アフィリエイトをブログに取り入れる方法とは?

satu7

日々進化し続けるブログ・・・

しかし、なにか物足りないと感じたことはありませんか?

そんなときには、ブログにアフィリエイトを取り入れて収益化することを推奨します。

アフィリエイトは商品を買ってもらうだけで報酬が発生するパターンもありますが、広告がクリックされるだけでも報酬が発生する広告も存在します。

アクセス数が多いブログなどはクリックで報酬が発生する「クリック報酬型」を利用することで簡単に収益を得られる可能性も秘めているのです。

そこで、レポ部は・・・
アフィリエイトをブログに取り入れる手順とメリットとは?
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトには2種類の仕組みがあります。

  • 成果報酬型(広告を通して商品が売れると報酬が発生)
  • クリック報酬型(広告がクリックされると報酬が発生)

成果報酬型は「報酬の単価は大きい」特徴があります。

しかし、売れると発生とするという条件なので、売れなければ意味がありません。

記事の濃さ、サイトの外観、コンテンツ、が重視されることになるでしょう。

商品をアピールした文章はもちろん、広告のサイトに誘導する巧妙さが必要となることは間違いありません。

クリック報酬型は「単価は低い」ですが、広告がクリックされると報酬が発生します。

クリックされれば発生するので、アクセス数が多いサイトほど儲けることができます。

レポ部では「成果報酬型」と「クリック報酬型」を使い分けることで収益を得られています。例えば「インスタントコーヒーの名作ベスト5」などの内容の記事には「単価が大きい成果報酬型」を、アクセス数の多いブログのトップページには「クリック報酬型」と使用しています。各ブログの良い所に合わせて報酬型を使い分けることが大切なのです。

楽天市場とAmazonの商品を紹介したい場合は?

楽天市場とAmazonの商品を紹介する場合には「クリック報酬型」は存在しません。

全ての商品が「成果報酬型」で成り立っています。

これらの商品を紹介したい場合には「A8.net」というアフィリエイトサービスを利用します。

このアフィリエイトサービスはアフィリエイターならば誰もが利用しているサービスです。

  • 日本最大規模の広告数!
  • 楽天市場の商品を紹介できる。
  • Amazonの商品を紹介できる。
  • 1000円からの振り込みも可能!
  • 豊富な広告から自分に合った広告サイズを選択できる。
  • 登録料は無料!全てのツールが使用可能!

他のアフィリエイトサービスと併用しているアフィリエイターも多く見られます。

しかし、アフィリエイトサービスを併用して使用してしまうと、各アフィリエイトサービスの規定に従って広告を利用することになります。

各アフィリエイトサービスによって支払いの最低額が違い、A8.netのように1,000円からの換金サービスもあれば、10,000円からのアフィリエイトサービスも存在します。

収入が各アフィリエイトサービスに分散してしまって、纏まった収益を得ることが難しくなるので、アフィリエイトサービスは「A8.net」に絞った方が良いでしょう。

「楽天アフィリエイト」と「アマゾンアソシエイト」と「A8.net」の別々のアフィリエイトサービスが1つに提携することで、それぞれのデメリットを補って、新たなアフィリエイトサービスとして生まれ変わりました。

A8.net(日本最大規模のアフィリエイトサービスへ)

ブログにアフィリエイトを取り入れる手順とは?

A8.netへの登録が終わったらアフィリエイトを運営しているブログに表示してみましょう。

これもブログに載せたい商品を選択してリンクをコピー&ペーストするだけの作業です。

「楽天商品リンク」「Amazon商品リンク」「A8.netと提携している広告リンク」の3つから自分に合った広告を探していくことになります。

楽天商品リンクを貼り付ける場合

satu8

楽天の商品を探す手順は以下の通りです。

  1. A8.netにログインする。
  2. 左メニューの「Amazon・楽天商品リンク作成」という項目の中から「楽天」をクリックする。
  3. それぞれの項目(キーワード)を入力して自分にあった商品を検索する。
  4. 商品リンクを作成をクリックする。
  5. 商品リンクコードをコピーして表示させたい記事に貼り付ける。

