遠投サビキ釣りの仕掛けとは? – 基本から応用までを徹底的に解説 –

enntou03

似たような釣り方で「投げサビキ」と呼ばれる釣り方があります。

しかし、遠投サビキとは別物で「遠投サビキ」と「投げサビキ」とではキャストする距離が違います。

投げサビキはちょい投げサビキとも呼ばれているだけあって岸から近めの範囲を狙う釣り方です。

対して、遠投サビキ釣りは投げサビキ釣りよりもキャストする距離が遠いので離れた魚を主に狙います。

そこで、レポ部は・・・
遠投サビキ釣りの仕掛けとは? – 基本から応用までを徹底的に解説 –
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

遠投サビキ釣りとは?

冒頭でも少し触れましたが、サビキ釣りには大きく分けて3種類あります。

  • 岸(ショア)から落としこむ「サビキ釣り」
  • 岸(ショア)の近場を範囲として狙う「投げサビキ釣り」
  • 岸(ショア)から遠く離れた場所を狙う「遠投サビキ釣り」

これらの3つのサビキ釣りですが基本の仕掛けは少ししか変わりません。

サビキ釣りでは「サビキの針」と「コマセカゴ」の2つを使って、その場に落とし込むのが一般的です。

投げサビキ釣りは「別名:ちょい投げ釣り」と呼ばれているように少しの範囲(距離)をターゲットにする釣り方です。

道具はサビキ釣りを投げ釣りにしたような形で「ウキ」「ウキ止め」「コマセカゴ」「オモリ」などといった道具を揃える必要があります。

今回紹介する「遠投サビキ釣り」ですが、この釣り方も「投げサビキ釣り」と仕掛けは変わりません。

仕掛けは変わりませんが「オモリの号数」を重めに設定する必要性があります。

遠くへ飛ばすことを目的としている「遠投サビキ釣り」には一番に大切なことだと言えるでしょう。

オモリの号数が重めになるほど「その号数のオモリを扱える竿(ロッド)」も必要となってきます。

投げサビキ釣りとの違いを簡単にまとめると、

  • オモリの号数が重いものを扱う
  • オモリの号数を扱える竿(ロッド)を扱う

上記の2つが「遠投サビキ釣り」では必要となってきます。

遠投サビキのターゲットは「アジ」「サワラ」「イナダ」「サバ」などといった回遊魚です。

しかし、ボトム(底)付近にエサを落とし込むことで「ヒラメ」「カサゴ」「キジハタ」などの根魚、フラットフィッシュまでもターゲットとすることができます。

大きいサイズの魚が釣れることが「遠投サビキ釣り」の最大のメリットとも言えるでしょう。

遠投サビキ釣りの仕掛け

遠投サビキ釣りの仕掛けは投げサビキ釣りを更に遠投用にしたものと考えて良いでしょう。

仕掛けをリストで表すと以下のようになります。

遠投サビキ釣りの仕掛け
  1. メインライン(道糸)に「ウキ止め」を付ける
  2. メインライン(道糸)に「浮き(ウキ)」をセットする
  3. メインライン(道糸)に「ウキ止め」を付ける(無くても構わない)
  4. メインライン(道糸)に「中通しコマセカゴ」をセットする
  5. コマセカゴに「サビキ針」をセットする
  6. サビキ針の反対側に「ナス型オモリ」をセットする

「遠投サビキ釣りの仕掛け」は1つだけではありません。

最近では新しい仕掛けが発売されていると同時に「遠投サビキの仕掛け」が次々と考えられています。

15号〜20号のコマセカゴも販売されているほどなのでナス型オモリの代わりにセットするだけで途中のコマセカゴも必要が無くなることでしょう。

しかし、15号〜20号のコマセカゴとなってくると高価な製品が多いのでロストした際には相当な精神的ダメージを負うこととなります(泣)

