【おすすめ】ロックフィッシュに便利なアイテムのまとめ

ダイソーワームで釣り上げたカサゴ

ロックフィッシュとはすなわち”根魚”のことを言う。

根魚の代表格としては、カサゴ、メバル、ソイ、アイナメといった根を住処とする魚達だ。

これらのロックフィッシュをターゲットとしたゲームをロックフィッシュゲームと呼び、近年では、話題性が高まって来ていることは確かである。

そこで、レポ部では・・・
【おすすめ】ロックフィッシュに便利なアイテムのまとめ
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ビククーラー

渓流/渓流釣りで魚をストックする道具として使われるのが”ビククーラー”である。

近年では、持ち運びの良さから、エギング、アジング、メバリングなどにも使用されるようになってきた。

ロックフィッシュでは、足場の悪い場所をランガンすることが多い。

危険回避の為に片手を常にフリーにしておく必要があるのだ。

ビククーラーは”腰”にかけることができる為、ランガン時には、とっても便利な製品である。

ビククーラーは、ウェストポーチも付いていることが多く、仕掛けの少ないロックフィッシュゲームに重宝することは間違いない。

救命道具(ライフジャケット)

磯、岩場、テトラポットなどの足場の悪い場所では、ライフジャケットは必ず着用する。

釣り人の義務であり、命を守る為には必要不可欠なツールの1つだと思って欲しい。

ライフジャケットには収納スペースもある為、”ビククーラー”に付いているポーチと合わせて、かなりの収納スペースを確保することができる。

ウェストポーチを別途用意する必要もなく、常に片手を空けて危険回避をすることができるのだ。

収納スペースを確保するには”ベストタイプ”を選択して欲しい。

フィッシュグリップ

根魚は意外と歯が鋭い。

さらには、ゴンズイなどの危険な魚が釣れることがある為、魚に触れないようにハリを外す必要がある。

そんな時に”フィッシュグリップ”を使用して欲しい。

製品によっては腰に付けることも可能な為、ランガンが主となるロックフィッシュゲームでは重宝するはずだ。

磯(スパイク) / テトラ(フェルト・ラジアル)

まずは、以下の2つのタイプを覚えて欲しい。

  • スパイクは地磯等の凸凹している部分に引っ掛け、『点』でグリップする
  • フェルトやラジアルは足裏全体の『面』でグリップする

テトラなどの凹凸が少ない部分にはスパイクシューズは危険すぎる。

フェルト・ラジアルは平べったい面の全体で歩ける為、テトラなどの平面には適している靴である。

これらの2つの使い分けを覚えていて欲しい。

フェルトシューズとスパイクシューズの両方のメリットとデメリットを受け継いだ”フェルトスパイク”と言われるシューズも磯用で開発されているが推奨はしない。

できるだけ、濡れている場所には行かず、それぞれの地形に合ったシューズを選んで、ロックフィッシュゲームを楽しんで欲しい。

ヘッドライト

夜釣りには”ヘッドライト”が必要不可欠となってくる。

間違っても、懐中電灯で照らしながら移動するなんてことは止めて欲しい。

ロックフィッシュゲームは、テトラポット、磯場、岩場などの足場が不安定な場所に行くこととなる。

移動の際に片手がふさがっていると、重大な事故に繋がる可能性もあるのだ。

頭の角度を変えるだけでライトを照らすことができる為、仕掛けをメンテナンスする際にも便利である。

ライター / ジッポライター

ロックフィッシュゲームで、ワームを噛じられて、ワームが凸凹になることは多くある。

そんな時には、凸凹になった部分のワームを千切って、2つの切断部分を火で炙ってあげることで再度引っ付けることができるのだ。

凸凹になったままだと、アクション性能が悪くなる他、スイミング性能も劣化することは確かである。

まとめ

いかがだろうか。

ロックフィッシュゲームでは、足場が不安定な場所へ行くことが多くなってしまう為、安全面を第一に考えて釣りを決行することが大切だ。

1人の釣行は避け、2〜3人で釣行し、お互いに危険を察知しやすい間隔にて釣りを行うのが基本だ。

これらの注意点を考慮し、万全を期してロックフィッシュゲームに挑んで欲しい。