楽天Edyの加盟店とは? – プリペイドカードで簡単にお支払い –

bs8

楽天から新型のプリペイド型電子マネーである「楽天Edy」がサービス開始となりました。

このカードはコンビニを含めた40万ヶ所以上の加盟店で使用可能なプリペイドカードです。

もちろん、楽天ショップでも使用可能で、その便利さから登録する人が後を絶ちませんね。

そこで、レポ部では・・・
楽天Edyでコンビニなどの加盟店で簡単にお支払い
についてレポートしていきます。
スポンサードリンク

楽天Edyとは?

楽天Edyは電子マネー化されたプリペイドカードです。

コンビニなどの各店舗で気軽に電子カードで支払うことができるのでとっても便利です。

現金だと使いすぎる方はカード化した電子マネーを使うことで衝動を緩和させることもできます。

  • 月に5000円しかコンビニで買い物しないぞ

このように「1ヶ月のお金の管理をカードによって制限する」ことでお金の節約にもなります。

楽天Edyが人気の理由として「40万ヶ所以上の加盟店」の存在が大きいと言えるでしょう。

加入店で楽天Edyを使って支払うと「200円に付き楽天スーパーポイントが1ポイント」が貯まります。

楽天市場でもEdyを使って買い物ができるので、あらゆる面から楽になりそうですね。

カードのカラーリングは3種類が用意されています。

  • 赤(レッド)
  • 青(ブルー)
  • 桃(ピンク)

ピンク色のカードは新しく追加されたカラーリングです。

私自身もピンク色を使用していますが、人気カラーなのか使用している方も多く見られますね。

有名な加盟店を紹介すると・・・

小さい店から大きい店までと幅広くある中で、楽天Edyが使えるお店をいくつかご紹介します。

  • マクドナルド
  • ガスト
  • バーミアン
  • 紀伊国屋書店
  • コカ・コーラ
  • マツモトキヨシ
  • ヨドバシカメラ
  • サークルK
  • サンクス
  • スリーエフ
  • セブンイレブン
  • デイリーストア
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン

代表的な店はこんな感じでしょうか。

まだまだ加盟店は存在していますが、書ききれないので省略させていただきます。

もっと詳しく加盟店について知りたい方は、以下のリンク先で検索することが可能です。

楽天Edyが使えるお店を探す

クレジットカードとプリペイドカードの違い

クレジットカードを使用して支払うと「月毎に口座から自動的に引き落とし処理」がされます。

プリペイドカードにはクレジット機能は付いていません。

したがって、自動的に落とされる心配も無く、使いすぎてしまうということは無いのです。

例えば、

  • 12000円のプリペイドカードを購入した

この場合は12000円から使用した分だけ、徐々に引かれていく形となります。

お子様にクレジットカードを持たすよりも、プリペイドカードを持たした方が、親としては安心できます。

ただ、現金ではないので、対応している店で無ければ使用できません。

楽天Edyの場合は「40万ヶ所以上の加盟店」がプリペイドカードに対応していることになります。

これほどにも対応しているプリペイドカード(電子マネー)はEdyならではの魅力ですよね。

楽天Edyを「iphone」「おサイフケータイ」で使用できる

おサイフケータイやiphoneをお持ちの方は、楽天Edyを携帯電話にチャージすることで、携帯単体で各店舗での支払いができるようになります。

おサイフケータイならチャージや残高の確認、利用履歴照会などが簡単に出来るので、子供にも安心して使わせることができますよね。

楽天Edyの専用アプリケーションを使用することで「残高照会」「利用履歴確認」「チャージ」などの操作ができます。

お子様などのプリペイドを使わせる場合は「チャージ」などのパスワードは教えないように注意してくださいね。

Edyカード・おサイフケータイの紛失してしまった場合

紛失・盗難などに遭遇してしまった場合は「サービス停止のお手続き」をしてください。

オートチャージ(クレジットカードでのチャージ)を設定している方は停止する処理が必要となります。

オートチャージを設定していない方でも、サービスを停止しておくことを推奨します。

詳しくは以下のリンク先で解説しています。

▶ Edyカード・おサイフケータイの盗難・紛失について

まとめ

いかがでしょうか。

コンビニなどのちょっとしたお店でカードだけで「パッ!」と支払いができるのは魅力ですよね。

お釣りなどの面倒くさい受け取り作業も必要ありません。

そして、現金をカード化することで、お金の管理もすることができるようになります。

  • コンビニ代として5000円しか使わないんだ

などの月の決まりごととして管理すると節約にもなりますよね。

是非、試してみてくださいね。