カゴ釣りの仕掛けとタックルを徹底解説 – Kago Fishing –

kago

サビキ釣りが初心者向けの釣りなのに対し、カゴ釣りは中級者向けの釣り方と言われている。

しかし、コマセを使用するので、サビキ釣りを遠投仕様にしたもので、釣り方は基本的には変わらない。

サビキ釣りは近い範囲を狙う釣り方で、カゴ釣りは遠くを狙う釣り方だと考えてほしい。

そこで、レポ部では・・・
カゴ釣りの仕掛けとタックルを徹底解説 – Kago Fishing –
についてレポートしよう。
スポンサードリンク

カゴ釣りとは?

カゴ釣りは「アジ」「サバ」「カマス」「サヨリ」「イサキ」「ワカシ」などのアミエビ系列をエサとしている魚をターゲットとしている。

サビキ釣りと釣り方は似ており、アミエビが海中で拡散されることによって魚が混乱し、混乱した魚をエサに似せた偽針で食いつかせるという単純な仕組みである。

カゴ釣りとサビキ釣りとの違いは「遠投性」にある。

遠投すればするほどサイズの大きい魚が釣れ、魚種も広がることから、最近ではサビキ釣りよりもカゴ釣りの方が人気があるのは確かだ。

カゴ釣りの仕掛け

カゴ釣りは遠投する為、仕掛けが絡まりやすい理由から”からまん棒”などのツールを利用して糸絡みを回避する必要がある。

その為にカゴ釣りの仕掛けは意外と複雑になってしまう特長がある。

カゴ釣り仕掛け
  1. 道糸に浮き止めをセットする
  2. 道糸にシモリ玉をセットする
  3. 道糸に浮き(ロケットカゴと同じ号数)をセットする
  4. 道糸にシモリ玉をセットする(無くても構わない)
  5. 道糸にからまん棒をセットする
  6. 道糸にロケットカゴ(オモリ付:浮きと同じ号数)をセットする
  7. 道糸にハリス(市販品)をセットする
浮きの号数とロケットカゴ(オモリ)の号数は同じ号数を選択する。バランスの悪いセッティングになってしまった場合は、浮きが寝そべってしまったり、沈んでしまったりと釣りにならないからだ。必ず同じ号数をセッティングすることを頭に入れておこう。

