャストする際にスプールが回りすぎることで起きる現象だが、この現象も未然に防ぐことができる。

ラインの滑りを良くすることで、スプールの回転に合わせて、ラインを排出することができるからだ。

余計に回転したとしても、その分ラインが放出されている為、ライントラブルには発展しにくいということである。

PEラインのメンテナンスはベイトリールには必要不可欠だといえる。

両軸受けリール(ベイトリール)で、スプールが回りすぎ余分な糸が出て絡むこと。仕掛けを飛ばすときになりやすい。最近では防止機構(シマノのデジタルコントロールなど)が組み込まれているが、それでも使いこなしに慣れが必要。スピニングリールでは機構上、バッククラッシュが発生しない。

バッククラッシュ|釣り用語

飛距離の改善 – Flying Distance –

ラインだけでなく、ガイド部分にも噴きかけることで、ラインとガイドの両方にスムーズな滑らかさを得ることができる。

飛距離アップはもちろんのこと、ガイドとラインが擦れることによる、ガイドのダメージを激減することができるのだ。

ナイロンライン、フロロカーボンラインは滑らかさが備わっているが、PEラインは複数の真糸を組み合わせて作られている為、どうしても、ガイド部分へと擦りあう度にダメージが蓄積する。

摩擦係数が減ることにより、スムーズなキャスティングと抜群の飛距離を実現することが可能となった。

まとめ

いかがだろうか。

このスプレーを使うことでラインの、耐久性、質、滑らかさがアップすることは間違いない。

ラインのメンテナンスにはモーリスの「PEラインにシュ!」を、是非とも使用してみて欲しい。