メタルジグの使い方とは?アクション方法~応用までを徹底的に解説!

DSC_0475

メタルジグは「鉛」を使って作られている模擬エサです。

バスフィッシング、シーバス、ジギングなどのゲームでよく使われているルアーです。

メタルジグのターゲットは、青物、シーバス、フラットフィッシュなど・・・

幅広く使用することができるので、ルアーでの釣行には1つは持って行きたいですよね。

そこで、レポ部は・・・
メタルジグの使い方とは?基本から応用までを徹底的に分析!
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

メタルジグとは?

メタルジグは「鉛」を使って作られています。

最近ではメタルジグと鉄板を組み合わせて、水の抵抗に逆らわないように工夫されたメタルジグも製作されています。

このメタルジグに使われている「鉛」にも純度が存在し、高いものほど質が高くなります。

不純物が含まれていると「鉛」の表面がクレーターでデコボコになってしまいます。

その度にパテを塗ってヤスリで研いでという作業を繰り返すことになるので、メタルジグを製作する場合の「鉛」を買うときには純度の高いものを選択することを推奨します。

不純物が使われている「鉛」は安く、使われていない純度の高い「鉛」は高い特徴があります。「鉛」はインゴットで売られていることがほとんどですが、オークションなどには安くで箱売りされている場合も多いので頻繁にチェックしてみてはいかがでしょうか?

メタルジグの使い方は?

メタルジグはアクションを行って魚を誘い出すことができます。

メタルジグを扱うときに覚えておいたほうが良いとされるアクションは以下のとおりです。

  • リトリーブ
  • ワンピッチジャーク
  • ジャカジャカ巻き
  • フォール

これらのアクションを使い分けることでメタルジグの動きにメリハリを付けていきます。

それぞれの基本のアクションについて詳しく見ていきましょう。

リトリーブ

リトリーブはリールを巻いてメタルジグを引っ張ってくる動作をいいます。(別名:ただ巻き)

リトリーブの中でも「高速リトリーブ」と「低速リトリーブ」に分かれていて、高速リトリーブは高速でリールを巻く行為を、低速リトリーブは遅めにリールを巻く行為を示しています。

このときにもロッドを立てながら巻いてくるのと、ロッドを倒しながら巻いてくるのとでは海面に上がるスピードも変化してきます。

同じレンジ(海層)から上のレンジまでゆっくりと上昇したい場合にはロッドを倒しながら巻いてくるように意識すると良いでしょう。

レンジを素早く上昇させながらアピールしたい場合にはロッドを立てながらリールを巻いてくるようにすると縦方向に抜群のアピールを示すことになります。

ワンピッチジャーク

ワンピッチジャークはジギングでは基本と言われているほどのメジャーなアクションです。

文章で解説するのは少し難しい点があるので動画を見て練習することを推奨します。

ワンピッチジャークは基本中の基本なので是非マスターしておきたいアクションです。
動画を見てもコツがわからないという方に文章でワンピッチジャークを解説してみると、
  1. ロッドを上に立てたときにリールのハンドルを下に半回転させる。
  2. ロッドを水平に戻すときにリールのハンドルを上に半回転させる。
この2つの順序を繰り返しすることを意識してワンピッチジャークを行ってください。
半回転させたときに糸ふけを取ることで連続してアクションをすることができるのです。

ジャカジャカ巻き

ジャカジャカ巻きもジギングでは基本と呼ばれるアクションの1つです。

これはワンピッチジャークを早くしたもので早いアクションで魚を誘うことができます。

メタルジグが大きい魚に追われている姿を演出するのがジャカジャカ巻きと言われています。

ジャカジャカ巻きで追われている魚を演出してからワンピッチジャークで疲れた魚を演出するなどのコンビネーションアクションも覚えておきましょう。魚が食わせるタイミングも重要なのでフォール中に食わせることを意識してワザとフォールを多めにするなどのアクションの調整も重要です。

フォール

メタルジグを海底に落とすアクションをフォールと言います。

そのフォール中に「3つのメタルジグの落とし方」を選ぶことになります。

  • フリーフォール
  • テンションフォール
  • カーブフォール

これらの3つのアクションを使用して魚にフッキングのタイミングを与えることが大切です。

1つ目のフリーフォールはラインにテンションをかけずに海底へ落とすことをいいます。

テンションをかけないということはキャストしたときのラインが出ている状態を示します。

メタルジグの本来が持っている動きと水の抵抗が合わさったアクションとなるでしょう。

2つ目のテンションフォールは、テンションをかけて海底に落としていきます。

リールのベールを立てた状態で、ラインを張った状態にしてメタルジグを落としていきます。

メタルジグの動きは、メタルジグの本来が持っている動き、水の抵抗、ラインの張りによる抵抗の3つが合わさったアクションとなるでしょう。

カーブフォールはテンションフォールと同じく、糸ふけを取って、テンションフォールの状態でメタルジグを沈めながら、海面に向けたロッドの先をゆっくりとメタルジグの重さの動きに合わせながら足元に向けて移動させます。

このカーブフォールによってメタルジグはテンションフォールよりも、小さい弧を描くようなアクションを見せます。

初心者の方はテンションフォール、フリーフォールを覚えて、余裕ができたらカーブフォールをマスターするようにすると、釣果を発揮しながら練習に励むことができるでしょう。

メタルジグを使用パターンとは?