今回は「比較的に安くでセッティングできる遠投サビキ釣りの仕掛け」をご紹介させていただきました。

釣れる季節と時間

気温が暖かい時期に遠投サビキをすると良い釣果が出やすいと言われています。

魚は温かい時期に活発になり「気温」「水温」が高い時に岸に近寄ってくる習性があります。

この習性を考慮すると「春」〜「夏」が「遠投サビキ」に適した季節と言えるでしょう。

基本は「投げサビキ」と同じ考えですが「マズメ」を狙うことで効率良く釣果を出すことができます。

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

マズメ時には魚達が岸によってきてエサを捕食するので釣れる確率が高まると言われています。

といっても「遠投サビキ」ではある程度の情報収集が必要となります。

  • 何が釣れているのか。
  • 釣れている時間帯は何時なのか。
  • エサは何を使用しているのか。

これらの情報収集を前もって仕入れてから釣行すると効率の良い「遠投サビキ」を楽しむことができるでしょう。

釣れる場所とポイント

遠投サビキは沖へ向かってキャストします。

重いオモリを使用する「遠投サビキ」なら遠くの沖にナブラが発生していても飛ばすことができます。

これも「遠投サビキ」ならではの楽しみ方の1つですね。

しかし、ナブラが発生していない場合は「とにかく遠くへキャストすること」が重要となってきます。

遠くへ飛ばすとタナ(水深)も深くなってくるので様々な魚がいることは間違いありません。

遠くへ飛ばすことができたら「タナ」を調整して狙いたい魚のタナ(水深)を探りポイントとします。

後はそのポイント目掛けてキャストを繰り返しましょう。

以下のポイントを狙ってみると釣れる可能性が高まります。

  • 潮目を狙ってみる(潮目には流れによりプランクトンが集まりやすく魚の活性に必要な酸素が豊富に含まれている)
  • 小魚が跳ねているポイントを狙ってみる(ナブラなど)

ナブラなどを狙うと小魚が釣れてしまうこともありますが小魚がフッキングしてからしばらく待っていると小魚の上からサゴシが食いついてくることもありました。

小さい引きの場合は少し放置しておいてフィッシュイーターが狙ってくるのを待つのもテクニックの1つですね。

気をつけるポイント
キャストする際はアミエビが飛ばないように気をつけて遠投します。サビキ釣りの仕掛けを応用しているのでハリの動向にも注意を払うことが大切です。途中でアミエビが飛んでしまうならば元より水を減らした状態でアミエビを詰め込むと飛び散ることがなく遠投することができます。私は「アミエビ」と「米ヌカ」を混ぜて使用しています。水分のあるアミエビに乾燥している米ヌカを入れることで調度良い硬さになり希望のタナ(水深)までエサを届かすことが可能となりました。

遠投サビキに適した竿(ロッド)の選び方

「サビキ釣り」「投げサビキ釣り」では「バスロッド」「シーバスロッド」「万能竿」と汎用性がある竿でも問題はありません。

遠投サビキ釣りになると大きいサイズの魚が2.3匹かかることを想定したタックル選びが大切となります。

以下に「遠投サビキ釣り」の竿(ロッド)選びに適したスペックを記述します。

  • 遠投磯竿:4~5号
  • 全長:4m~5m
  • 錘負荷:12〜20号

オモリはナス型オモリを使用して行います。

20号(75g)がキャストできる竿(ロッド)を使用して遠投すると爽快感あるキャストを楽しむことができるのも魅力の1つですね。

レポート部長の体験談
正直、私自身は「遠投サビキ」で竿を何本も折っています(下手とか言わないで・・・)。これまで遠投サビキ用として使用した竿は12本位でしょうか。初心者向けの竿から始まって高価な竿までと様々です。ナブラ打ちをメインに使用してきたこともありますが不意に回遊してくると「ガガガ!」と強烈な引きに襲われます。とっても楽しい釣り方なのでナブラなどの小魚の群れを見かけたら迷わずキャストしましょう。

遠投サビキに適したリールの選び方

遠投サビキで使用するリールは「パワー」「巻き取りの速さ」「丈夫さ」の3つが必要不可欠となります。

これらのリールの性能をリストにすると、

  • スピニングリール
  • ハイギアタイプ
  • 3000番〜4500番
  • スプール幅が広い物(飛距離を出したい方)
  • ドラグ性能が良い物
  • PE2号、PE2.5号が300mを巻ける物

