アジングの基本と基礎 – Ajiing Fishing –

アジングはアジをターゲットとしたルアーフィッシングである。

アジは、防波堤、波止、磯、岩場など様々な場所で釣ることができる魚だ。

場所を選ばない気軽さが評判となり、多くのアングラーから人気を得ている釣法なのである。

そこで、レポ部では・・・
アジングの基本と基礎 – Ajiing Fishing –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

アジングとは?

アジングとはルアー(疑似餌)を使用しつつ、アジを専門に釣ることを意識した釣り方である。

アジングの名付け親はプロアングラーとしてメディアで活躍しているLEON氏だ。

初心者向けの釣り方として有名なアジングだが「合わせのタイミング」や「潮の動きに左右される」アジを釣り上げることは意外と難しい。

アジ以外には、チャリコ、ボラ、イワシ、サバ、メバル、ガシラ、カマス、フグなどの様々な獲物が釣れる汎用性のある釣り方としても有名なのだ。

釣れる場所

基本的はアジがいる場所を目印にルアーを投げると釣れる。

周りを目視で確認しアジが釣れていそうな場所を探しまわることが大切だ。

アジが釣れる場所は”防波堤・テトラ内側・外側・磯・漁港・岩場など。

基本は岸(ショア)からの釣りであり、船で沖に出ることは少ない釣りでもある。

潮がぶつかる場所(画像の赤◎の場所)が絶好のポイントでもある。

ファミリーフィッシングなどで賑わっている紫□の場所も好ポイントである。

アジは回遊魚なので、新しいアジが入れ替わり入ってくる。

夜釣りをする場合、アジは明かりの場所に集まる習性もあるので、常夜灯の明かりが届く場所で釣りを行うと良いだろう。

il

釣れる時期、時間

基本、アジは温かい気温を好むので夏~秋にかけては釣果が出やすいことを覚えておこう。

マズメ時も逃さないように意識することが大切だ。

周りの人にアジが釣れていなければ撤収して、別ポイントを探す”ランガン”も釣果を出すには必要不可欠になってくる。

これもアジングを楽しむ為には、立派な必要な知識である。

釣れる季節

基本的にアジの釣れる季節は夏。

5月にシーズンが始まり、11月位までが釣れる期間となる。

その中でも、9月・10月が1番釣れる季節(ベストシーズン)なのだ。

釣れる時間

基本的には夕マズメ、朝マズメ時を狙って釣行を行おう。

しかし、アジの場合は日中でも結構釣れてしまう。

場所にもよるが、比較的温かい場所に行くと釣れる傾向にあるのだ。

朝マズメ:夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間

夕マズメ:日没前後から暗くなるまでの時間

il2

竿(ロッド)

アジングの竿(ロッド)は6F(フィート)から9F(フィート)の長さと幅広い。

短い竿は感度が伝わりやすい利点があるが、飛距離が伸びない欠点もでてくる。

逆に、長い竿は感度が伝わりにくいが、飛距離は伸びる。

双方、利点もあるが欠点も付いてくる。非常に悩ましい。

竿先は「ソリッドディップ」と「チューブラーディップ」の2種類ある。

バスロッドでも構わないが、アジの繊細なアタリは掴みにくいかもしれない。

ソリッドディップ

竿の先端が詰まっている竿。

柔らかい竿先の為、魚のアタリを弾きづらく自然にフッキングしやすいのが特徴。

合わせが比較的いらないために、魚側から掛かってくれる。

いわゆる、初心者の方に向いている竿である。

チューブラーディップ

竿の先端が空洞になっている竿。

空洞になっている為、感度がよく小さな当たりがわかりやすい。

積極的に合わせを狙っていきたい人に向いている。

il3

初心者の方が高価な竿(ロッド)を購入することはオススメしない。ルアーフィッシングでは自分に合った竿を見つけることが非常に大切で、様々な竿を試してみて欲しいと考えているからだ。

しかし、性能にも妥協してほしくないというのが本音でもある。

レポ部では”シマノのルアーマチック”をオススメしている。

価格も安価・ウルトラライト仕様とアジングを初心者の方に気軽に行えるように設計された商品なのだ。

是非、チェックしてみて欲しい。

シマノ(SHIMANO) アジングロッドシマノ(SHIMANO) ルアーマチック S70UL LUREMATIC S70UL【あす…

リール

リール1000 番~2500番までのサイズのリールが良い。

アジングには感度が大切なので出来るだけ軽いリールを選ぼう。

キャスト時の負担を減らすことができる理由もある。

エギング、メバリングなどの違った釣り方にも挑戦してみたい方には2500番をオススメする。

アジングではハイギアではなくローギアを選択しよう。

アジングはリトリーブを使って釣ることが多い。

そのため、ゆっくりポイントを攻めたい場合にハイギアでは早すぎて対応できないためだ。

アジングのリールを選ぶ際に良い点は「アジは比較的に小さめの魚なのでリールパワーを必要としないこと」であると考えている。

かといって性能の悪いリールを買ってしまうと、すぐに故障してしまったり、ライントラブルの原因となることも確かなのだ。

そんな時のために”シマノのセドナ2000″をオススメしている。

[価格も安い・安心のシマノ設計・アジングに最適なサイズ2000]

