メバリングの釣れるワームをまとめてみた

IMG_0109-0

メバリングとは、メバルをターゲットとした釣法(ルアーフィッシング)だ。

メバリングでは、餌(エサ)の代わりにソフトルアー(ワーム)といった擬似餌が使用されている。

今回は、数あるワームの中でも、メバリングをする上で有名なワームについて注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
メバリングの釣れるワームをまとめてみた
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

Berkley Gulp! ベビーサーディン

メバリング、アジング、ガシリングなどのワームを用いることが多い釣法で高いの実績を誇っているワームが”ベビーサーディン”である。

このワームでバイトが無ければ獲物はそこには居ないと言われるほどに信頼性のあるワームなのだ。

怪しい臭いがメバルを引き寄せるのか、メバルが入れば良い釣果を出してくれることは間違いない。

数々のカラーリングがある中でベビーサーディンのピンク色はアングラーから高い人気を得ている。

メバリング・アジング・ガシリングなどのルアーゲームに用いられるが、サビキ針に千切って付けても釣果を発揮することができる。

エコギア(ECOGER)ストローテールグラブ

メバリングのアングラーから高い評価と知名度を得ているワームが”ストローテールクラブ”だ。

普通のピンテール型のワームとは違って独特な形をしている。

この形状から発せられる波動がメバルを誘うのか、メバルには効果抜群で有名なワームなのだ。

ピュアクリア・ライトスモークゴールド・グロウオレンジが有名で売り切れが多く見られる。

オフト(OFT)スーパーグロースクリューテールグラブ

魚に好まれる集魚剤が入っているワームである。

暗闇でも光るためにメバルにワームが発見されやすい。

さらには、容量が沢山入っていてコストパフォーマンスも高い。

スクリューテール型だから釣れるのか、微妙な尻尾の動きでメバルを誘うことができる。

メバルは海中の波動(振動)を嫌う傾向にあるため、釣りやすいワームであることは間違いない。

ハヤブサ(Hayabusa)じゃこまろ

メバル専門に開発されたワームといえば”じゃこまろ”だ。

コストパフォーマンスが高い・容量が多い・釣れやすいことで有名なワームである。

こちらの製品も振動(波動)を抑えるための微波動モデルとなっている。

メバリングをしていると「フグ」「ベラ」などの外道がワームを噛んで千切られることも少なくない。

しかし、このワームは伸縮性を備えた素材を使用しているために千切られにくい。

初心者に向いているメバリングワームであることは間違いない。

Berkley Gulp!ミノータイプ

Gulp!(ガルプ)からミノータイプの匂い付きワームが製品化されている。

ベビーサーディンと性能が似ているが、振動(波動)はミノータイプの方が強めである。

食いが悪いときにはベビーサーディンより、ミノータイプを使用したほうが釣果が出るかも知れない。

ベビーサーディンとミノータイプの両方を持って行き、環境と合致した方を使い分けてみて欲しい。

まとめ

いかがだろうか?

  • 何かしらの釣果を出して帰りたい

このように思われる方はGulp!の匂い付きワーム(ベビーサーディン or ミノータイプ)を推奨する。

この2つのワームは、メバルの他にも「アジ」「カサゴ」「ハゼ」などの様々な獲物を釣ることができる。

ただ、Gulp!(ガルプ)系統は、汁漏れが発生する場合があるために別の容器に移して保存してほしい。

バーサスの密封容器は密封性が良いため、Gulp!(ガルプ)製品を入れたとしても漏れることは無い。

さらには、

  • フタが開けやすい
  • 丸型なのでワームが取りやすい
  • 密封性能が凄いので汁漏れしない

バーサスの密封容器は匂い付きワームを使っている方々が多く利用している人気製品でもあるのだ。