アシストラインの中芯を使った自作アシストフックの作成方法

DSC_0387

アシストフックを作成していると、どうしてもアシストラインの”中芯”が残ってしまう。

引っ張ってみると意外と強度があることがわかる。

それもそうだ、中芯もアシストラインと同じで、編み込まれて作られているからだ。

捨てるのはもったいないので”中芯”を使ってライトゲーム用のアシストフックを作成してみることにした。

スポンサードリンク

用意するもの

用意するものは以下の5つだ。

今回は”小型~中型“を対象にしたアシストラインの作成を行いたいと思う。

  1. アシストラインの中芯(Short!80lbの中芯)
  2. 針(任意のサイズ)
  3. PEライン(任意のサイズ)
  4. 熱収縮チューブ(2.5mm)
  5. 瞬間接着剤

冒頭の画像はダイソーで販売されているメタルジグ(ジグベイト)の”18g”だ。

小型の青物・根魚を狙うならジグベイトの”18g”を推奨している。

100円で購入できる!さらには釣れる!素晴らしいメタルジグなのだ。

釣れる理由については以下のリンクを参考にしてほしい。

ダイソージグ(ジグベイト)の人気の秘密と初期設定の方法
ライトショアジギングでお馴染みのダイソージグ(名称:ジグベイト)。 サイズは18g・28g・40gと幅広いのも魅力の1つだ。 さらには...

それでは早速アシストフックの作成に取り掛かろう。

アシストライン(中芯)の長さを決定する

DSC_0389

2つ折りにしてアシストライン(中芯)の長さを設定する。

使用するメタルジグを隣において、針(フック)の位置を確認しながら設定してほしい。

「頭」に設定したい場合は短めに「腹」に設定したい場合は長めに取ると良い。

小型青物を狙いたい場合はメタルジグの「頭」に設定、すなわちアシストラインを短めに取るとよい。アジング・メバリングなどのアシストフックとして使用する場合は「腹の後ろ」、すなわちアシストラインを長めに取るとよい。

PEラインをグルグル巻きにする

DSC_0400

PEラインをアシストラインに巻き付けて、アシストラインと針(フック)を固定する。

順序は以下のとおりだ。

  1. チモトを丸結びで2.3回キツく結ぶ。(余りのラインを多く取っておく)
  2. アシストラインをPEラインで埋めるようにグルグル巻きにしていく。このとき、余りのラインを水平にして、PEラインを絡めながら巻いていく。グルグル巻きにする際は、アシストラインをPEラインで締め付けるようにして巻いていくことが大切だ。
  3. 1往復巻くことができたら丸結びで2.3回キツく結び終了となる。

釣り針の軸の先端部分でハリスが付く部分の事。

チモト|釣り用語辞典

DSC_0394 DSC_0396

瞬間接着剤で固定する

DSC_0402

瞬間接着剤を使って”結び目”を基準に薄く塗っていく。

ジェルタイプの接着剤は止めておく。厚みができてしまうからだ。

熱収縮チューブは、綺麗な仕上がりを考えて”2.5mm”という小さなサイズを使用している。

厚みができてしまうと、仕上げに使う熱収縮チューブが入らなくなってしまう場合があるからだ。

熱収縮チューブでPEライン全体をカバーする

DSC_0404

熱収縮チューブでPEライン全体をカバーする。

全体をカバーすることで、サゴシなどの歯が鋭い魚からPEラインを保護することができる。

この項目での順序は以下のとおりだ。

  1. 瞬間接着剤が完全に乾いたのを確認する。
  2. 熱収縮チューブをアシストライン側から通してPEライン全体をカバーする。
  3. ドライヤーで熱収縮チューブを温めて収縮させる。

熱収縮チューブが通らない場合は、ネジリながら入れると上手く入るだろう。熱収縮チューブを収縮させるときは、ライターを使用するのは止めておこう。ドライヤーの熱を遠くから徐々に近づけて熱収縮チューブに当てていくことが大切だ。これらの注意点を無視するとPEラインが焼けてしまったり、釣っている最中に何らかの支障が起きる可能性が出てくるのだ。

DSC_0417  DSC_0418

まとめ

いかがだろうか?

アシストラインの中芯は捨てないでほしい。

レポート部長は”アジング・メバリング”などの釣り方で使用している。

比較的大きめな”アジ・メバル”を狙いたいときに使用すると良いだろう。

是非、試してみてほしい。