是非、チェックしてみて欲しい。

SHIMANO 15 SEDONA 2000

糸、ライン

ライン(糸)はフロロカーボン、ナイロン、PEライン、ポリエステルラインと様々だ。

その中で、最近のアジングではポリエステルラインが主流で使われている。

メーカーや糸の種類により太さは違う事を記憶しておこう。

ナイロン

値段が安い。しかし、吸水性、紫外線の影響によりラインの劣化が早い。

アジングの場合は細いラインを扱うので常にメンテナンスを怠ってはならない。

1度でも海に使った部分の糸は次回の釣りでは使わない事を意識しよう。

リーダーは不要なので面倒くさい設定は不要だ。

フロロカーボン

値段がそれなりに高い、伸びが少なく固い。それがアジングではメリットが多い。

伸びが少ないと当たりがわかりやすいからだ。

リーダーが不要な点も良い。

PEライン

値段が非常に高い。強度が強く、糸が伸びない。

その為に非常に当たりがわかりやすいのが特徴だ。

リーダーという透明なラインが別途必要となる。

ポリエステルライン

値段が非常に高い。伸びが少ない分、感度も高い。

リーダーが必要なので、別途購入する必要がある。

最近のアジングではポリエステルラインが良く使われている。

ハードルアー

金属・プラスチップ・木材などの硬い素材を加工したニセ餌。

アジングではメタルジグが多く使われている。

メタルジグ

主に金属を加工して作った模擬餌。金属の塊と思って良い。

軽い物から重い物まで様々で飛距離も遠くまで飛ばすことができる。

シンキングペンシル

巻くときは浮き、止めると沈むハードルアー。動きは基本的にユラユラする動き。

しかし、ただ巻き(リトリーブ)すると浮いてしまうので、海底にいるアジは攻めにくい。

ミノー

ミノーには3つのタイプがある。

釣り場と目的に合ったミノーを選択することが大切だ。

  • シンキングタイプは動きを止めると沈む。
  • サスペンドタイプは動きを止めると水中で止まる。
  • フローティングタイプは動きを止めると海面へ浮いてくる。

トップウォーター

非常に浮力が高い模擬餌。

水面や表層の魚を狙う場合に使用されることが多いルアー。

ソフトルアー

一般的にワームと呼ばれる事が多く、アジングはワームを使うことが圧倒的に多い。

アジングは、ワームから始まりワームで終わる釣りとも言われている。

今人気のアジングで釣れると有名なワームを厳選してみた。良ければ参考にして欲しい。

アジングで釣れるワームを厳選してみた<まとめ>
アジングはアジをターゲットとしたルアーフィッシングである。 防波堤、岩場などの、様々な環境にアジは存在している為、初心者でも容易にルアー...

ピンテール

真っ直ぐな尾っぽを持つワーム。真っ直ぐなので振動が少ない。

カーリーテール

尾っぽが月形になっているタイプ。動かすと尾っぽがクルクル回転する。アピール度が抜群。

シャッドテール

胴体が太めで尾っぽが短め。尾っぽには色々な種類があるためさらに分岐する。

ジグヘッド

ジグヘッドとはフックの根本にオモリが付いた物である。

オモリの重さを調整する事で飛距離を調整する事ができる。

メーカーによっては「風の抵抗を抑えたジグヘッド」や「針が細くアジング仕様にしたジグヘッド」など様々な種類がある。

アクション

アジは「リフト&フォール」に良く反応する魚と言われている。

リトリーブ

リールを巻いてくるだけの釣り方である。

初心者の方から上級者の方もお世話になるアクションだ。

リフト&フォール

ルアーを持ち上げて落とすまでの動作を「リフト&フォール」と言う。

アジは特にフォール(ルアーを落とす)動作に反応しやすい。

基本的には竿(ロッド)を持ち上げ、ロッドを水平に戻す際にゆっくり巻き取る。

カーブフォール

アジがいるレンジ(層)を探る釣り方。

海面にルアーがついたら常に糸を張っている状態にする。

すると、自然にルアーが重力に従って手前へと進む。

これらの一連の動きをカーブフォールという。

トゥイッチング

竿(ロッド)を身体の斜め下に構えて、竿(ロッド)を素早くチョンチョンより大きくアクションさせることで、ルアーに不規則な動きを与える方法。

竿(ロッド)よりも竿先を意識する事が大切だ。

アジングの合わせ方

アジの当たりはとても繊細なのだ。繊細だからこそ感度が重視される。

アジの当たりは「ズズン」という当たりではなく「コツッ」という小さな当たりが多く、アジング初心者にはわかりづらい。

結果、小さな当たりでも「外れてもいいから合わせをいれる」という事を意識する。

竿をブンブン振り回さず、竿を立てて合わせを入れる事を意識しよう。

強く合わせをいれるとアジの口が切れてしまい、結果バラしてしまうことも。

上顎に掛かれば理想と言われているが、バレやすい横頬に掛かった時のやりとりも非常にドキドキして楽しいと感じる。

まとめ

初めてアジングに挑戦する方が気をつける点を以下に簡単にまとめてみた。

  • 竿(ロッド)の長さは7F(フィート)~8F(フィート)
  • リールは2000番~2500番
  • 「リーダー」を結ぶのが面倒くさい人は「フロロカーボン」、結んで良いという方は「ポリエステルライン」か「PEライン」
  • 積極的に合わせをしたい方は「チューブラーディップ」
  • 合わせをしたくない、自然に掛かる感じを味わいたいという人は「ソリッドディップ」

という選び方で試してみるのも良い。

興味がある方はアジングを是非、試してみて欲しい。

アジングを始めてみたいけど「最初から高いロッド・リール・グッズを揃えるのに抵抗がある方」にはアジングのセット品をオススメしている。

今回、紹介する商品は「SALZAのロッド」「DAIWAのリール・ライン」「TICTのワームセット」「JACLALLのワーム」「SALZAのワーム」「タックルケース」「ジグヘッド」「リーダー」の計8つの商品がセットになっているアジングセットだ。

信頼できるメーカーの数々・値段が安価・アジング初心者設計となっているので是非、チェックしてみて欲しい。

根魚を釣る!初心者でも安心のロックフィッシュ入門セット根魚・アジングに最適!アジ・ロック…