上記の6項目が「遠投サビキ」で必要なリールのスペックだと感じます。

ギアに関しては「ノーマルギア」「ハイギア」と意見が別れますが「ハイギアタイプ」を推奨します。

遠投サビキ釣りでは遠くでフッキングすることがほとんどです。

できるだけ巻取りを楽にするために「巻き取り量の多いハイギアタイプ」を選択してください。

リールの型番を見て「3500H」や「3500HG」といった「H」が付いているのが「ハイギアタイプ」です。

その他にもドラグ性能が優れていないと大物が掛かった場合に対処しきれなくなりバラシの原因となってしまうこともあります。

遠投サビキ釣りは意外とヘビーな釣りなのでそれ相応のリールを選択することを推奨します。

浮き(ウキ)の選び方

浮き(ウキ)はオモリの号数と見比べて決定します。

例えば、

  • オモリが15号の場合は浮き(ウキ)も15号
  • オモリが13号の場合は適合浮力も13号

といった感じでオモリの号数と浮き(ウキ)の号数は同じ号数のものを選択します。

上記のように「適合浮力」とわかりにくい表現がある製品も存在していますが意味は変わりません。

浮き(ウキ)の種類を選択する

浮きは大きく分けて以下の2つに分類されます。

  • 棒ウキ
  • 円錐ウキ

棒ウキには「目立ちやすい」「感度が高い」などのメリットがありますが、直立のために波の影響を受けやすくアタリがあるのか無いのかが判断できない場合があります。

対して円錐ウキは「波のうねり」「強風」「キャストした時に絡みにくい」などの利点があり「遠投サビキ釣り」に適している浮き(ウキ)だと言えるでしょう。

迷わず「棒ウキ」ではなく「円錐ウキ」を選択してください。

浮き(ウキ)は遠投サビキでは重要視されない?!

遠投サビキ釣りでは浮き(ウキ)は重要視されていないことも確かです。

キャストする距離にもよりますが遠投しすぎると浮きの浮き沈みが見えないのです(笑)

さらには「潮」「波」「風」によっては荒波になってしまってウキが暴走してしまうこともあります。

当サイトでは円錐ウキを推奨していますが、浮き(ウキ)は仕掛けを直立させ、タナを探るためだけのツールとして考えた方が良いでしょう。

フッキングしたかは竿(ロッド)で判断するので常に竿を持ってアタリを判断することが大切です。

コマセカゴの選び方

コマセカゴはオモリが付いていないタイプを選択します。

オモリが付いてしまうと「ナス型オモリ」と「コマセカゴのオモリ」の重量を合わせた浮き(ウキ)の適合浮力を計算しなければなりません。

面倒くさい方は「ナス型オモリ」だけの重量で浮き(ウキ)を選べるようにしましょう。

遠投サビキ釣りで有名なコマセカゴを2つ紹介したいと思います。

PRO MARINE/プロマリン ミサイルカゴ 羽付き M

プロマリンからコマセカゴの「ミサイルカゴ」が発売されています。

しっかりと狙ったタナ(深さ)までエサが持ってくれるので重宝しているコマセカゴです。

熟練の方は市販で販売されている中通しコマセカゴの中糸を太くする工夫を加えます。

フルキャストした時には仕掛けに負担がかかるので接合部分のラインを太くすることによって糸が千切れるアクシデントを極力避ける為です

不安な方はカスタマイズして頑丈にすることを推奨します。

SANY(サニー商事) サニーカゴ M

サニーカゴは中通しの糸が無いタイプです。

ミサイルカゴに次いで「投げサビキ」「遠投サビキ」では有名なコマセカゴの1つですね。

波止に行くと使っている方もチラホラ見られるほどの人気っぷりです。

遠投サビキ釣りだけではなく「サビキ釣り」はもちろんのこと、全てのコマセ釣法に対応しているコマセカゴです。

遠投サビキに必要なテクニックとは?

他のサビキ釣りとの共通点として同じ場所にエサを撒いて集魚するというテクニックがあります。

エサを撒く場所が転々としていると魚が集まってきても直ぐに散り散りになってしまい大した集魚効果は見られません。

狙った1ポイントを起点にエサを投げ込まなければならないのです。

これが遠投サビキでは難しく、狙った1ポイントを常時投げ込むのは至難の技と言えるでしょう。

これができるようになれば間違いなく貴方も「キャストの達人」と言われることは間違いありません。

遠投のコツとは?
サビキ針をセットするので遠投するときには長めの仕掛けを遠投することになってしまいます。そのような長い仕掛けを遠投するときには「振り子の原理を利用」してキャストします。遠投する時は仕掛けを常に張った状態でキャストすることが狙った場所へと導くポイントとなります。浮きへの抵抗も考慮してキャストするのは難しいと感じる方もいるかもしれませんが慣れれば簡単なので詳しいことはチャレンジしてから考えることを推奨します。

まとめ

いかがでしたか?

他にも似たような釣り方で「カゴ釣り」と言われる釣り方が存在していますが「ハリ数」や「仕掛けの数」に違いが見られます。

レポ部が紹介している「遠投サビキ」の仕掛けは最低限で簡単な物なのでオモリの重さに対応した竿(ロッド)さえあれば初心者の方でも気軽に始めることができます。

磯竿(オモリの重さに対応した)さえ持っておくと「サビキ釣り」「投げサビキ」「遠投サビキ」「カゴ釣り」と幅広い釣り方に対応できるのも素晴らしいですね。

是非、試してみてくださいね。