釣れる時期

釣れる時期はサビキ釣りのシーズンと同じである。

気温と水温が暖かくなる、5月から11月までと考えて欲しい。

秋・冬には、魚たちは温かい水温を求めて沖へと旅立ってしまうので、釣れにくいことは確かだ。

大物サイズの魚が掛かることもあるが、基本的には釣れないことを意識して寒気を乗り切ってほしい。

したがって、比較的に気温と水温が温かい春~秋までがベストシーズンと言えるのだ。

時間帯に関してはマズメ時を基準に釣行すると良いとされている。

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

冬はシーズンオフと言われているが地域によっては青物が回遊してくる場合もある。前もって何が釣れているのかを調査して釣りに出発して欲しい。

竿(ロッド)の選び方

遠投磯竿の3号〜4号を使用するのが基本とされている。

しかし、オモリの号数を満たした竿ならば、どんな竿でもカゴ釣りは可能となる。

したがって、バスロッド、ジギングロッド、投げ釣り用の竿でも、カゴ釣りはできると考えてほしい。

専門的に道具を揃えるならば遠投磯竿の3号〜4号をオモリの負荷に合ったものを選択しよう。

例えば、

  • 遠投磯竿3号のスペックの錘負荷を確認すると5号〜8号と書いてあった場合
  • ロケットカゴに内蔵されているオモリの号数も5号〜8号を選択する

例えば、

  • 遠投磯竿4号のスペックの錘負荷を確認すると10号〜15号と書いてあった場合
  • ロケットカゴに内蔵されているオモリの号数も10号〜15号を選択する

このように、錘負荷(竿)の号数の範囲内にロケットカゴ(オモリ:錘)を収めることが大切となる。

リールの選び方

2500番〜3000番までのリールが一般的に使用されている。

カゴ釣りでのリールを選ぶ基準は以下の通りである。

  • パワーがあるもの
  • 頑丈なもの
  • ノーマルギア
  • スピニングリール

これらの性能を持っているリールを選択してほしい。

古くから”値段と性能は合致する”と言われているように、値段の高いものが高性能なリールとなる。

頑丈な部品が使用されているほど値段は高くなるということだ。

とはいっても、専門的に狙わない限り、5000円ほどのリールでも十分にやっていけるのがカゴ釣りだ。

インスタントな魚が続けて掛かることがほとんどなので、道具の敷居が低いのも大きな魅力だと感じる。

仕掛けのセッティング

項目(カゴ釣りの仕掛け)でも解説した通り、従来のサビキ釣りとは違い、複雑な仕掛けとなっている。

しかし、どれも必要な道具なので、カゴ釣りでは万全な状態の仕掛けを作成することを推奨する。

仕掛けの数は6つで以下の通りだ。

  • 浮き止め
  • シモリ玉
  • 浮き
  • ロケットカゴ
  • からまん棒
  • ハリス仕掛け

それぞれの道具の必要性に関して、順番に解説していくことにする。

浮き止め

浮きを固定するために用いる。

スルスルと移動してしまう浮きに対して、行動に制限を掛けることができる。

その他にも、

  • 浮きがすり抜けないようにする
  • 小さい仕掛けの目印にする(蛍光タイプ)

これらの様々な使い方があり、主にシモリ玉と併用して用いられる。

シモリ玉

シモリ玉は浮きが浮き止めをすり抜けないようにする役割を持っている。

最近では浮き止めのサイズも「S」「M」「L」と大きくなってきていることから、使用される頻度も少なくなってきていることは確かだ。

確実にすり抜けを防止したい人はシモリ玉をラインシステムに組み込んで欲しい。

シモリ玉の代わりにビーズなどで代用する方も多く見られる。

浮き(ウキ)

カゴ釣りでの浮きは目立ちやすい”棒ウキ”が良く使われている。

しかし、荒波では”円錐浮き”などを使用した方がバランスが取れてアタリが判別しやすい。

状況によって使い分けて欲しい。

そして、ロケットカゴ(オモリ)の号数と、浮きの号数は、同じ号数を選択する。

例えば、

  • 浮きの号数は6号を選択した場合
  • ロケットカゴ(オモリ)の号数も6号を選択する

上記は決まりごとであり、同じ号数を選択しないと、釣り自体に支障がでる可能性があるからだ。

からまん棒

浮きの下に”からまん棒”を挟むことで、スイベルとの接触を避けて、糸絡みを防止する道具である。

からまん棒がないと、浮きとスイベルが接触してしまい、クルクルと仕掛けが回転してしまって絡まることが頻繁に起きる。

仕掛けが絡まりやすい”棒ウキ”には必須のツールだと言える。

ロケットカゴ(オモリ付き)

ロケットカゴは遠投性を高める為にも”オモリ付き”を選択してほしい。

オモリが付いていないとコマセの重さだけでキャストする、迫力のないカゴ釣りを楽しむことになる。

そして、浮きの号数とロケットカゴ(オモリ)の号数は、同じ号数を選択する。

例えば、

  • ロケットカゴ(オモリ)の号数は6号を選択した場合
  • 浮きの号数も6号を選択する

上記は決まりごとであり、同じ号数を選択しないと、釣り自体に支障がでる可能性がある。

ハリス仕掛け(針)

ハリスは市販で販売されている仕掛けを使用することを推奨する。

1本針を使用することの多いカゴ釣りだが、最近では論理的ではないという意見まで出始めている。

本来、コマセを使った釣り方では、サビキ釣りのように、大量のエサを突如降らせることで魚を混乱させて、エサに似た偽針でヒットさせることを目的としている為、1本針では効率が悪いのだ。

かといって、サビキ針のように6本の針を使用してしまうと、キャストした際に糸絡みが激しい。

これらのことを考慮すると、カゴ釣りでは2本〜3本の針を広い間隔で設置することが望ましいと言える。

不安だという方には、市販のカゴ釣り仕掛けを推奨しているが、サビキ釣りに使用するサビキ針を上から2〜3つの部位にカットすることでも仕掛けとして応用することができる。

まとめ

いかがだろうか。

類似したコマセを使用した釣り方としては、

  • 投げサビキ(カゴ釣りに近い)
  • 遠投サビキ
  • サビキ釣り

などがある。

3つともチェックして、自分に合った釣り方を選択してほしい。

投げサビキ(遠投サビキ)釣りの基本と基礎 - Fly Sabiki Fishing -
皆さんは「投げサビキ」「遠投サビキ」といった釣り方をご存知でしょうか? 遠投することによって、落とし込むサビキ釣りよりも大きな魚を狙うこ...
遠投サビキ釣りの仕掛けとは? - 基本から応用までを徹底的に解説 -
似たような釣り方で「投げサビキ」と呼ばれる釣り方があります。 しかし、遠投サビキとは別物で「遠投サビキ」と「投げサビキ」とではキャストす...

http://repobu.com/2015/07/13/sabiki/