ジギングサビキの使い方とアクション方法

DSC_0184[1]

ショア(岸)から簡単に青物・根魚が狙えるジギングサビキが人気沸騰中。

今回は”ジギングサビキの使い方とアクション方法”についてレポートしていこうと思う。

これからジギングサビキを始めようと思う方は参考にしてほしい。

スポンサードリンク

ジギングサビキとは?

船からでも岸(ショア)からでも楽しめる釣り方だ。

最近は岸(ショア)から狙うジギングサビキが若者を中心に支持を得ているのだ。

仕掛けは簡単で”サビキ針の先端にメタルジグ”をつけるだけの仕様となっている。

特徴としては以下のとおりだ。

  • 通常のサビキ針よりも針の本数が少ない
  • 集魚効果としてスキンが使われていることが多い
  • 針の号数が大きめ
  • サビキ針の先端にメタルジグ・ナス型オモリ等をつける

対象魚は”サバ・ソーダガツオ・ワカシ・カンパチ・サワラ・メッキ・アジ”などの回遊魚を対象にしている。

jigging

釣り方とアクションについて

ジギングサビキのアクション方法は様々だが、”ジギングのアクション”を基本に行う。

ワンピッチジャーク・ジャカジャカ巻き・リトリーブ・ツーピッチジャーク・ロングジャーク・フォールなどのアクションを駆使して釣果へと繋げよう。

レポ部がオススメしているアクションを紹介しよう。

それは、ワンピッチジャークを主体として行う方法である。

  1. 遠くへキャストする
  2. 海底に沈めると同時に竿(ロッド)を立てて”ワンピッチジャーク”を行う
  3. 海面まで上がってきたらメタルジグを沈める
  4. [1]へと戻る

ワンピッチジャークはライトショアジギングでも多く使われている方法だ。

“疲れにくい・根魚に有効・魚がルアーを食うタイミングが多い”などの利点を兼ね揃えているアクションなのだ。

岸(ショア)からの釣り方だと”ライトショアジギング”が最も近い釣りと言えるだろう。

興味のある方は以下リンクを参考にしてもらいたい。

ライトショアジギングの基本と基礎 – Light shore jigging –
ライトショアジギングは、岸(ショア)からルアーを投げて釣るルアーフィッシングの1つです。 根魚、青物、フラットフィッシュなどの様々な獲物...

サビキ針で代用する場合の注意点

サビキ針を使ってジギングサビキを行う場合は以下の注意点を頭に入れておこう。

  1. 無名のメーカー品は使わない
  2. ハリス・幹糸の太いものを選択する
  3. アピール度の高い”羽”が付いているスキンを選ぶ
  4. フロロカーボン製のサビキを選ぶ

値段(仕掛け)を安く済ませたいと思う方は、サビキ仕掛けを利用すると良いだろう。

しかし、ジギングサビキ用に作られてはいないので、不具合などを考慮すると、ジギングサビキ専用の仕掛けを購入することをオススメしたい。

無名のメーカー品で、安いものになると”針・ハリス”が、粗末な作りになっている場合が多い。ナイロン製のハリスは、水を吸ってしまい、ハリスが伸びてしまう可能性があるので、できればハリスが伸びにくいフロロカーボン製のハリスを選択してほしい。

ジギングサビキ用の仕掛けを自作する場合

ジギングサビキを作成する場合は「投げるメタルジグの重さ」を基準に考える。

レポ部流のジギングサビキ仕掛けの作成基準を以下に記すので参考にしてほしい。

ジグの重さ(g) ハリス(号) 幹糸(号)
18 3 5
18・28 4 6
28・40 6 8
40 8 10
40・60 10 11

全長は”90cm“と短めに設定し、針の数は”2つ~3つ“にすることをオススメしている。

針を多くすればするほど、針を設置する間隔が狭まってライントラブルへと発展しやすい。

全長を長く設定して、針の数を増やすという方法も挙げられるが、キャストしづらくなってしまうのでオススメしない。

針のサイズ・ハリスの幅(横)・ハリスの幅(縦)は、好みに設定してもらいたい。

ハヤブサからジギングサビキが登場!

人気メーカーのハヤブサからジギングサビキ専用の仕掛けが登場した。

  • キャスティングしやすいショート設計
  • ベイトを意識したリアルサビキ
  • 枝ハリス、幹糸全てフロロカーボンを使用
  • 安心の強度を誇る『パワースイベル&エイトロックスナップ』を採用

ツバス、ワカシ、ハマチ、イナダ、サバ、アジ、カツオなどの回遊魚を対象としているがエソ・ガシラ・ヒラメなどの根魚も釣れる。

幅広い魚類を釣ることに特化した素晴らしい商品だ。

メール便も可能なので是非、チェックしてみてほしい。

まとめ

とにかく釣れることで有名なジギングサビキ。

レポート部長は”ボウズ逃れ”に使うことが多い。

コツとしては表層・中層・下層と幅広くアタックすること。

「何が釣れるかわからない」

この楽しみがジギングサビキの素晴らしいところだと感じる。