カニの特性と習性から釣りを考える – Crab Fishing –

カニの習性と特性

高級食材としても有名なカニだが、ズワイガニ、ケガニ、タラバガニ、ワタリガニなど、種類は様々だ。

カニ釣りは知られていないジャンルだが、ワタリガニ、イシガニなどを狙って釣るアングラーも存在する。

エサ持ちが良く、魚の切り身、イカ、魚を捌いた時の不要物(内臓)などでも問題なく釣ることができる。

そこで、レポ部では・・・
カニの特性と習性から釣りを考える – Crab Fishing –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

カニ – Crub –

カニを釣って食べるというイメージは湧きにくい。

しかし、竿(ロッド)を使って気軽にカニを釣れることはご存知だろうか。

釣りの対象となるのは「ワタリガニ」「イシガニ」「ヒラツメガニ」「モクズガニ」などの、サーフ、防波堤の近くに生息するカニとなる。

釣りの仕掛けについては後述でも解説しているが、市販で販売されているカニ網の中にエサを入れ、キャストし、網に引っかかったカニを釣り上げるといった単純な仕掛けである。

カニの分布は様々で、淡水・汽水・沿岸域から深海や洞窟まで、様々な水域に色々なカニが生息する。

しかし、純淡水を嫌うカニがほとんどの為、海水が混じっている「河口」や「海寄りの海域」で釣ると釣果が出やすいといわれている。

カニのエサとは – Bait of crab –

カニは肉類を好んで食べる。

魚の切り身、イカ、魚を捌いた時の不要物(内臓)などでも問題なく釣ることができる。

嗅覚が強い為、キツい匂いを発することができれば、遠くからでもカニは寄ってくる。

魚の不要物(内臓)を置いておくことにより、わざと腐らせ、カニのエサにするアングラーも少なくはない。

肉食で知られているカニだが、煮干し、いとみみず、ご飯粒、金魚のえさなども食べる為、どちらかというと「雑食向き」だということが判断できる。

カニの釣れる場所 – Catch the crab –

カニの分布は幅広く、淡水・汽水・沿岸域から深海や洞窟まで、様々な水域に色々なカニが生息する。

釣りのターゲットとなる「ワタリガニ」「イシガニ」「ヒラツメガニ」「モズクガニ」「タイワンガザミ」の分布は以下のとおりだ。

  • 浅い海の砂泥底:ガザミ(ワタリガニ)、タイワンガザミ
  • 浅い海の岩場:イシガニ、ヒラツメガニ
  • 河川の淡水域、河口、海水:モズクガニ

中でも「イシガニ」はテトラポットに潜んでいることもある為、手づかみでも捕獲することができる。

防波堤、波止、岩場の様々な場所で見られることができる「イシガニ」だが、小さい個体が多い為、味噌汁などのダシを取る素材に使用することが一般的である。

釣りのターゲットとなるカニは以下の5種類だ。

イシガニ

photo by:イシガニ

photo by:イシガニ

ワタリガニ

モズクガニ

ヒラツメガニ

タイワンガザミ

食べたら危険 – Poison crab –

カニ釣りは毒のあるカニも釣れてしまう可能性もある。

日本に生息している毒カニは「スベスベマンジュウガニ」「ウモレオウギガニ」「ツブヒラアシオウギガニ」の3種類が有名である。

触るぶんには問題はない、ただ、筋肉、内臓などに有毒成分が含まれている為、食べてしまうと死亡してしまう可能性がある。

過去にも死亡したケースが日本で報告されている為、非常に危険なカニ達なのである。

画像とシッカリと頭に入れておいて欲しい。

スベスベマンジュウガニ

ウモレオウギガニ

ツブヒラアシオウギガニ

カニ釣りの仕掛け – Crab gimmick 

160

カニは「網」を使って捕獲することができる。

市販で販売されているカニ網を使用することで、キャスティングができる仕掛けを作ることができる。

  1. 道糸(メインライン)の先に「スナップ付きサルカン」をセットする
  2. スナップ付きサルカンに「カニ釣り用の網(市販品)」をセットする

たったの2ステップでカニ釣りの仕掛けができてしまう為、セッティングはとても楽である。

投げ用のカニ網とは「エサを入れるネット」と「カニを絡ませるネット」が1つになったものだ。

オモリ側に付いている短めのネットにカニのエサを入れ、そのエサの重さによってキャストする。

カニ網の中にはオモリが付いている仕掛けもある為、遠くへとキャストする場合はオモリが付いているカニ網を選択して欲しい。

まとめ

いかがだろうか。

カニは、しゃぶしゃぶ、刺身、焼き物、カニ汁、鍋料理などの様々な調理法で使用されている日本では欠かせない食材だ。

しかし、人の寄生虫の中間宿主となるものがあり、日本では十分な加熱処理を経ていない淡水産のカニを食べてしまうと、肺臓ジストマ(肺吸虫症)に感染する可能性がある。

十分な加熱処理を加えてから食べて欲しい。

症状は創傷性肝炎、腹膜炎、胸水貯留、気胸、発熱、発咳、血痰などであり、血液所見は好中球数増加を伴う白血球数の増加を示す。人体寄生例では脳へと侵入した場合、頭痛、嘔吐、てんかん様発作、視力障害などを示し死亡することがある。

肺吸虫症|wikipedia