サビキ釣りで冬も釣果を得るポイントと秘訣 – Sabiki Winter –

冬のサビキ釣り

「冬」に釣果が出にくいといわれているサビキ釣り。

冬場になるとアジなどの回遊魚は温かい水温を求めて沖へと旅立ってしまうからだと考えられている。

そこで、レポ部では「冬」にサビキ釣りを行なっても、それなりに釣果を出す方法について、詳しく迫っていくことにする。

そこで、レポ部では・・・
サビキ釣りで冬も釣果を得るポイントと秘訣 – Sabiki Winter –
をレポートしていこうと思う。
スポンサードリンク

そもそも冬場は何故釣れないのか

冒頭でも解説した通り、アジ、サンマ、イワシ、サバなどの回遊魚は高い遊泳能力を備え、餌の発生、水温の変化、繁殖期などの条件に合わせて夏には高緯度地方へ、冬には低緯度地方へという回遊を繰り返す習性がある。

水温が高くなればエサとなるプランクトンも多く発生する為、サカナたちはエサがどの状況に発生しやすいかを習性により理解していると考えることができる。

サビキ釣りの対象魚としても馴染みの回遊魚だが、水温が低くても、プランクトンが発生する場所ならば居座る場合もある。

河口などの海水と淡水が交じり合う場所では、プランクトンが発生しやすい為、季節に関係なくプランクトンをエサとするサカナが釣れやすい傾向にあるのだ。

テトラポット

テトラポット周辺でターゲットとするサカナは「カサゴ」といわれる根魚である。

味噌汁、唐揚げ、刺身などで知られているカサゴだが、このサカナは「冬」でも釣ることができる。

障害物、穴などに隠れる習性があるので、サビキ釣りのコマセを使っておびき寄せてあげて欲しい。

カサゴは回遊魚ではなく、その場に居座って成長する為、ある程度の釣果を得ることが出来るのだ。

河口地域

河口は海水と淡水が混ざり合う為、植物性のプランクトンが発生しやすい状況になっている。

この区域にはプランクトンをエサとするサカナ達が集まってくるのだ。

河口は「冬」でも安定した釣果を得ることできる為、人気のポイントでもある。

ただ、海水魚は淡水を嫌うことは間違いない為、淡水の薄い区域を潮の流れにより推測し、植物性のプランクトンが波により海水へと混ざる場所を狙うと良い釣果が出やすい。

内向き(川に接する場所)ではなく、沖向き(海に接する場所)の防波堤、波止をポイントにしてに攻めると、潮がプランクトンをさらって海へと持っていく為、アジなどの回遊魚も釣れやすいのだ。

海が深い地域

サビキ釣りで対象魚となるアジは、水温10℃を下回ると釣るのが難しく、10℃を下回る地域の海では、より暖かい水温を求めて移動する。

ただ、水深がある海では、海層(タナ)によって温度が変化する。

海底に行くほど水温は温かくなり、アジの適性水温である10℃も満たしてる水深(タナ)もあるのだ。

このような地域では、アジなどの回遊魚でも南下すること無く、その地域に留まっている可能性もある。

潮が集合する場所

潮が集合する場所もサビキ釣りでの好ポイントといえる。

プランクトンなどのエサも潮の流れによって移動する為、そのプランクトンを求めてサカナ達も潮の集合地点へと集まってくるのだ。

潮の流れの最終地点(集合場所)を導き出せれば、その地点にコマセを落とすだけで、集合地点へと集まったサカナ達を釣ることができる。

投げサビキ、カゴ釣り、遠投サビキなど、キャスティングの距離を操れる釣り方で、潮の集合地点へとピンポイントにキャストして欲しい。

まとめ

いかがだろうか。

サビキ釣りは「冬」に釣果が出にくい釣り方としても有名だが、その他の釣法でも寒い時期は釣果が出にくいことは間違いない。

そんな時には、サカナの習性、潮の流れから、時期に合った釣り方を見つけ出して欲しい。

良い釣果を得るには、サカナ達のいる場所を予想し、推測することも釣りの楽しみではないかと感じている。

「冬だから釣れない」と決めつけるのでは無く「どうすれば冬でも釣り上げることができるのか」を今一度考察して欲しい。