カゴ釣りの浮き(ウキ)を厳選してみた – Kago Float –

SONY DSC

カゴ釣りでは、コマセの重さだけで投げる「カゴ釣り」と、コマセとオモリの両方を使って投げる「遠投カゴ釣り」と言われる2種類が存在している。

キャストする距離が違う訳だが、似たような釣り方であることには変わりはない。

カゴ釣りに興味がある方は以下のリンクを参考にして欲しい。

カゴ釣りの仕掛けとタックルを徹底解説 - Kago Fishing -
サビキ釣りが初心者向けの釣りなのに対し、カゴ釣りは中級者向けの釣り方と言われている。 しかし、コマセを使用するので、サビキ釣りを遠投仕様...

今回は、カゴ釣りに使用する浮き(ウキ)を選ぶ手助けとなれるように、釣り場でよく使われていると感じた浮きについてレポートしていこう。

そこで、レポ部では・・・
カゴ釣りの浮き(ウキ)を厳選してみた – Kago Float –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

釣研 遠投カゴサビキ

カゴ釣りの代表格といえばコレ。

釣研から販売されている遠投カゴサビキ用の浮き(ウキ)である。

号数のラインナップも豊富に用意されている為、浮きに合わせた号数がすぐに見つかるのだ。

ケミホタル50を装着することができる為、夜のカゴ釣りにも対応している。

釣研が製品化している遠投カゴサビキのスペックは以下の通りだ。

  • 浮力:6〜20号
  • 重量:8〜14g
  • サイズ:号数によって異なる
  • 穴:固定式カン
  • 耐衝撃性に優れたボディー
  • ケミホタル50対応で夜釣りにも使用可能。
  • ライトタックルでもフルキャストが可能な重量設定。

耐久性、安定性、海面に投げ入れた時のショックにもビクともしない設計となっている。

コンパクトロッドでも違和感なくキャストすることができる、コマセカゴの重量を考慮した設計にもなっているので、カゴ釣りが不慣れな初心者の方に推奨している製品だ。

ハヤブサ(Hayabusa) 名人の道具箱 羽根付き発泡ウキ B型

視認性が抜群の浮き(ウキ)を選ぶならコレ。

堤防からのアジ、サバ、ツバス、カツオをターゲットとする遠投カゴ釣りにピッタリな浮き(ウキ)がハヤブサ(Hayabusa)から製品化されている。

A型、B型の2つがラインナップとして用意されており、どちらも人気度は高い。

名人の道具箱 羽根付き発泡ウキ B型のスペックは以下の通りだ。

  • ウキ号数:8〜15号
  • カラー:オレンジ、イエロー
  • ウキ止め適合道糸(目安):ナイロン2-5号
  • セット品:ウキ止めゴム×2、シモリペット×1、ウキ×1、ウキ止めゴム×2

羽根付き発泡ウキであり、視認性抜群のカラーであるオレンジとイエローの2色が用意されている。

中でもイエロータイプの浮き(ウキ)は、周りで釣っている方と仕掛けの区別ができる為、糸絡みなどを回避することができるのだ。

周りに釣り人が多く、仕掛けが絡まりそうな場合に、この浮き(ウキ)を使用する場合が多い。

釣研 遠投レッドウイング

遠投カゴサビキを生み出した釣研から遠投カゴ釣りにも使える「遠投レッドウィング」が登場した。

3〜6号まではケミホタル55、8〜15号まではケミホタル77を内蔵できる。

そして、3号、4号はオモリを増加させることで、簡単な仕掛けでも飛距離を出せるようになった。

遠投レッドウィングのスペックは以下の通りだ。

  • 浮力:3〜15号
  • 重量:14〜17g(3号と4号は30g以上の重さ)
  • 最大外径×全長:30×340mm
  • ケミホタル75対応
  • 遠方での視認性に優れた大型ウイングを標準装備。
  • 別売りのLFトップへの交換が可能。電気ウキとしても使用できます。
  • 高浮力と耐久性を両立した特殊素材を採用。
  • 仕掛けの状態がわかりやすい全浮力非自立仕様。

耐久性、安定性に関しても向上しており、ハードな使用でも傷つきにくく、小さな体積で高浮力を可能とした特殊素材をボディに採用することに成功した。

カゴ釣りはもちろん、泳がせ釣りなど、幅広い釣り方に対応するモデルだ。

ハヤブサ(Hayabusa) ひとっ跳び 天秤カゴ釣りセット

面倒くさいし、カゴ釣りの仕掛けをセットで選びたい、という方にはコレ。

コマセカゴ、浮き、針などのカゴ釣りで必要な仕掛けが全て付属しているセット品である。

ただ、通常のコマセカゴが付いてくる為、コマセの出る速度を調整することができない。

しかし、これだけの仕掛けが付いてくる製品は珍しく、初心者向けの製品であることは間違いない。

まとめ

いかがだろうか。

オモリの号数と浮きの号数は同じ号数を選ぶことが大切となる。

そうしなければ、浮きがオモリの負荷に耐え切れずに沈んでしまったり、寝そべってしまったりと釣りにならないからだ。

是非、参考にしてみて欲しい。