カスタマイズ機能が豊富に揃っているのも「A8.net」ならではの良い所だと感じます。

自分のブログに合った広告リンクにカスタマイズすることで商品リンクへのクリック数が上昇することは間違いないでしょう。

ポイント

楽天のアフィリエイトの特徴は、訪問先の商品を購入せずに、別の商品を購入したとしても成功報酬がアフィリエイターに入ってきます。これはインターネット上のクッキーという仕組みが関係しています。楽天のアフィリエイトはクッキーが30日間、残り続けるので30日の間にクッキーが残った状態で楽天商品を訪問者が購入した場合にも成果報酬が支払われるのです。

Amazon商品リンクを貼り付ける場合

satu9

Amazonの商品を探す手順は以下の通りです。

  1. A8.netにログインする。
  2. 左メニューの「Amazon・楽天商品リンク作成」という項目の中から「Amazon」をクリックする。
  3. それぞれの項目(キーワード)を入力して自分にあった商品を検索する。
  4. 商品リンクを作成をクリックする。
  5. 商品リンクコードをコピーして表示させたい記事に貼り付ける。

Amazonでは「twitterへの提携認証」も簡単に行うことができます。

アマゾン商品をTwitterで紹介したい場合には、とっても役に立つ機能です。

ポイント

Amazonアフィリエイトは楽天アフィリエイトと違って、クッキーが24時間と短い期間になっています。衝動買いを誘う記事の書き方、コンテンツ作りが求められるので中級者のアフィリエイター向けと感じます。アフィリエイトのノウハウを知りたいという方は、楽天アフィリエイトから初めて見ると良いかもしれませんね。

A8.netと提携している広告リンクを貼り付ける場合

satu10

A8.netと提携している広告の中から自分のブログに合った広告を見つけ出します。

「楽天」「アマゾン」の場合とは違って「広告主と提携することで広告を使用する」ことができるようになります。

手順としては以下の通りです。

  1. A8.netにログインする。
  2. メニューバーの「プログラム検索」の中から「ブログラム検索」をクリックする。
  3. 「フリーキーワード検索」から、広告プログラムを検索する。
  4. 提携したい広告プログラムの「提携申し込み」をクリックする(広告プログラムの申し込みには審査がある場合と無い場合があります。確認の方法としては各プログラムの概要に詳細が記述されています。)
  5. 提携することができたら、メニューバーの「ブログラム管理」の中から「参加中プログラム」をクリックする。
  6. 宣伝したい広告プログラムの「商品リンク」「広告リンク」の自分のブログに合った広告タイプを選択する。
  7. それぞれの広告タイプに合わせて広告リンクを作成していく。

Google Adsenseの料率の高さから「クリック報酬型」を重視してきた広告主に変化が見られるようなってきており、最近では「クリック報酬型」と「成果報酬型」の両方を盛り込んだ広告主も多くなってきています。

A8.netと提携している広告リンクは報酬が高い傾向にありますが、収益が高くなるかわりに品揃えが少ないという特徴もあります。しかし、A8.netはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の中では日本最大規模を誇るアフィリエイトサービスなのは確かです。そこでA8.netは欠点を補うために「楽天市場」と「Amazon」と提携することでアフィリエイトで紹介できる品揃えを多くすることに成功しました。何より「楽天アフィリエイト」と「Amazonアソシエイト」の報酬を¥1,000から1つの銀行口座で受け取れることができるメリットが大きいと感じています。

まとめ

いかがでしょうか?

アフィリエイトをブログに取り入れる簡単な方法は「A8.net」を経由することです。

レポ部では他のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)も取り入れてアフィリエイトをしていました。

今ではブログ全体のアフィリエイトを見直して「A8.net」のみを利用しています。

正直「A8.net」だけで「楽天」「Amazon」の商品リンクも紹介することができるので、不便に感じたことはありません。

皆さんも、ブログにアフィリエイトを取り入れて収益化してみませんか?

▶ アフィリエイトをブログから始めるために初心者が覚えるべき6つの心得