アジングでフッキングしない場合の対応方法

20150923-072635.jpg

アジングでのアタリのパターンは数多いと言われており、同時にそれが「アジングは奥が深い!」といわれる理由でもあるのだ。

数あるアタリのパターンは「ブルブル!」といった明確なアタリから「コツン!」といった小さなアタリまでと幅広い。

その中でも「ブルブル!」と感じるバイト(アタリ)はあるのに、なぜかフッキングしない場合の対処方法についてレポ部は注目することにした。

是非、これらの問題で悩んでいる方は参考にしていただきたい。

スポンサードリンク

ワームのサイズを変更してみる

使用しているワームのサイズは何インチを使用しているだろうか?

釣れているアジのサイズが小さい場合はワームも小さくしてあげることも大切だ。

アジのサイズに合った食べやすいサイズに調整してあげることでフッキング率が高まるのだ。

アジはエサと思い込んだものは吸い込んで捕食する習性がある。このことから吸い込みやすい形のワームを選択してあげることでアジのフッキング率が高まることは間違いないだろう。

針(フック)のサイズを調整してみる

針のサイズを調整してフッキング率を高めることができる。

まわりで釣れているアジのサイズを確認してみよう。

サイズが大きいアジならば大きめの針を使い、サイズが小さければ小さめの針を使うと理想的と言われている。

市販で販売されているジグヘッドは針のサイズが調整出来ないものが多い。そんな時には自分でジグヘッドを作成するのも1つの方法だ。

ジグヘッドの重さを変更してみる

アジは、吸い込むようにしてエサを捕食する。

この特性を利用して、ジグヘッドの重さを調整し、アジの吸い込みを良くすることで釣果をあげることができると言われているのだ。

ジグヘッドの重さを軽くすると吸い込みが良くなり、重くすると飛距離は出るがアジの吸い込みが悪くなる。

しかし、風が強い場合にジグヘッドを軽くしてしまうと、風に煽られて釣りにならない場合があることも事実だ。

風の状況を肌で感じて、できるだけ軽いジグヘッドを使用することを意識しよう。

ワームを変更してみる

ワームの中にも、アジの吸い込みを重視するワーム、微波動を発するワーム、アピールを重視するワームなど様々な種類が存在する。

マズメ時などのアジの食い気があるときには、アピール重要のワームを使用するなどの判断も悪くないとされている。

日中のアジを狙う場合はアピールの少ないワームを使うことで、周りのアジのエサに溶け込むことができ、アジに違和感を与えることなくアピールすることができるのだ。

まとめ

いかがだろうか?

アジングでは「コツン!」といった繊細な当たりから「ブルン!」といった明確な当たりまで様々だ。

これらの当たりを感じ取ることがアジングでは重要で、アジがフッキングしない場合は「何故フッキングしないのか」を考えると共に、状況に合った仕掛け作りを行うことが必要となってくる。

上記の”アジングでフッキングしない場合の対応方法”を試してもフッキングしないという方はショートバイトも簡単に取れるハヤブサのアジング専用アシストフックを試してみてはいかがだろうか?

この商品は、喰い渋るアジがメインのフックまで喰い込まない時、装着することによりアジをフッキングさせる事が出来るアシストフックだ。

皆さんも、試してみてはいかがだろうか?