釣りの寒さ対策に必要なグッズをまとめてみた

campfire

こんばんは、レポート部長です。

寒い季節の「秋」「冬」がやってきましたね。

アングラーには辛い季節でもありますが「脂の乗っている魚」が釣れる季節でもあります。

だけど、風邪を引いたら元も子もありません。

今回のレポ部では
釣りの寒さ対策に必要なグッズをまとめてみた
について紹介していきます。
スポンサードリンク

アウトドア専用の防寒着(ウェア、 ジャケット、パンツ)

最近ではパンツとウェアがセットになって販売されていることが多いと感じています。

釣りメーカーでトップの2つと言われている「ダイワ」「シマノ」がそうですね。

釣り専用のものになると「アクション性能」「防水性」も考慮したものが必要になってきます。

できれば釣り専用の商品を推奨しますが、アウトドア用品全体から選ぶならば「雪」「水」「耐久性」に強い「スキーウェア」を基準に選ぶと良いでしょう。

以下リンクにて「釣りメーカーから販売されているウェアジャケットの4選」を詳しくレポートしています。

釣りの防寒対策に!防水仕様のあったかウェアジャケットをまとめてみた
うー冷える・・・冷えるー! 釣りなんて寒い中やってられるかー! そんなときには「防寒着」を着て釣りに出かけましょう。 「秋」「冬」の寒さ対策...

手袋(防寒用)

VAXPOT(バックスポット) グローブ スノーボード スキー 【Thinsulate使用 防水透湿フィルム(耐水圧10000mm 透湿度8000g)】 VA-3956 RED(OVERCHECK)

釣行時には防寒用の手袋は絶対に必要です。

指の部分が空いている手袋は止めておく方がいいですね。

カッチカチになります(笑)

最低でも「防水性」と「防寒性」の2つの性能が欲しいです。

魚をキャッチするときに手袋を外す作業は「秋」「冬」には苦行の作業と言えるでしょう。

グローブに関しては「スキーメーカー」か「バイクメーカー」が一歩リードしているような気がしますね。

釣りメーカーの出している手袋は「操作性」「感度」を求めているのでどうしても素材が薄くなってしまっている傾向にあります。

対して「バイクメーカー」は転けたときに怪我をしないための丈夫さ、全身が風に打ち付けられるのを防止するための防風性を兼ね備えているのが特徴です

スキーメーカーに関しては「防水性」「防風性」を備えている他にストックで行動を制御するので「操作性」も必要となってきます。

上記の点から考えると平均的な機能を持っている「スキーメーカー」のグローブを選択するのが賢いと言えるでしょう。

何よりも釣りメーカーよりスキーメーカーの方が「防寒性」「防水性」「防風性」を持っている商品は圧倒的に多いです。

ネック ウォーマー(防風用)

(パールイズミ)PEARL IZUMI 485 ネックウォーマ 485 2 ブラック F

ウェアジャケットに付いているフードだけでは不安と感じる方にオススメな商品です。

最近のネックウォーマーには「保温性」「吸汗速乾性」を重視しているものが多く見られますね。

昔まではネックウォーマー独特の「ゴワゴワ感」が目立っていて、歩くと擦れて赤いアザになることも数え切れないほどありました。

最近のネックウォーマーはサラッとした触り心地なので着心地が格段と良くなっていますね。

メイン素材にはポリエステル、ポリウレタンが使用されていることが多く、これらの素材のメリットには「保温性」が挙げられます。

寒さ対策に釣行時に1つ持っておけば、着脱も容易なので便利なことは間違い無いでしょう。

フード ウォーマー(防風用)

Bruno ブルーノ フードウォーマー [BOA015] レッド

先ほど紹介したネックウォーマーは首(ネック)を風からガードする製品でしたが、フードウォーマーは頭から首までの広範囲をガードする画期的な製品となっています。

フードウォーマーは製品によっては膝掛けになったり、背中を覆うマントになったりと汎用性があるのも特徴の1つですね。

その可愛らしいデザインから女性に高評価を得ています。

男性用のデザインもあるので検索してみてくださいね。

素材は一昔前のネックウォーマーに似たフカフカ感があります。

とはいっても、柔らかい素材が使用されているので「タオルのような気持ちのよい質感」を提供してくれる製品が多いでしょう。

マッチ売りの少女、あかずきんちゃんを連想させる可愛らしい商品を紹介してみました(笑)

カイロ(温め効果)

ぬくっ子 30コ入り

使い捨てカイロがアウトドアでは人気ですね。

体だけではなく心まで温めることができる便利なツールだと感じます。

貼ってしまうタイプのカイロを付けていて熱いと感じたときに体をよじらせてしまったことはありませんか?

そのような経験をお持ちの方は貼らないタイプのカイロをオススメします。

魚とのやりとりの最中に体を捩らせてしまっていては苦労しますし、何よりも足場の不安定な場所で釣りをしているときには、些細なことでも足がフラついてしまうこともあります。

貼るタイプのカイロを使用するならば、2枚ほど重ねて着たシャツの上からカイロを貼ってウェアジャケット内をカイロで保温するような形を取ることが理想だと言えるでしょう。

間違っても直接肌に当てることなく、自分で暖かさを管理できるタイプのカイロを使用してくださいね。

サバイバルシート(防寒・保温シート)

KAKURI サバイバルシート(防寒・保温シート)5枚パック

素材にはアルミ蒸着ポリエステルが使用されているので保温性が抜群なサバイバルシートです。

去年、釣り場で同じような銀色の保温シートに包まっていたら何人もの人に話しかけられました(笑)

とんでもない釣りキチに思われていたんだろうなぁ。

しかし、保温性はズバ抜けていて、体もすぐに温まるので災害時などにも効果を発揮する製品です。

サバイバルシートって不思議なんですよ。

ピラッピラに薄いのに包まるとビックリするくらいに暖かくなるんです。

どうやらアルミには熱を反射する特性があるらしく即効性のある保温効果が得られるみたいですね。

ストーブコンロ(2way)

1台2役!ストーブ&コンロ2way!【電源不要】カセットボンベ式ガスストーブ 災害時やアウトドア、電源・ガス栓の無い場所等で大活躍!

