運転中の腰痛とおさらば!ドライブ専用クッションのリバースポルトが話題に!

wheel-922573_1280

ドライバーの仕事をしていると、どうしても腰に負担がかかってしまうことは確かです。

そして、その負担が積もりに積もってしまうと、腰痛持ちになってしまう原因ともなりえます。

しかし、そんな心配ともおさらば!

体圧分散で負担を軽減してくれるドライブ専用のクッションが登場しました!

今回のレポ部では・・・
体の負担を減らしてくれる車内性のクッションのリバースポルト
について紹介していきます。
スポンサードリンク

ところで腰痛ってなんで起きるの?

腰痛は「骨」「神経」「筋肉」「脊髄」「血液の不循環」により引き起こされる病気の1つです。

実は上記の5つは腰痛が起きる1固まりの要因でもあるのです。

同じ体制で座っていると体全体を支えている「骨」にも長時間ダメージを与えてしまいます。

骨に長時間ダメージが加わると骨の周りの筋肉まで骨を支えようと硬直してしまう「筋肉の緊張」という症状が起きてしまいます。

ずっと座っていると体をグニャグニャ動かしたい時はありませんか?

それは一種の危険信号で「体がリラックスを求めている証拠」でもあるのです。

少しでも体を動かすことで、他の部位の「骨」と「筋肉」に、力を分散させようとしているのです。

しかし、運転中は座ったままで動かすこともできません。

そうなってしまうと「骨」と「筋肉」だけではなく「血液の不循環」が起きてしまい「脊髄」や「神経」にまで症状が及んでしまう場合もあるのです。

腰痛を未然に防ぐには「体重の分散」にあった!

これらの腰痛を予防、もしくは和らげるには「体の体重を分散させる」ことが効果的と言えます。

先程も解説しましたが「体をグニャグニャ動かしたい時」には、まさに体が力を分散させようとしているのです。

体を動かすと、今までの腰の負担が四方八方の「筋肉」と「骨」へと分散されて、硬直した状態が解ける状態が作られます。

このリラックスした状態を作るには「常に体の体重を分散させる」ことが1番だと言えるでしょう。

お尻、腰の周りに「タオル」などのクッション性がある物を敷くだけでもリラックス度が違います。

しかし、無理に詰めすぎてしまうと逆効果となってしまう場合もあるので、程々が大切だと言えるでしょう。

腰痛持ち、予防には車内性クッションのリバースポルトが必須!

腰痛持ち、予防する必需品と言える「リバースポルト」が登場しました。

体圧分散で負担を軽減してくれるので、常にリラックスした状態を作ってくれる理想のクッションです。

カラーリングは全6種類でラインナップは以下の通りです。

  • 赤い衝撃(ミラノレッド)
  • 青い稲妻(メタルブルー)
  • 野生の誘惑(カモフラージュ)
  • ゴールドキャメル
  • セピアオレンジ
  • グリーングレー

スタイリッシュなデザインなのも魅力の1つですね。

国産品で1つ1つ手作りで作られているので「信頼度」「丈夫さ」共に評価できる商品です。

その他の腰痛の解決方法と予防方法

私が効果のあったと感じた腰痛の解決方法と予防方法は以下の3つです。

  • 運転する前に軽くストレッチをして体をリラックスさせる。
  • 温めのお風呂に使って結構を良くする。
  • 太ももの裏側を上から下にかけて何回か擦る。

温かめのお風呂に入ると血流が良くなるので筋肉をほぐすことができます。

同じに腰痛の原因となる「筋肉の緊張」も和らげることができるのです。

温泉で「腰痛・肩こり・リウマチに効く」と書かれているのは上記の「血流の促進」から成り立っています。

自分の体温より「少し熱いお湯に設定」すると良いですね。

Wanted!!
お酒などのアルコール類を飲んだあとにお風呂は入らないでください。アルコールによって体温調節ができなくなり「のぼせ」「嘔吐」「動脈破裂」「心臓発作」「脳貧血」などの重大な病気を引き起こす可能性があります。

まとめ

いかがでしたか?

お仕事を辞めて腰痛を開放だ!

そんな簡単な世の中ではないことが事実ですよね。

楽な体制を保ち続けながら、リラックスをして、体に負荷がかからないような状態を作ってあげることが、腰痛の1番の解決方法だと言えるでしょう。

以上、レポート部長でした。