ニキビ肌の赤みを抑えるAPPSセラムキットの効果が凄い!

remon

紫外線ダメージ、ニキビ肌の赤み、肌のハリが無い、黒みがかった肌・・・

このような肌の悩みを抱えた方が、現代のストレス社会には多くなってきています。

APPSセラムキットの成分が、これらの悩みを解決に導いてくれることでしょう。

ビタミンC誘導体を豊富に含んでいるので、ニキビなどの吹き出物にも効果的を発揮します。

そこで、レポ部は・・・
ニキビ肌の赤みを抑えるAPPSセラムキットの効果と効能
についてレポートしたいと思います
スポンサードリンク

APPSセラムキットとは?

化粧品などに多く使われているビタミンCという物質は「肌の防衛力(バリア)に拒まれて浸透しにくい」という大きなデメリットが存在していました。

しかし、最新の技術を結集して作られたビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)は、浸透力が従来のビタミンCのおよそ100倍!

黒ずみ、紫外線ダメージ、ハリが無さ、ニキビ肌の赤みなどの患部にしっかり届き、透明感あふれる肌に導いてくれます。

現在、上記のような悩みを抱えている人にも効果的ですが、APPSセラムキットは「治療」「予防」の2つを兼ね揃えています。

お肌作りに大切なビタミンC誘導体を、常にお肌に取り入れることで上記のような悩みを「予防」することも可能になりました。

APPSセラムキットは洗顔後、化粧水の後、顔全体に均一になじませるだけで効果を発揮します。とっても簡単なケア方法なので初心者の方にもオススメです。

ビタミンC誘導体を詳しく解説すると?

冒頭で効果を解説しましたが、ビタミンC誘導体にはニキビ・ニキビ跡にも効果を発揮することが研究により明らかになっています。

化粧水と相性がいいビタミンC誘導体の原料をご存知でしょうか?

本来、ビタミンC誘導体には3つの原料が存在します。

  1. 水溶性
  2. 油溶性
  3. 両性

この中で化粧水と相性が良いと言われているのが「水溶性」と「両性」です。

APPSセラムキットの原料は「水溶性」が使われているので、安定性・安全性・持続性にも優れた高浸透性のビタミンC誘導体となるのです。

水溶性を原料としているので「水」との相性は抜群です。化粧水と併用して使いたいと思われる方も安心ですね。

APPSセラムキットの作り方は?

APPSセラムキットの作り方はとっても簡単です。

4ステップで簡単に作ることができてしまうので、参考にしてみてくださいね。

  1. コップにブレンドエキス、ヒアルロン酸原末を加えてかき混ぜます。
  2. 精製水を加えて、均一になるまでよくかき混ぜます。
  3. ダマになったら1時間~半日程度時間を置いてから、さらにかき混ぜます。
  4. ビタミンE誘導体原末・水溶性を加えて溶けるまでかき混ぜたら完成です。
  5. ムラやダマがない均一な状態になったら保存容器に移して使ってください。
この商品には容器は付いていませんでしたが、プラスチック、ガラスの容器でも問題なく使用できました。セラムの完成後は冷蔵庫に入れて2週間以内に使い切ってくださいね!

ニキビにもビタミンC誘導体が効果的って本当なの?

ビタミンC誘導体は「ニキビの赤み」や「ニキビ跡」にも効果的です。

ニキビ治療に使われるビタミン剤の中には必ず「ビタミンC」が入っています。

ビタミンCの効能の1つである「過剰な皮脂の分泌を抑える効果」は「ニキビの炎症を抑える効果」にも繋がると言われています。

肌質を高めニキビに負けない肌を作るためは「ビタミンC」が必要不可欠で、これほど便利なビタミンは他に存在しないといっても過言ではないでしょう。

APPSセラムキットに含まれているビタミンC誘導体は、浸透力が従来のビタミンCの100倍なのでニキビにも大きな効果を発揮します。

肌質を強化してニキビを予防する「ビタミンC誘導体」は、同じくお肌には欠かせない「ビタミンCを強化した物質」と考えることができます。

ニキビ治療をするために皮膚科に行くと必ずサプリメントとして「ビタミンC」が処方されます。それほど、お肌にとっては必要な物質なのです。

まとめ

いかがでしたか?

ビタミンC誘導体がタップリ入っている「APPSセラムキットの効果と効能」を解説しました。

キットの状態から自分で大切にセラムを作るので、肌を労ってる感覚が生まれました。

是非、チェックしてみてくださいね。