【選ぶならコレ】エギング専用のギャフをオススメ順からセレクト

美味しそうなイカ焼き

エギングはエギという模擬エサを使用してイカを釣り上げる釣り方だ。

大きいイカになってくると取り込みの際に、ラインブレイクなどの不安があることは言うまでもない。

そこで、エギングでは、イカを取り込む際に使う道具として”ギャフ”という取り込み道具が開発された。

そこで、レポ部では・・・
【選ぶならコレ】エギング専用のギャフをオススメ順からセレクト
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

第一精工 オートキングギャフCS300

第一精工からコンパクトのランガンギャフである「オートキングギャフ CS300」が発売されている。

カラーリングは「イエロー」「ガンメタ」「レッド」の3種類。

この製品が人気の理由として、使いやすさ、収納性、安全設計と、3つの要素が関連している。

収納時にはセーフティカバーとキャップはロックされているので飛び出す心配はなく、リリースボタンを開くだけでキャップが開き、降り出すだけでギャフが飛び出し、片手だけで素早くライディングすることが可能なのだ。

オートキングギャフCS300のスペックは以下のとおりだ。

  • 収納時:32cm
  • 全長:300cm
  • 重量:410g

収納性も優れており、コンパクトに持ち運びでき、カラビナによって簡単に取り外しが可能だ。

マイハンガーはリバーシブルタイプとなっており、前後共に装着することができるのも魅力である。

第一精工 オートキングギャフ 630

第一精工からコンパクトのランガンギャフである「オートキングギャフ 630」が発売されている。

”オートキングギャフ CS300”よりも、最大全長が伸びた分、重量が増え、収納時のサイズも伸びている。

しかし、磯などの足元が高い釣り場にも使うことができる為、人気が高い製品だ。

オートキングギャフ 630のスペックは以下の通りだ。

  • 収納時:62cm
  • 全長:630cm
  • 重量:665g

使いやすさ、収納性、安全設計の3つの要素も受け継いでいるので安心して欲しい。

第一精工はシッカリとした作りが魅力で、アングラーから愛されているメーカーなのだ。

タカ産業(タカサンギョウ) Short Gaff CN-100 390

タカ産業よりコンパクトのランガンギャフである「Short Gaff CN-100」が発売されている。

携帯、落下防止に役立つカラビナフック、針先の急な飛び出しを防止するストッパーも付いている。

針先は小さいが、その小ささから収納性は抜群である。

Short Gaff CN-100のスペックは以下の通りだ。

  • 全長:約3.9m
  • 収納時:約44cm
  • 継数:12本
  • 先径:7.4mm
  • 元径:約30.6mm
  • 自重:約396g
  • 素材:グラス100%

グラスロッド(100%)の割りには396gと意外と軽い。

収納時は44cmに収縮可能なのでランガンにも役立つことは間違いない。

コストパフォーマンスも高く、入門者に優しい製品である。

プロマリン(PRO MARINE) PG ランガンイカギャフ 300

プロマリンからランガン用のイカギャフである「ランガンイカギャフ 300」が発売されている。

Amazonでの評価はイマイチだが、私は問題なく使用できており、良いギャフだと感じている。

プロマリン(PRO MARINE)はコストパフォーマンスの高い製品を販売しており、釣り具の値段を抑えたい消費者には優しいメーカーであることは間違いない。

ランガンイカギャフのスペックは以下の通りだ。

  • 全長:3.0m
  • 継数:15個
  • 収納時:28cm
  • 自重:334g

収納スペースを考えて製作されている為、先端は小さめに作られている。

収納時は28cmに収縮できる為、ランガン時にこそ、真価を発揮することができるのだ。

高いコストパフォーマンスで、それなりのギャフを揃えたいという方にオススメする製品である。

第一精工 オートキングギャフ 500

第一精工からコンパクトサイズのギャフである「オートキングギャフ 500」が登場した。

カラーリングは「イエロー」「ガンメタ」「レッド」の計3種類がラインナップされている。

セーフティカバーでロックされている為、飛び出す心配はない。

さらには、針先が大きいので獲物を引っ掛けやすい作りとなっている。

  • 全長:500cm
  • 収納時:62cm
  • 重量:500g

性能面では「オートキングギャフ CS300」「オートキングギャフ 630」と変わらない。

丁度、上記製品の中間を取ったスタンダードモデルと解釈したほうが正しいか。

秋イカ、春イカの両方に使用できるるギャフである。

まとめ

いかがだろうか。

ギャフは長くなればなるほど取り込みが難しくなってくる。

運動神経が求められる道具でもあるので、不安な方はライディングネットを利用して欲しい。

ライディングネットに関する情報は以下のリンクを参考にして欲しい。

釣りで使える玉網(ライディングネット)のオススメを厳選してみた
様々な釣法で必要なツールとして、玉網(ライディングネット)が挙げられます。 この玉網は「足場の高い釣り場からの魚の取り込み」や「竿が折れ...