アジングの合わせ方とアタリの取り方を徹底解説

大量のアジ

初心者にはアジングという釣り方はハードルが高いとされている。

向こう合わせの釣り方なら、初心者でもリトリーブ(タダ巻き)だけで楽しめることは確かだが、積極的にアタリを取って行くとなると合わせが必要となるからだ。

つまり、アジのアタリを掴むことができなければ、良い釣果を得ることは不可能という訳である。

そこで、レポ部では・・・
アジングの合わせ方を徹底解説
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ノックされるようなアジの当たり – Case No.1 –

アジが吸い込んだ時のアタリは「コツン」「コッ・・・」「トン」と小さいアタリが多い。

これらのアタリが通常のアジングでの合わせを入れるバイトである。

感度が無いロッドだと、この小さいアタリを感じ取ることは難しい。

アタリが分からないという方は、感覚を研ぎ澄ませて感じ取ってみて欲しい。

竿(ロッド)に感度が無いと「ツンツン」「ブルブル」といった感覚と混在してしまう場合もある。

積極的にアジのアタリを掴み取るには感度のあるロッドを選ぶことがとても大切なのだ。

抜けるようなアジの当たり – Case No.2 –

感度が良いロッドだと「フッ」と抜けるようなアタリも感じ取ることができる。

「コツン」といった明確なアタリでは無いが、個体の小さなアジがアタックしてきたチャンスでもある。

大きいサイズのアタリには明確なアタリを感じ取ることができるが、小さなアジのアタリでは「フッ」と感じるような抜けるような感覚である。

これも、即座に合わせを入れることでアタリを取ることができる。

このアタリを取れるようになったら、貴方もアジング上級者であることは間違いない。

引っ張られるアジの当たり – Case No.3 –

アジは吸い込んだ後に反転し、逆の方向へと泳ぐ特性がある。

これは口に吸い込んだ時のアタリではない為、注意して欲しい。

「グーン」といったアタリに合わせは不要といわれている。反転力だけでフッキングするからだ。

反転時にフッキングするとフックが横向きになる。したがって、この時に合わせを入れてしまうと、アジで最も柔らかい横頬にフッキングする為、口元を切ってしまい、結果、バレやすくなる。

このようなアタリではリトリーブ(タダ巻き)で自然にフッキングするパターンが多い。

震えるようなアジの当たり – Case No.4 –

感度の低いロッドでも伝わりやすいのが「ブルブル」といったアタリである。

エサ釣りでもお馴染みのブルブルといったアタリだが、アジが口に入れた後のアタリとなる。

アジがルアーを口に含んでエサかどうかを探っているか、吐き出す瞬間、または弾いた瞬間も「ブルブル」といった震えるようなアタリを感じ取ることができる。

上顎への掛かりが浅い際にも「ブルブル」といったアタリを感じ取ることができる為、即座にどの状況でのアタリかを判別することは難しい。

「ブルブル」といったアタリで合わせを入れてフッキングしない場合は、アジがルアーを弾いた瞬間であり、フッキングした場合はアジが口に含んでいる状態でエサを探っている状態でのアタリとなる。

ただ、アジの場合は違和感を感じると即座に弾いてしまう為、このアタリでの判別方法は難しいとされているのだ。

以上のことから「ブルブル」といったアタリでは、自然にフッキングするのを待つか、口に含んでいることを予想して、即座に合わせを入れることが大切となる。

感度が良いアジングロッド

アジング専用ロッドは数多く製品化されている。

最近では、感度が伝わりにくいとされているソリッドディップでも、高感度な製品が多くなってきている為、ディップから決めつけてはいけない。

しかし、チューブラーディップの製品の方が、元来持っている空洞という性能を活かすことができる為、アタリを取る面からいうと、チューブラーディップの方が張りがある為、引っ掛けやすいことは間違いない。

従来からいわれているチューブラーディップの掛けやすさと性能を信じる方はチューブラーディップを、ソリッドディップが高感度だという近未来な考え方を持っている方はソリッドディップを選択して欲しい。

これから繊細なアタリをも感じ取ることができると有名な竿(ロッド)を3つ紹介したいと思う。

メジャークラフト(Major Craft) ロッド ソルパラ SPS-T762M

メジャークラフトから入門者向けのアジング用の竿(ロッド)が登場した。

チューブラーディップ(ディップが空洞)である為、感度が伝わりやすい特長がある。

高密度、高強度のEVAグリップを採用しているモデルで操作性に優れている。

Abu Garcia(アブガルシア) ロッド SaltyStage KR-X アジングカスタム SXAS-552LSS-KR

0.1gの重みさえ感じ取ることができる高弾性ショートソリッド採用しているアジングロッドだ。

1.65メートルのロッドで、アタリが手元に伝わりやすい為、アジングに特化した設計だといえる。

コルクグリップなのも魅力的で、さわり心地も良く、滑りにくい、カッコいいスタイルなのが特徴だ。

ダイワ(Daiwa) ロッド 月下美人MX AJING511UL-S・K

オリジナルの専用グリップ、チタンガイド、X45などのダイワ(Daiwa)の総技術を結集して作られたアジングロッドだ。

微かなアタリを確実に取って掛けていける超高感度設計な為、アジングの玄妙さ・醍醐味を申し分なく味わうことができる。

「大人の粋な遊び」を心行くまで堪能できる、性能と美しさを兼備した逸品である。

まとめ

いかがだろうか。

数々のアタリの判別方法を解説したが、結局は感度の良いロッドを選択することが肝心となる。

自然にフッキングするのを待つのも手だが、アジングを極めたい方は「コツン」といったアジ特有のアタリを感じ取ってフッキングに繋げて欲しい。

アジングの基本と基礎 - Ajiing Fishing -
アジングはアジをターゲットとしたルアーフィッシングである。 アジは、防波堤、波止、磯、岩場など様々な場所で釣ることができる魚だ。 ...