ストーブとコンロの両方が1台で補える便利な商品です。

この商品のサイズは以下の通りです。

  • 305mm × 265mm × 195mm

電源はいらないのでアウトドアでも使用することができます。

市販のガスボンベ1本に付き約3時間の使用ができるので、お湯を沸かしたり、温まるには十分な時間ですよね。

移動する設計になっているので、持ち運ぶための取っ手も付いています。

ストーブコンロを1台持っておけば災害時などにも役に立つことは間違いないでしょう。

冬場のフィッシングスタイルを確立するためには必要なツールの1つかもしれませんね。

マスク(保温性・保湿性)

アイリスオーヤマ マスク 立体 ふつう 50枚入り NM3-50RM

口元が寒いという方には立体型のマスクを推奨していします。

マスク内で呼吸することで温かい息を密閉して保温状態を作ることができます。

ここで大切なことは「保温状態を作るならば圧倒的に立体型のマスクが有利」ということです。

フニャフニャのマスクだと呼吸をしたときに収縮してしまうので温かい息が逃げてしまいます。

それと同時に外の寒い空気がマスク内に侵入してくるので結局は寒い状態を作り出してしまうのです。

自分の息をマスク内に閉じ込める方法としては「密封性能が優れているマスク」「収縮しない硬い素材が使われているマスク」「空気を逃がさない空気穴の細かさ」の3つが必要となってきます。

意外と温かい効果を得られるので「周りにマスクならある」という方には試してほしい方法ですね。

プロテクションマスク(ティムコ)

(フォックスファイヤー)Foxfire プロテクション マスク 5020408 020 グレー フリー

ティムコより釣り専用の防寒マスク「プロテクションマスク」が発売されています。

プロテクションマスクはオーバーマスクとなっているので首元も囲うことが可能となります。

マスク上部は鼻へのフィット感を高めるワイヤーイン仕様で、偏光サングラスやメガネの曇り、花粉の侵入を軽減する効果も。

マスクの上からプロテクションマスクをつけると更に保温性が増すので寒い時期にはうってつけの製品だと言えるでしょう。

釣りではサングラスをする方も少なくはありません。

マスクの上からプロテクションマスクを装着すると、口元から温かい息が漏れてサングラスが曇るなんてことはもうありません。

アウトドア専用の「保温性」「密着度」を重視したマスクです。

膝掛け(保温性)

TRANPARAN フリースひざ掛け チェック柄 (ブラック)

寒い時期に座った状態で釣りをしていることの多いアングラーには膝掛けですね。

膝掛けは何も膝にかけるだけではありません。

肩から羽織ったり、くるまったりと使い方は様々です。

最近の膝掛けにはフリース素材が使用されている傾向にありますね。

フリース素材はポリエステルの1種に分類されるので通常のポリエステルと同じく温かい特徴があります。

柔らかい起毛仕上げの繊維素材で作られているので人間の肌にも優しいのも魅力の1つです。

かかり釣りなどのエサ釣りに挑戦している女性アングラーには必須な防寒グッズですね。

ヒートはらまき

ヒートはらまき

通常の腹巻とは全く違う性能を持った腹巻です。

とにかく「薄く」「軽く」「暖かい」ので寒い時期の釣りにはピッタリな商品だと感じます。

貼るカイロのような熱さではなく、じんわりくる気持ちのよい暖かさなので冷え性の方にもオススメですね。

お腹の冷えやすい男性の為に考案されている商品ですが、女性の方にも人気で、常に付けている方も見られます。

ヒートはらまきに使用されているeksという素材は「放湿」「発熱」「吸湿」の3点に優れており、これらの素材が発熱繊維で作られています。

付けると同時にじんわりと温まってくる感じは癖になりそうですね(笑)

もまずにHOT ほかほかざぶとん

もまずにHOT ほかほかざぶとん

長持ちする「ホカホカざぶとん」はいかがですか?

アウトドア向けに開発されている商品なので8時間と長持ちするのも魅力の1つですね。

クーラボックスの上にホカホカざぶとんを乗っければちょっとしたコタツの完成です。

座り心地はカイロをクッションで包んで上から座っている感覚で、お尻でギュッと押すと結構暖かいです(笑)

ホカホカざぶとんのサイズは以下の通りです。

  • (幅)220mm×(奥行)15mm×(高さ)220mm

様々なクーラーボックスにも合うサイズになっていますね。

パッケージの表には「クーラーボックスに座っている釣り人の姿が描かれている」のでフィッシング向けに開発された商品なのでしょうか。

気温の低い「秋」「冬」の時期にはピッタリな便利グッズであることは間違いないですね。

まとめ

いかがでしょうか?

興味をそそられる様々な防寒グッズが紹介されていますね。

私自身も数多い防寒グッズを持っていますが、まだまだ知らない商品が多そうです。

皆さんも風邪を引かないためにも、寒さ対策だけはキッチリと行って釣りに挑んでくださいね。

以上、レポート部長でした。