メタルジグの使用パターンは色々と考えられます。

1つ目はナブラを狙ってキャストするパターンです。

ナブラとは「大きい魚に追われて小魚がさざ波を立てて逃げまわっている状況」を言います。

海面で大量の小魚が「ピチャピチャ!」と跳ねている様子を見たことはありませんか?

そんな状況に遭遇したら迷わずにメタルジグをナブラを目掛けてキャストしましょう。

ナブラ打ちとは?

ナブラを狙ってキャストすることで、小魚を追いかけている大きい魚達(フィッシュイーター)がメタルジグを小魚だと勘違いしてフィッキングしてきます。ブリ、ワカシなどの青物であったり、ヒラメ、カレイなどのフラットフィッシュだったりと様々です。フッキングしてくる魚類が判断できないのも楽しめますよね。

気をつけるポイント!

ピンポイントに狙ってキャストしてしまうとメタルジグの海に着水する音でナブラが散開してしまう可能性があります。できるだけ、ナブラより少し奥にキャストすることで自然にナブラに到着させて、アピールすることができるのです。

2つ目はマズメ時を狙ってキャストするパターンです。

魚はマズメ時に接岸して魚を捕食する習性があります。

このときを狙って釣行することで通常より釣れる確率を高めることができます。

釣り場の環境にもよりますが、マズメ時でも「遅れてくる時合」と「早めにくる時合」があるので余裕をもって釣行することを推奨します。

マズメ時には魚の活性が高まっている状態なのでアピール力のあるカラーリングを使用すると釣果が上がるとも言われています。(赤色、黄緑色などの派手なカラー)

アクションもアピール度の高いジャカジャカ巻きなどを駆使して釣行してみてくださいね。

3つ目はマズメ時でもナブラ時でも無い、普通の釣行時を狙ってキャストするパターンです。

ショア(岸)からメタルジグを投げて釣りを行う場合は、潮目を狙ってキャストしたり、沖に面した場所で行ったりと工夫が必要になります。

近くのサビキ釣り師が「アジ」を釣り上げていたら、あなたは何を考えますか?

アジがいるということは少なからず、アジを狙っている魚もいると考えることが大切です。

タチウオ、シーバス、ヒラメなど様々ですが、どれもがメタルジグで狙うことができます。

釣れにくい日中だからこそ「考えて釣行することが良い釣果へと繋がる」と感じています。

ターゲットの特性と習性を考えて釣行する

ターゲットの特性と習性を理解することで釣果を上げることができます。

ガシラ、メバルなどの根魚をターゲットとする場合には海底を探ることを意識します。

これはアングラーなら誰しも思いつくことですが、ターゲットの習性からレンジ(海層)を導き出すことでターゲットを操作することができるのです。

メタルジグには「頭」にアシストフックを「尻尾」にトレブルフックを付けて使用します。

青物はメタルジグの「頭」を狙ってアタックしてくることが多いので「尻尾」のトレブルフックを外すことで尻尾を狙ってアタックしてくる青物以外の魚を避けることができます。

そして、トレブルフックを外すことで「トレブルフックの根掛かり」や「ラインとトレブルフックの糸絡み」も無くなるので釣りにストレスが溜まらなくなることは間違いありません。

しかし、ヒラメなどのフィッシュイーターは海底に潜んではいるものの、幅広いレンジまでメタルジグを追跡してくることもあります。ボトムを1度でも取った場合にはヒラメなどのフィッシュイーターも高い海層でフッキングすることがあると判断できます。

まとめ

最近では、ジギング、ライトショアジギングなどのジギングゲームが流行ってきています。

特にライトショアジギングは、岸(ショア)から気軽にできるジギングとしても有名です。

サワラ、ワカシなどの青物、ヒラメなどのフラットフィッシュ、ガシラなどの根魚もライトショアジギングではターゲットとなります。

まさに、メタルジグはライトショアジギングにはピッタリな模擬エサと言えるでしょう。

皆さんも、試してみてはいかがでしょうか?

ライトショアジギングの基本と基礎 – Light shore jigging –
ライトショアジギングは、岸(ショア)からルアーを投げて釣るルアーフィッシングの1つです。 根魚、青物、フラットフィッシュなどの様々な獲物...