XMLパースエラー:実態の初めにXMLまたはテキスト宣言がありません。

xmlera

XMLパースエラー: 実態の初めにXMLまたはテキスト宣言がありません。

このようなエラーに突き当たってしまった方はないだろうか?

XML Sitemap Generator for WordPressを利用しているときに起きるエラーのようだ。

今回のレポ部は”XMLパースエラーの一般的な解決方法”についてレポートして行こうと思う。

スポンサードリンク

XMLパースエラーとは?

XML Sitemap Generator for WordPressの設定途中で起こったエラー。

このエラーの意味は以下のとおりだ。

  • プログラム内の要素の始めの部分(実態の初めに)XMLかテキストが存在しない。

この問題の場所は「hunctions.php」というPHPファイルのソースコード内にあった。

どうやら「hunctions.php」のソースコード内にある空白が関係しているとのこと。

エラーの対処方法と解決方法

結論から言うと、使用しているテーマの「hunctions.php」の中にある空白を全て削除すると解決した。

手順は大きく分けて3つ。

  • 使用しているテーマのPHPファイル(functions.php)へとアクセスする。
  • PHPファイル(functions.php)内の空白を全て削除する。
  • 「ファイルを更新」をクリックしてソースコードを保存する。

簡単なので早速やっていくことにしよう。

PHPファイル(functions.php)へとアクセスする

PHPファイル(functions.php)へとアクセスする作業に入る。

  1. Word Pressの左メニューより「外観」→「テーマの編集」 を選択する。
  2. 右のメニューからPHPファイル(functions.php)を探して選択する。
i_1 i_2

これでPHPファイル(functions.php)へのアクセスは終了だ。

これからPHPファイル(functions.php)の編集に入っていくことにする。

PHPファイル(functions.php)内の空白を全て削除する

ソースコード内の空白を探しだして1つ1つ削除していく。

この「空白」がXMLパースエラーの原因でもあるのだ。

しかし、注意してほしい。

PHPファイル(functions.php)は、他のPHPファイルと比べて重要度が高く、間違って文字などを削除してしまうとテーマ自体が動かなくなってしまう可能性があるのだ。

ソースコードのバックアップを最初にとってから「空白の削除」に移って欲しい。

削除することができたら「ファイルを更新」をクリックして保存すると完了となる。

i_3 i_4

まとめ

いかがだろうか?

XML Sitemap Generator for WordPressで再確認してみてエラーが解決しているかを確認してみてほしい。

エラーが続くようならば「プラグインの再インストール」を試してみてほしい。

それでも治らない場合は「テーマを変更」してみるのも手かもしれない。

以上、レポート部長がお伝えしました。