初心者向けライトショアジギング専用ロッドのまとめ

roddp初心者の方、上級者の方でも竿(ロッド)を選ぶ基準は様々ですよね。

そんな中でも「初心者の方にオススメしているライトショアジギング専用ロッド」を集めてみました。

これからライトショアジギングを始める方は、是非、参考にしてくださいね。

そこで、レポ部では・・・
初心者向けライトショアジギング専用ロッドのまとめ
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

TIGA PRODUCTS ティガ ヴォラーレ 9.6F

TIGA PRODUCTSより「ディガ ヴォラーレ」が発売されています。

青物からシーバスなどの釣りに併用することができる便利な竿(ロッド)です。

ティガ ヴォラーレのスペックは以下のとおりです。

  • 全長:9.6フィート
  • 継数:2
  • 自重:235g
  • 適合ライン:12-25lb
  • 適合ルアー:MAX50g

リールシートには滑り止めも付いているので長時間の釣行でもリールフットが緩みません。

キャストした時のしなやかなアクションが特徴でジグの飛距離も申し分ありません。

やや固めの竿(ロッド)かな?ミディアムハード(MH)クラスの竿(ロッド)と感じました。

デザイン良し、操作性良し、遠投性能良し!

初心者にオススメしているライトショアジギング専用ロッドです。

ダイワ(グローブライド)スポーツライン LSH 1062MH

あの有名ブランドであるダイワ(DAIWA)からライトショアジギング専用ロッドが発売!

初心者からベテランまで釣り好きに幅広く使ってもらうための1本となっています。

多くの人に気軽に使ってもらうコンセプトになっているのが良いですね。

スポーツライン LSJ 1062MHのスペックは以下のとおりです。

  • 全長:10.6フィート(3.21m)
  • 仕舞寸法:165cm
  • 継数:2本
  • 自重:239g
  • 先径:2.1mm
  • 元径:16.1mm
  • ルアーウエイト:10~60g
  • 適合ライン:12~30lb
  • 使用材料:カーボン繊維90% ガラス繊維10%
  • 使用樹脂:エポキシ樹脂
  • 付属品: 専用竿袋

この竿(ロッド)のガイドは”Fujiガイド”を使用しているのでPEラインの摩擦熱にも強い!

その他にもFujiガイドは、糸ヨレ防止、糸絡み減少などの性能も兼ね揃えています。

まさに「値段は安くで揃えたいけど、性能も妥協したくない方」にピッタリな竿(ロッド)と言えるでしょう。

メジャークラフト ソルパラ SPS-962 LSJ

メジャークラフトからライトショアジギング専用ロッドがついに発売されました。

ソルパラ SPS-962 LSJのスペックは以下のとおりです。

  • 全長:9.6フィート
  • 継数:2本
  • ルアーウェイト:Max 50(g)
  • MAX.Leader:30(lb)
  • PE.Line:1.0-2.0(号)
  • Action:レギュラー

メジャークラフトはYoutubeなどの動画共有サイトでも釣り動画を配信しています。

30グラムから50グラムまでのジグのキャストに向いている竿(ロッド)で、穂先もある程度柔らかく、アクションしやすい竿(ロッド)だと感じました。

ソルパラの紹介動画もアップされているので動画を見てから決めると良いかもしれませんね。

ダイワ(Daiwa) ジグキャスター 87MH

ダイワ(Daiwa)からショアジギングロッドが販売されています。

防波堤などの足場が安定した場所からをメインにしたショアジギングロッドです。

ダイワ(Daiwa)ジグキャスター87MHのスペックは以下のとおりです。

  • 全長:8.7フィート(2.62メートル)
  • 継数:2本
  • 自重:220g
  • 先径:2.2mm
  • 元径:14.4mm
  • ルアーウェイト:35~90g
  • カーボン含有率:96%

ショアジギングロッドなので少しヘビーな釣りに向いています。

「60~80gのジグをキャストして飛距離を出したい!」

「ヘビー寄りな大きい青物を狙いたい!」

このような方にオススメな竿(ロッド)となっています。

まとめ

いかがでしょうか?

これから始めてみようという方も・・・

竿(ロッド)をチェンジして気分転換したい方も・・・

是非、参考にしてくださいね。